2020年10月20日 (火)

初秋の磐越西線 その22

今度はショッピングセンターの中ですか・・・腹の空かした熊にとってはもう山も市街地も一緒なのかも知れませんね。 車との衝突も何件も発生しているようだし、やはり今年の秋は少々異常?(@_@;) と言う訳で熊鈴、ラジオは町中に現れている熊には無力だと思いますが、唯一熊避けスプレーは何とか役に立ちそうです。 
↓画像は馬下~猿和田間の新津行きです。
Banetsusaisen-1020_20201020225201
◆ 撮影日 2020年10月4日
◆ 撮影地 磐越西線馬下駅~猿和田駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

初秋の磐越西線 その21

混雑の法則・・・先ず土曜日<日曜日。 天気にも左右され、比較するとすれば当然「雨」<「曇り」<「晴れ」。 結果、晴れの日曜日は混雑するようです。 何を今更と言われそうですが、先週末の土、日を比べるとその差は歴然でした。^^; 日曜日の撮影者は土曜日の数倍はいたでしょうか、ちょっとだけのんびり撮影したい方は天気が余り良くない土曜日が狙い目のようです。(^^♪
↓画像は五十島~三川間の往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-1019
◆ 撮影日 2020年10月17日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

初秋の磐越西線 その20

10月も中旬を過ぎようとしているのに「初秋」はないだろうって突っ込みは甘んじてお受けすることにします。^^; とりあえず紅葉が始まるまでは「初秋」で通そうと思っているのですが・・・実際タイトルを「秋」にしておけば良かったかなと、今ちょっとだけ後悔しています。(笑)
↓画像は山都~喜多方間の会津若松行きです。 「柿を撮影する時は周囲に注意!」 今年はこんな看板が立ちそうですよね。 お~怖。(>_<)
Banetususaisen-1017
◆ 撮影日 2020年10月17日
◆ 撮影地 磐越西線山都駅~喜多方駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

初秋の磐越西線 その19

山々に木霊する力強い走行音とドラフト音。 姿は見えませんが、この音を聞くだけでワクワクしますよね。 ところが・・・ところが・・・ワクワク感が現れた瞬間虚脱感に変りました。(笑) ↓画像は山都~喜多方間の往路のばんえつものがたり号です。 この川吉と呼ばれる区間は結構爆煙率が高いので有名なのですが、何故かこの日は薄煙。 まぁ、こんなこともあるのは分かっているのですが、音が豪快だっただけに煙も豪快に出して欲しかったような気がします。 遠くからこの一箇所狙いで来られた方の通過後の大きな溜息と愚痴が山々に木霊していました。(^_^;)
Banetsusaisen-1016
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

初秋の磐越西線 その18

今度は秋田で熊に襲われた方が亡くなったそうです。 森の熊さんとは程遠い最近の熊のイメージ・・・リラックマさんが泣いています。(T_T)/~~~ ↓画像は日出谷~鹿瀬間の新津行きです。 今年はこんな長閑なところも油断は出来ないと言うことですよね。 皆さん、周囲には十分注意しましょう。
Banetusaisen-1015
◆ 撮影日 2020年10月11日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

初秋の磐越西線 その17

鹿瀬に3週間以上通ったいたら、地元の方と顔なじみになってしまいました。 ここを訪れる撮影者の殆どは20分前~通過直前に来て、アッと言う間に風のように去ってしまいます。 少々変わり者の私は2~3時間前に来てキハを撮りながらSLを待つと言うのが最近のパターンなのですが、地元の方からは「又会ったね」等々、少々呆れた顔をされながら声をかけらています。(^_^;) まぁ、正直変わり者ですから・・・又お邪魔するかも知れませんので宜しくお願い致します。(笑)
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-1013
◆ 撮影日 2020年10月4日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

初秋の磐越西線 その16

最近、鹿瀬通いが2~3週間続いています。^^; 狙いはコスモスなのですが、鹿瀬のコスモスもそろそろピーク越えそうです。 紅葉まで後1月、本当に待ち遠しいですよね。 ↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。 惜しいかな、横風で爆煙が流されてしまいました。(T_T)/~~~
Banetsusaisen-1011
◆ 撮影日 2020年10月11日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

初秋の磐越西線 その15

昨日は所用で山形方面へ出掛けていました。 そのついでに・・・って、最近ついでが多いですよね。^^; 予報は晴れ、でも実際は曇り、まぁ、何時ものことですから余り気にもしないですが、曇っているのに「今日は晴れ、夕方まで晴れ」と言い続けるラジオには少々腹が立ちました。(笑) 今の日本で要らないものの第一位は当らない予報を出し続ける「気象予報士」だと思います。 そこで提案、予報の出し方を変えてはどうでしょうか。 例えば「気象庁、〇〇〇の予報は〇〇ですが、気象予報士〇〇さんの予報は〇〇です。 信じるか信じないかは貴方次第」とか・・・。(^_^;)
↓画像は喜多方~山都間の野沢行きです。
Banetsusaisen-1010
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 磐越西線喜多方駅~山都駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

初秋の磐越西線 その14

今週末も台風の影響で天気が余り天気が良くありません。 台風の速度が早ければもしかすると日曜日は回復するかも知れませんが今のところ望みは薄いかも知れません。(@_@;) 青空とコスモス、何故か今年はハードルが高いようです。
↓画像は荻野~尾登間の野沢行きです。
Banetsusaisen-108
◆ 撮影日 2020年9月26日
◆ 撮影地 尾登駅周辺→省略

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

初秋の磐越西線 その13

今用意しているのは熊鈴3個、携帯型ラジオ2台、熊避?スプレー1個、とまぁこんな感じなのですが、市街地を我が物顔で歩き回るような熊に、果たしてこれらが通用するかと言ったらちょっと疑問かも。 多分、熊も必死なのでしょうね。 新聞には早朝、夕方以降が危険であり、単独行動は出来るだけ避けた方が良いとの記事が載っていましたが、私の場合は何時も単独行動です。^^; さて、山に入る場合には人の後でも付いて行きましょうか。(笑)
↓画像は日出谷~鹿瀬間の新津行きです。
Banetsusaisen-107_20201007201601
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

いすみ鉄道 2015年秋 その他の路線 その他の路線(信越・羽越・etc) 中国地方各線 2012年冬 中国地方各線 2012年春 中国地方各線 2012年秋 中国地方各線 2013年冬 中国地方各線 2013年夏 中国地方各線 2013年春 中国地方各線 2013年秋 中国地方各線 2014年冬 中国地方各線 2014年夏 中国地方各線 2014年春 中国地方各線 2014年秋 中国地方各線 2015年冬 中国地方各線 2015年夏 中国地方各線 2015年春 中国地方各線 2015年秋 中国地方各線 2016年冬 中国地方各線 2016年秋 中国地方各線 2017年夏 中国地方各線 2017年春 中国地方各線 2017年秋 中国地方各線 2018年冬 中国地方各線 2018年春 中国地方各線 2018年秋 仙山線 2010年秋 仙山線 2011年冬 会津鉄道 2010年冬 会津鉄道 2011年冬 会津鉄道 2011年秋 会津鉄道 2015年秋 会津鉄道 2016年秋 会津鉄道 2019年秋 会津鉄道 2020年冬 会津鉄道 2020年夏 会津鉄道 2020年春 会津鉄道 2020年秋 北上線 2009年秋 北上線 2010年秋 北部九州各線 2011年冬 北部九州各線 2011年夏 北部九州各線 2011年春 北部九州各線 2011年秋 北部九州各線 2012年冬 北部九州各線 2012年春 北部九州各線 2012年秋 北部九州各線 2013年夏 北部九州各線 2013年春 北部九州各線 2014年冬 北部九州各線 2014年夏 北部九州各線 2014年春 北部九州各線 2015年冬 北部九州各線 2015年夏 北部九州各線 2015年春 北部九州各線 2015年秋 北部九州各線 2016年冬 北部九州各線 2016年夏 北部九州各線 2016年春 北部九州各線 2016年秋 北部九州各線 2017年冬 北部九州各線 2017年夏 北部九州各線 2017年春 北部九州各線 2017年秋 北部九州各線 2018年冬 北部九州各線 2018年夏 北部九州各線 2018年春 北部九州各線 2018年秋 北部九州各線 2019年冬 北部九州各線 2019年春 南部九州各線 2011年夏 南部九州各線 2011年秋 只見線 2008年冬 只見線 2008年夏 只見線 2008年春 只見線 2008年秋 只見線 2009年冬 只見線 2009年夏 只見線 2009年春 只見線 2009年秋 只見線 2010年冬 只見線 2010年夏 只見線 2010年春 只見線 2010年秋 只見線 2011年冬 只見線 2011年春 只見線 2011年秋 只見線 2015年秋 只見線 2016年秋 只見線 2019年夏 只見線 2019年春 只見線 2019年秋 只見線 2020年冬 只見線 2020年夏 只見線 2020年春 只見線 2020年秋 四国地方各線 2012年夏 四国地方各線 2012年秋 四国地方各線 2013年夏 四国地方各線 2013年秋 四国地方各線 2014年冬 四国地方各線 2019年春 大糸線 2008年冬 大糸線 2008年夏 大糸線 2008年秋 大糸線 2009年夏 大糸線 2009年春 大糸線 2009年秋 大糸線 2010年冬 大糸線 2010年夏 大糸線 2010年春 大糸線 2020年冬 大糸線 2020年夏 山口線 2011年冬 山口線 2011年夏 山口線 2011年春 山口線 2011年秋 山口線 2012年冬 山口線 2012年夏 山口線 2012年春 山口線 2012年秋 山口線 2013年冬 山口線 2013年夏 山口線 2013年春 山口線 2013年秋 山口線 2014年冬 山口線 2014年夏 山口線 2014年春 山口線 2014年秋 山口線 2015年冬 山口線 2015年夏 山口線 2015年春 山口線 2015年秋 山口線 2016年冬 山口線 2016年夏 山口線 2016年春 山口線 2016年秋 山口線 2017年冬 山口線 2017年夏 山口線 2017年春 山口線 2017年秋 山口線 2018年冬 山口線 2018年夏 山口線 2018年春 山口線 2018年秋 山口線 2019年冬 山口線 2019年春 山陰本線 2011年夏 山陰本線 2012年冬 山陰本線 2012年夏 山陰本線 2013年春 山陰本線 2014年春 山陰本線 2015年冬 山陰本線 2015年夏 山陰本線 2015年秋 山陰本線 2016年冬 山陰本線 2016年夏 山陰本線 2016年春 山陰本線 2016年秋 山陰本線 2017年夏 山陰本線 2017年秋 山陰本線 2018年冬 山陰本線 2018年夏 山陰本線 2018年春 山陰本線 2018年秋 山陰本線 2019年冬 岡見貨物 2012年秋 平成筑豊鉄道 2012年冬 平成筑豊鉄道 2012年春 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 磐越西線 2008年冬 磐越西線 2008年夏 磐越西線 2008年春 磐越西線 2008年秋 磐越西線 2009年冬 磐越西線 2009年夏 磐越西線 2009年春 磐越西線 2009年秋 磐越西線 2010年冬 磐越西線 2010年夏 磐越西線 2010年春 磐越西線 2010年秋 磐越西線 2011年冬 磐越西線 2011年秋 磐越西線 2019年冬 磐越西線 2019年夏 磐越西線 2019年春 磐越西線 2019年秋 磐越西線 2020年冬 磐越西線 2020年夏 磐越西線 2020年春 磐越西線 2020年秋 米坂線 2008年冬 米坂線 2008年夏 米坂線 2008年春 米坂線 2008年秋 米坂線 2009年冬 米坂線 2009年夏  米坂線 2009年春 米坂線 2009年秋 米坂線 2010年冬 米坂線 2010年夏 米坂線 2010年春 米坂線 2010年秋 米坂線 2011年冬 米坂線 2011年春 米坂線 2019年春 米坂線 2019年秋 米坂線 (在りし日) 羽越本線 2019年冬 羽越本線 2019年夏 羽越本線 2019年春 羽越本線 2019年秋 羽越本線 2020年冬 羽越本線 2020年夏 羽越本線 2020年春 羽越本線 2020年秋 趣味・グルメ・日記 趣味・日記 高山本線 2010年秋