2019年12月 3日 (火)

紅葉の只見線 その16

この車両と紅葉との風景も今年限り。(-_-;) 今のところ次に導入される只見線の車両も現在のデザインを踏襲するようですが、実際只見線沿線との風景にマッチングするかどうかは微妙な感じです。 もう車両のことはきっぱり諦め風景狙いに徹するか・・・ただ諦めきれるかなぁ~。
↓画像は会津水沼~会津中川間の会津若松行きです。 この距離だったらキハ40じゃなくても分からない? いや、やはり分かりますよね。^^;
Tadamisen-123
◆ 撮影日 2019年11月8日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

紅葉の只見線 その15

国道49号線のライブカメラを見ると、会津地方の雪はそれ程でもないような・・・もしかするとこれから降るのかも知れませんが、何処に行くか、それともきっぱりと行くのを諦めるか未だ迷っています。 イメージばかり膨らんで、実際行った時のギャップが大き過ぎるとやはり凹みますもんね。(^_^;)
↓画像は会津西方~会津桧原間の会津川口行きです。
Tadamisen-1129
◆ 撮影日 2019年11月8日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (2)

2019年11月28日 (木)

紅葉の只見線 その14

平地での夕方の気温は3~4度、今夜から明日に掛けては山沿いは雪の予報になっています。 さて、今週末の天気はどうなのでしょうね。^^; 又、予報が変わりつつありますので、期待半分、不安半分。 紅葉が残っていれば雪山とのコラボを狙いたいのですが・・・あ、又悪い虫が騒ぎ出して来ました。(笑)
↓画像は早戸~会津宮下間の会津若松行きです。 雄大な風景を見るため、次回は新緑が美しい5月頃に登ってみようと思っています。(^^♪
Tadamisen-1128
◆ 撮影日 2019年11月10日
◆ 撮影地 「三坂山」→省略

| | コメント (2)

2019年11月21日 (木)

紅葉の只見線 その13

毎日コロコロ変る天気予報。 私のプランもコロコロ変っています。^^; しかし、気象予報士って本当に厚顔ですよね。 昨日とは全く違う予報を出しながら一言お詫びのコメントもなく、偉そうに説明をしている予報士を見ていると腹が立って腹が立って・・。(笑) どうも歳をとるにつれて次第に堪忍袋のキャパが小さくなってきたようです。
↓画像は早戸~会津宮下間の会津若松行きです。 そうそう、ここでは数名の方が待機していたのですが、車内で朝食のパンをほおばっていると、親切な方に焼餅を頂きました。 日本人にはやはりパンよりも餅だと言いたかったのかも知れませんね。 お餅、ありがとうございました。m(__)m
Tadamisen-1121
◆ 撮影日 2019年11月10日
◆ 撮影地 只見線早戸駅~会津宮下駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

紅葉の只見線 その12

今日は出張で金沢の方へ日帰りで行って来ました。 行きは殆どが雨か曇りだったのですが、帰りの北陸道で冠雪した立山連峰を目撃! それも立山だけに陽が当っており、本当に幻想的な風景でした。 もし休みで時間的に自由であったら間違いなく途中下車したと思うのですが、仕事中だとそうは行きませんもんね。 逃がした魚は相当大きかったようです。(@_@;)
↓画像は会津西方~会津宮下間の会津川口行きです。 「三坂山」山頂から見た第二橋梁はこんな感じです。 光線の具合が悪かったのか、紅葉の発色具合は今一つ。 と言うよりももしかすると光線に関係なくこんなものかも知れません。 
Tadamisen-1120
◆ 撮影日 2019年11月10日
◆ 撮影地 「三坂山」山頂→省略

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

紅葉の只見線 その11

こうやって見ると鉄道写真(画像)と言うよりも風景がメインで列車は二の次のような扱いですよね。 ↓画像は会津西方~会津宮下間の会津川口行きです。 第二橋梁上の列車が分かるでしょうか。^^; これだけ豆粒画像だといっそうのこと風景のみにしたら?とか何とか言われそうですね。(笑) 
Tadamisen-1114
◆ 撮影日 2019年11月8日
◆ 撮影地 只見線会津西方駅~会津宮下駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

紅葉の只見線 その10

今回の寒波で標高の高い山は果たして冠雪するのか?、いや、冠雪したとしてもその山を見ることが出来るのか?・・・それが問題だ。(笑) 予想どおり明日は大荒れの天気になりそうです。 今回の嵐が来なければ、もしかすると未だ紅葉が残っている可能性もあったのですが、明日の嵐で多分綺麗な紅葉は全て吹き飛んでしまうでしょうね。^^; 
↓画像は早戸~宮下間の会津若松行きです。 この日は日曜日と言うこともあって、朝7時前には三島の道の駅はほぼ満車状態。 車の量を見てきっぱりと一橋は諦め、紅葉メインで三橋でトライして見ました。 この紅葉見る限りでは一橋よりも三橋の方が何となく綺麗な感じがしますがいかがでしょうか。(^^♪
Tadamisen-1113
◆ 撮影日 2019年11月10日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

紅葉の只見線 その9

前から紅葉の時期に登って見たいと思っていた「三坂山」にトライして見ました。(^^ゞ ただ、どうもルートの選択を誤ったようです。 「三坂山」に登るには美坂高原側からのルートと、滝原からのルートの二つ?があるのですが、目的だった第三橋梁を見下ろすポイントは滝原から登った方が距離的にも時間的にも相当短縮できるようです。 そう誤ったと言うのは私は美坂高原側から登ってしまったのです。 山旅ロガーで見ると片道の距離は4.2キロ、時間は約2時間かかっていました。^^; まぁ、私の日頃の運動不足もあるのですが、滝原からであれば、多分距離は半分程度、ただ、登山道の傾斜は結構キツイかも知れません。 
↓画像は早戸~会津宮下間の会津若松行きです。 そうそう、美坂高原側の登山口付近に熊用の罠があったのですが、ナント、中には本当に熊が・・・びっくり仰天とはこのようなことを言うのでしょうね。(@_@;) 熊鈴2個、ラジオと熊避けスプレー携帯でも登山中は結構ドキドキものでした。
Tadamisen-1110
◆ 撮影日 2019年11月10日
◆ 撮影地 「三坂山」→省略

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

紅葉の只見線 その8

今回は気合を入れて一泊二日で只見線、会津鉄道を回って来ました。(^^ゞ 只見線も会津鉄道も今が紅葉のピークのようです。 標高の高い山は既に落葉していましたので、持って後1週間、晩秋の風景であれば後1~2週間程度は何とか楽しめそうです。
↓画像は昨日の只見線第一橋梁の紅葉です。 ご覧のように橋梁周辺の紅葉はお世辞にも綺麗とは言えませんでしたので、鉄塔付近の綺麗な紅葉を絡めて見たのですが・・・どんなものでしょうか。^^; 
Tadamisen-119
◆ 撮影日 2019年11月8日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

紅葉の只見線 その7

雪のシーズンを迎えこんなのが試運転を行っていました。 後1月もすると多分この除雪車が大活躍するのでしょうね。 しかし、冬の田子倉付近の風景を撮ったみたいなぁ~。 旧田子倉駅が閉鎖されてしまった今では、これは夢の又夢になってしまいましたが、今後只見線を訪れる観光客が更に多くなれば、もしかすると田子倉駅が復活するかも、とか甘い考えを抱いています。(笑) 
↓画像は只見~大白川間の試運転中の除雪車?です。
Tadamisen-117
◆ 撮影日 2019年11月2日
◆ 撮影地 只見線只見駅~大白川駅間→こちら

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

いすみ鉄道 2015年秋 その他の路線 その他の路線(信越・羽越・etc) 中国地方各線 2012年冬 中国地方各線 2012年春 中国地方各線 2012年秋 中国地方各線 2013年冬 中国地方各線 2013年夏 中国地方各線 2013年春 中国地方各線 2013年秋 中国地方各線 2014年冬 中国地方各線 2014年夏 中国地方各線 2014年春 中国地方各線 2014年秋 中国地方各線 2015年冬 中国地方各線 2015年夏 中国地方各線 2015年春 中国地方各線 2015年秋 中国地方各線 2016年冬 中国地方各線 2016年秋 中国地方各線 2017年夏 中国地方各線 2017年春 中国地方各線 2017年秋 中国地方各線 2018年冬 中国地方各線 2018年春 中国地方各線 2018年秋 仙山線 2010年秋 仙山線 2011年冬 会津鉄道 2010年冬 会津鉄道 2011年冬 会津鉄道 2011年秋 会津鉄道 2015年秋 会津鉄道 2016年秋 会津鉄道 2019年秋 北上線 2009年秋 北上線 2010年秋 北部九州各線 2011年冬 北部九州各線 2011年夏 北部九州各線 2011年春 北部九州各線 2011年秋 北部九州各線 2012年冬 北部九州各線 2012年春 北部九州各線 2012年秋 北部九州各線 2013年夏 北部九州各線 2013年春 北部九州各線 2014年冬 北部九州各線 2014年夏 北部九州各線 2014年春 北部九州各線 2015年冬 北部九州各線 2015年夏 北部九州各線 2015年春 北部九州各線 2015年秋 北部九州各線 2016年冬 北部九州各線 2016年夏 北部九州各線 2016年春 北部九州各線 2016年秋 北部九州各線 2017年冬 北部九州各線 2017年夏 北部九州各線 2017年春 北部九州各線 2017年秋 北部九州各線 2018年冬 北部九州各線 2018年夏 北部九州各線 2018年春 北部九州各線 2018年秋 北部九州各線 2019年冬 北部九州各線 2019年春 南部九州各線 2011年夏 南部九州各線 2011年秋 只見線 2008年冬 只見線 2008年夏 只見線 2008年春 只見線 2008年秋 只見線 2009年冬 只見線 2009年夏 只見線 2009年春 只見線 2009年秋 只見線 2010年冬 只見線 2010年夏 只見線 2010年春 只見線 2010年秋 只見線 2011年冬 只見線 2011年春 只見線 2011年秋 只見線 2015年秋 只見線 2016年秋 只見線 2019年夏 只見線 2019年春 只見線 2019年秋 四国地方各線 2012年夏 四国地方各線 2012年秋 四国地方各線 2013年夏 四国地方各線 2013年秋 四国地方各線 2014年冬 四国地方各線 2019年春 大糸線 2008年冬 大糸線 2008年夏 大糸線 2008年秋 大糸線 2009年夏 大糸線 2009年春 大糸線 2009年秋 大糸線 2010年冬 大糸線 2010年夏 大糸線 2010年春 山口線 2011年冬 山口線 2011年夏 山口線 2011年春 山口線 2011年秋 山口線 2012年冬 山口線 2012年夏 山口線 2012年春 山口線 2012年秋 山口線 2013年冬 山口線 2013年夏 山口線 2013年春 山口線 2013年秋 山口線 2014年冬 山口線 2014年夏 山口線 2014年春 山口線 2014年秋 山口線 2015年冬 山口線 2015年夏 山口線 2015年春 山口線 2015年秋 山口線 2016年冬 山口線 2016年夏 山口線 2016年春 山口線 2016年秋 山口線 2017年冬 山口線 2017年夏 山口線 2017年春 山口線 2017年秋 山口線 2018年冬 山口線 2018年夏 山口線 2018年春 山口線 2018年秋 山口線 2019年冬 山口線 2019年春 山陰本線 2011年夏 山陰本線 2012年冬 山陰本線 2012年夏 山陰本線 2013年春 山陰本線 2014年春 山陰本線 2015年冬 山陰本線 2015年夏 山陰本線 2015年秋 山陰本線 2016年冬 山陰本線 2016年夏 山陰本線 2016年春 山陰本線 2016年秋 山陰本線 2017年夏 山陰本線 2017年秋 山陰本線 2018年冬 山陰本線 2018年夏 山陰本線 2018年春 山陰本線 2018年秋 山陰本線 2019年冬 岡見貨物 2012年秋 平成筑豊鉄道 2012年冬 平成筑豊鉄道 2012年春 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 磐越西線 2008年冬 磐越西線 2008年夏 磐越西線 2008年春 磐越西線 2008年秋 磐越西線 2009年冬 磐越西線 2009年夏 磐越西線 2009年春 磐越西線 2009年秋 磐越西線 2010年冬 磐越西線 2010年夏 磐越西線 2010年春 磐越西線 2010年秋 磐越西線 2011年冬 磐越西線 2011年秋 磐越西線 2019年冬 磐越西線 2019年夏 磐越西線 2019年春 磐越西線 2019年秋 米坂線 2008年冬 米坂線 2008年夏 米坂線 2008年春 米坂線 2008年秋 米坂線 2009年冬 米坂線 2009年夏  米坂線 2009年春 米坂線 2009年秋 米坂線 2010年冬 米坂線 2010年夏 米坂線 2010年春 米坂線 2010年秋 米坂線 2011年冬 米坂線 2011年春 米坂線 2019年春 米坂線 2019年秋 米坂線 (在りし日) 羽越本線 2019年冬 羽越本線 2019年秋 趣味・グルメ・日記 趣味・日記 高山本線 2010年秋