2013年9月19日 (木)

中秋の名月 

テレビで流されていた満月を持っている望遠レンズで撮って見ました。(*^^)v 流石に空気が澄んでいると月も綺麗ですね。 ワオ、ワオ、ワオ~。。dog ←狼のつもり(笑)
Meigetu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

長い間、お疲れ様でした。m(__)m

って、引退する古い車輌のことではありません。 購入から約7年ちょっと頑張ってくれた愛車の廃車手続きが今日完了しました。 九州から東日本、東日本から又九州、そして中国地方でついに力尽きたようです。 本音を言えば、後2~3年は持って欲しかったのですが・・・でも、ブレーキが壊れ、次にマフラーが折れ、ついにはエアコンが再起不能となってしまっては、もう修理する気力も失せますよね。(T_T) 15万キロ、吹雪の日も嵐の日も、ホント、よく走ってくれました。 せめてもの記念にハンドルを貰えないか話して見たのですが、今のハンドルって中にエアーバックが内臓されていて、簡単には外せないとか・・・^^; と、言うことでハンドルは諦めました。(笑)
↓画像は未だ元気だったころの半年前の愛車です。(*^^)v
Omoide1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

月弓

近くのお店で会津の純米酒「月弓」を発見!(≧∇≦) 肝臓が元気だった頃はよく飲んだなぁ~って、今は日本酒はドクターストップが掛かっています。(笑) まぁ、ちょびちょびやればいいですよね。^^; 「月弓」の宣伝をする訳ではありませんが、手頃な値段で米の旨みや香りもあり、比較的後味がすっきりしているお酒です。 姉妹酒には「月弓かほり」と言うお酒もありますので、日本酒好きな方は騙されたと思って試して見てはいかがでしょうか。(*^^)v
Gekkyuu1
↓「起き上がろうふくしま!」(  ̄^ ̄)ゞガンバ
Gekkyuu2
あ、今月は健康診断だった。(笑) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

九州鉄道記念館

今日は門司港駅にある「九州鉄道記念館」へ寄って来ました。(^^ゞ 規模は例の大宮にある施設とは比較にならないぐらい小さな施設なのですが、静態保存されている車輌がちょっと気になって先ずは車輌の偵察と言うことで・・・^^;
↓そうです、気になる車輌とはこの583系(かな?)です。 この冬まで磐越西線、仙山線とよく追っ掛けたなぁ~。(笑)
Kinenkan1
↓二つ★が何となく誇らしげですよね。(*^^)v
Kinenkan2
↓583系の他にはこんな車輌も。 これは485系ボンネット型とでも言うのでしょうか。
Kinenkan3
↓こちらは「JNR」のマークが誇らしげでした。(笑)
Kinenkan4
↓この他にはSLや電気機関車、それに見たこともないキハ等も展示されています。 ただ、583系以外は余り興味がなかったため、型式等は確認していません。^^;
Kinenkan5
↓施設内には規模は小さいですが、資料館も併設されています。 
Kinenkan6
内部には九州内鉄道関係の資料、運転シュミレーター、鉄道レイアウト等々が。
Kinenkan7_2
↓九州にお越しの際には是非寄られてはいかがでしょうか。 583系も待ってますよ。(*^^)v
Kinenkan9
↓ちなみに入館料は大人300円と大変お安くなっています。 
Kinenkan8
◆ 撮影日 2011年5月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

キャンセル相次ぐ観光地からの悲痛な叫び【福島・会津若松】

昨日のJCASTニュースに今回の風評被害により会津方面の観光施設等から悲鳴が上がっているとの記事が掲載されていました。
↓以下JCSATニュースから転用↓
会津からのお願い(会津若松観光物産協会)『3月11日以降、会津から観光客の姿が全くといっていいほど見られなくなってしまいました。   年間350万人の観光客をお迎えする会津若松市は、観光が主要産業といってもいいほどの重要な位置を示しています。しかし全国的に有名な「鶴ヶ城」、白虎隊で名の知れる「飯盛山」さらに、東山温泉・芦ノ牧温泉はキャンセルが続いています。そして、観光施設や土産物屋などからは、閑古鳥が鳴いて悲痛な叫び声が連日のように聞こえてきます。
今さら言うまでもなく、すべて原発による風評被害です。地震と津波だけであれば、次のステップに進むことができますが、この原発の影響は、簡単に乗り越えることができない大きな魔物なのです。   さらに、「こんなときに旅行などしてはいけない」という日本人独特の考え方が根強いことも、状況を悪化させる要因の一つのようです。
毎年、会津若松に修学旅行や遠足に来る小中学校は、約1千校で約8万人にお越しいただいており、各観わ光施設を巡り、お土産を買ったり、お食事をしたりと、この経済効果は大変大きく会津の観光全体に与える影響は計り知れません。
特に、宮城県からの修学旅行が多く、その大半がキャンセルとなり、大きな痛手になっております。そこに原発の影響ということで福島県内はもとより、千葉県、新潟県などの学校は、行き先変更や中止、延期がなされております。
現在、会津若松市民は、全く通常通りの生活をしており、この風評被害に立ち向かっております。観光施設や観光地は、原発の影響で閉鎖しているところは1箇所もありません。  最近では風評被害で困っている会津を心から応援したいと、栃木県那須町の中学生が、遠足で訪れることになりました。本当に涙が出るほどうれしく感謝の念が絶えません。
会津の観光地は、毎日が淋しい思いをしております。会津を応援していただけるなら、一人でも多くの方にお越しいただくこと、それが私たちにとっては最高の幸せです。お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。』

私の好きな奥会津や会津の観光施設、旅館等が本当に困っているようです。 今週末からはゴールデンウィークが始まりますが、東北を元気にするためにも一人でも多くの方が東北を訪れてくれますよう、心より心よりお願い申し上げます。o(_ _)oペコッ
↓画像は昨年の会津鶴ヶ城周辺の桜です。
Tsurugazyousakura
◆ 撮影日 2010年4月23日 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

携帯ストラップ「赤べぇ」

当分の間福島へは泊まりに行けませんので、ちょっとでも地元企業の助けになればと思い、ネットで赤べぇストラップを2個注文。(え、こんなんじゃ助けにならんって? まぁ、塵も積もればと言うことで・・・(;´▽`A``) でも、赤べぇがちょっと大き過ぎたようです。(笑) 
Akabei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

復興祈願花火「フェニックス」

今から7年前の新潟県中越大震災は、長岡市などの中越地方に甚大なる被害をもたらしましたが、このような震災に負けることなく頑張っている中越地方をはじめ多くの人々を勇気付けるために、又、一日も早い復興を祈願して打ち上げれる花火、それが「フェニックス」です。 今回の大震災で被災された地方が一日でも早く復興を成し遂げ、スーパーいや「ウルトラフェニックス」を打ち上げられんことを心よりお祈り申し上げます。o(_ _)o
Nagaokahanabi
◆ 撮影日 2010年8月3日
◆ 撮影地 長岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

お詫び・・・

毎年この時期恒例の送別会等でヘロヘロの毎日が続いています。 今日も更新は出来そうもありませんので、何卒ご理解の程、宜しくお願いします。 それにしてもまさか異動になるとは・・・詳しくは又次の機会にでもお知らせします。o(_ _)oペコッ←実際のところ少々ショックを受けているらしい。(/□≦、)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

お詫び・・・m(__)m

今頃気が付いたのですが、撮影地のリンクがほとんど切れているようです。(@_@。
原因は分かりませんが、極力リンクを貼りなおしたいと思います。 
ちょっとショックかも。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

花火大会

近所(と言っても車で20分程度かかりますが)の花火大会へ行って来ました。(^^ゞ
若いときは何事にも心が動いたような気がするのですが、歳を取るにつれて何を
見ても段々心が動くことが少なくなって来たようです。
ただ、それとは反対に、歳を取ると涙もろくなって来ました。(^_^;)
果たしてこの二つに因果関係はあるのでしょうか。(笑)
一見すると、「心が動かない」と「涙もろい」は正反対のような感じですが、この関係が
分かる方は是非とも教えて頂きたいと思います。

ところで、本当に政局が面白くなって来ましたね。
こんなことを言うと不謹慎かも知れませんが、社保庁絡みの第二、第三の爆弾が
又爆発しそうな感じです。 爆弾の破壊力次第では、もしかすると解散・・総選挙と
なる可能性も。
社保庁、与党の皆さんにとっては、この世から抹殺してしまいたいような気分で
しょうね。
画像は花火大会のものです。 某政権もこのぐらい散り際が良かったら『美しかった』
のになぁ・・(笑)
Hanabi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いすみ鉄道 2015年秋 | その他の路線 | その他の路線(信越・羽越・etc) | 中国地方各線 2012年冬 | 中国地方各線 2012年春 | 中国地方各線 2012年秋 | 中国地方各線 2013年冬 | 中国地方各線 2013年夏 | 中国地方各線 2013年春 | 中国地方各線 2013年秋 | 中国地方各線 2014年冬 | 中国地方各線 2014年夏 | 中国地方各線 2014年春 | 中国地方各線 2014年秋 | 中国地方各線 2015年冬 | 中国地方各線 2015年夏 | 中国地方各線 2015年春 | 中国地方各線 2015年秋 | 中国地方各線 2016年冬 | 中国地方各線 2016年秋 | 仙山線 2010年秋 | 仙山線 2011年冬 | 会津鉄道 2010年冬 | 会津鉄道 2011年冬 | 会津鉄道 2011年秋 | 会津鉄道 2015年秋 | 会津鉄道 2016年秋 | 北上線 2009年秋 | 北上線 2010年秋 | 北部九州各線 2011年冬 | 北部九州各線 2011年夏 | 北部九州各線 2011年春 | 北部九州各線 2011年秋 | 北部九州各線 2012年冬 | 北部九州各線 2012年春 | 北部九州各線 2012年秋 | 北部九州各線 2013年夏 | 北部九州各線 2013年春 | 北部九州各線 2014年冬 | 北部九州各線 2014年夏 | 北部九州各線 2014年春 | 北部九州各線 2015年冬 | 北部九州各線 2015年夏 | 北部九州各線 2015年春 | 北部九州各線 2015年秋 | 北部九州各線 2016年冬 | 北部九州各線 2016年夏 | 北部九州各線 2016年春 | 北部九州各線 2016年秋 | 南部九州各線 2011年夏 | 南部九州各線 2011年秋 | 只見線 2008年冬 | 只見線 2008年夏 | 只見線 2008年春 | 只見線 2008年秋 | 只見線 2009年冬 | 只見線 2009年夏 | 只見線 2009年春 | 只見線 2009年秋 | 只見線 2010年冬 | 只見線 2010年夏 | 只見線 2010年春 | 只見線 2010年秋 | 只見線 2011年冬 | 只見線 2011年春 | 只見線 2011年秋 | 只見線 2015年秋 | 只見線 2016年秋 | 四国地方各線 2012年夏 | 四国地方各線 2012年秋 | 四国地方各線 2013年夏 | 四国地方各線 2013年秋 | 四国地方各線 2014年冬 | 大糸線 2008年冬 | 大糸線 2008年夏 | 大糸線 2008年秋 | 大糸線 2009年夏 | 大糸線 2009年春 | 大糸線 2009年秋 | 大糸線 2010年冬 | 大糸線 2010年夏 | 大糸線 2010年春 | 山口線 2011年冬 | 山口線 2011年夏 | 山口線 2011年春 | 山口線 2011年秋 | 山口線 2012年冬 | 山口線 2012年夏 | 山口線 2012年春 | 山口線 2012年秋 | 山口線 2013年冬 | 山口線 2013年夏 | 山口線 2013年春 | 山口線 2013年秋 | 山口線 2014年冬 | 山口線 2014年夏 | 山口線 2014年春 | 山口線 2014年秋 | 山口線 2015年冬 | 山口線 2015年夏 | 山口線 2015年春 | 山口線 2015年秋 | 山口線 2016年冬 | 山口線 2016年夏 | 山口線 2016年春 | 山口線 2016年秋 | 山口線 2017年冬 | 山陰本線 2011年夏 | 山陰本線 2012年冬 | 山陰本線 2012年夏 | 山陰本線 2013年春 | 山陰本線 2014年春 | 山陰本線 2015年冬 | 山陰本線 2015年夏 | 山陰本線 2015年秋 | 山陰本線 2016年冬 | 山陰本線 2016年夏 | 山陰本線 2016年春 | 山陰本線 2016年秋 | 岡見貨物 2012年秋 | 平成筑豊鉄道 2012年冬 | 平成筑豊鉄道 2012年春 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 磐越西線 2008年冬 | 磐越西線 2008年夏 | 磐越西線 2008年春 | 磐越西線 2008年秋 | 磐越西線 2009年冬 | 磐越西線 2009年夏 | 磐越西線 2009年春 | 磐越西線 2009年秋 | 磐越西線 2010年冬 | 磐越西線 2010年夏 | 磐越西線 2010年春 | 磐越西線 2010年秋 | 磐越西線 2011年冬 | 磐越西線 2011年秋 | 米坂線 2008年冬 | 米坂線 2008年夏 | 米坂線 2008年春 | 米坂線 2008年秋 | 米坂線 2009年冬 | 米坂線 2009年夏  | 米坂線 2009年春 | 米坂線 2009年秋 | 米坂線 2010年冬 | 米坂線 2010年夏 | 米坂線 2010年春 | 米坂線 2010年秋 | 米坂線 2011年冬 | 米坂線 2011年春 | 米坂線 (在りし日) | 趣味・グルメ・日記 | 趣味・日記 | 高山本線 2010年秋