« 冬の磐越西線 その13 | トップページ | 冬の只見線 その16 »

2021年2月 1日 (月)

冬の磐越西線 その14

今の時期、撮影者の行く手を阻むもの・・・それは大量の積雪もそうですが、除雪された道の両側に残る雪の壁です。 山間部では、そうだなぁ~高さは60センチ以上はあるかなぁ~高いところではゆうに1mを越えるところもあるし、全体的に見れば定番ポイントの7~8割はこの雪の壁に阻まれ到達することが出来ません。 前はスノーシューを履いて、少々の雪の小山は越えていたのですが、今はそんな元気はありません。(^_^;) 老いとはこんなところに現れるのかも知れませんね。(笑)
↓画像は鹿瀬~津川間の新津行きです。 この列車も雪か倒木?の影響で2時間以上の遅れで通過、何があるか分からないのが冬の撮影の醍醐味かも?
Banetsusaisen-21
◆ 撮影日 2021年1月31日
◆ 撮影地 磐越西線津川駅周辺→省略

|

« 冬の磐越西線 その13 | トップページ | 冬の只見線 その16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の磐越西線 その13 | トップページ | 冬の只見線 その16 »