« 冬の越後線 その9 | トップページ | 冬の磐越西線 その19 »

2021年2月21日 (日)

冬の越後線 その10

最近の高目の気温のせいか雪解けもだいぶ進んでいるようです。 昨日の越後線でも午前中の早い時間帯では未だ雪原の風景が広がっていたのですが、午後になるといっきに雪が溶け出し、真っ白だった雪原も土が見えるようになっていました。
↓画像は分水~越後粟生津間の〇〇行きです。 もしかするとこの塗装の列車を撮るのは初めてかも知れません。 調べると「旧弥彦色」となっていましたが、分かり難いため、やはり「アリナミンV号」で通したいと思います。(^_^;)
Echigosen-221
◆ 撮影日 2021年2月20日
◆ 撮影地 越後線越後線粟生津駅~分水駅間→この付近

|

« 冬の越後線 その9 | トップページ | 冬の磐越西線 その19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の越後線 その9 | トップページ | 冬の磐越西線 その19 »