« 冬の磐越西線 その16 | トップページ | 冬の只見線 その18 »

2021年2月 8日 (月)

冬の越後線 その5

RMを見ていると、新潟地区で運用されている7編成の115系には、それぞれ〇次新潟色とか〇弥彦色等々の名前がついているようです。 素人にはちょっと分かり難いですよね。 そこで、私なり7種類のペイントに名前を付けてみました。(^_^;) 先ずキハ40と同色の列車は「青ひげ号」、黄色と緑の列車は感じがレモンに似ているため「レモン号」、派手なV字ペイントの列車は「アリナミンV号」、淡い緑色の列車は「若草号」、青色が主体の列車は波を連想させるから「荒波号」、濃いベージュとローズピンクの列車は「ベローズ号」、そして最後はそのまんま「湘南号」。 とまぁ、本当にいい加減なネーミングですが、いかがでしょうか。?(笑)
↓画像は分水~寺泊間の柏崎行きの「レモン号」です。
Echigosen-28
◆ 撮影日 2021年2月6日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| |

« 冬の磐越西線 その16 | トップページ | 冬の只見線 その18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の磐越西線 その16 | トップページ | 冬の只見線 その18 »