« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月29日 (木)

初秋の磐越西線 その28

そのまさかでした。^^; 今日のTVで紅葉越しに冠雪している飯豊山が・・・あの風景に鉄道が走っていればなぁ~まぁ、これからは紅葉と飯豊山が磐越西線のメインになるでしょうね。
↓画像は山都~喜多方間の往路のばんえつ物語号。 通称川吉S字と呼ばれるポイント?らしいのですが、前回川吉踏切付近で見事なまでのスカに遭いましたので、今回は踏切よりもちょっと手前で撮って見ました。(^^ゞ あ、そうそう言い忘れていました。 明日夜からちょっと北東北の方へ出掛けて来ますので、多分4~5日間は更新出来ないと思います。 最近は何処に行っても殆ど1泊2日で帰って来ていましたので、今回は体力が持つかどうか少々心配しています。(^_^;)
Banetsusaisen-1029
◆ 撮影日 2020年10月17日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

初秋の只見線 その13

今日は視界が良かったせいか、周囲の山々が結構遠くまで見通せました。(^^♪ 視界が良い時には職場から飯豊山がちょっとだけ望めるのですが、よ~く見ると頂上付近に白いものが・・・まさか初冠雪? まさかねぇ~。^^; 来週中頃には気温が結構下がる予想もありますので、標高の高い山は冠雪するかも知れませんね。
↓画像は会津中川~会津水沼間の会津若松行きです。
Tadamisen-1028
◆ 撮影日 2020年9月7日
◆ 撮影地 只見線会津中川駅~会津水沼駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

初秋の只見線 その12

最近三島町のHPをチェックして只見線沿線の紅葉状況を予想しているのですが、やはりネット記事だけでは少々無理があるようです。 後は他の人のブログやツイッター等の投稿記事が頼りなのですが・・・やはり他力本願でしょうか。(^_^;) 只見線沿線の紅葉情報をお待ちしております。
↓画像は会津中川~会津川口間の往路の風っこです。 雪に埋もれた大志集落も撮ってみたいのですが、自分自身が埋もれそうで未だ決心がつきません。(笑)
Tadamisen-1027
◆ 撮影日 2020年9月7日
◆ 撮影地 只見線会津中川駅~会津川口駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

初秋の磐越西線 その27

先週末に仙山線で臨時列車が走ったみたいですが、ネットを見ると相当混雑したようです。(@_@;) ゆるリラッ鉄ちゃんのスマホバージョンでも、記事の人気ランキングの1~5位が全て仙山線になっていました。^^; 実はちょっとだけ興味があったのですが、やはり混雑するのは必至だし、長閑が大好きな私にとってはストレスが溜まりそうだったので今回は遠慮させて頂きました。
↓画像は鹿瀬~日出谷間の会津若松行きです。
Banetsusaisen-1026
◆ 撮影日 2020年10月4日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

初秋の磐越西線 その26

所用のついでに行きは磐越西線、帰りは羽越本線へ寄ってみたのですが、羽越本線は雨に加え予想外の高波に戦意が喪失し、一枚も撮らずに帰宅しました。(T_T) 今回の教訓・・・「波浪注意報、警報が出ている時に羽越本線の海岸線沿いの国道は走らないのが無難」と言うことでしょうか。 高波が護岸を越えてモロ海水を被ることがありますので、車を大事にされている方や新車の方は特に注意した方が良さそうです。
↓画像は昨日に寄った五十島の定番ポイントでの一枚です。 爆煙と言うよりも白煙? ちょっと上品な往路のばんえつ物語号です。(笑)
Banetsusaisen-1015
◆ 撮影日 2020年10月24日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

初秋の磐越西線 その25

週末は又雨か曇りのようです。(T_T)/~~~ 秋晴れって言葉はいったい何処に行ったのでしょうか。 ただ、雨の方が撮影者が少ないのが唯一の救いかも知れません。^^; ↓画像は鹿瀬~日出谷間の会津若松行きです。 明日は又所用で山形方面へ出掛ける予定なのですが、今のところ予報は雨となっていますので、海を絡めた風景はは100パーセント期待出来ないようです。
Banetsusaisen-1023
◆ 撮影日 2020年10月11日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

初秋の磐越西線 その24

周囲の山々がちょっとだけ色付いて来たようです。 今年の紅葉は早いのか遅いのか、天気予報(紅葉予報)を見ても聞いても未だはっきり答えてくれる予報士の方はいません。^^; 多分、例年並みなのでしょうね。 色付き具合も少々気になりますが、こればかりはどうにも出来ませんので、後は運に任せることにします。
↓画像は鹿瀬駅に進入する往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-1022_20201022222401
◆ 撮影日 2020年10月17日
◆ 撮影地 磐越西線鹿瀬駅周辺→省略

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

初秋の磐越西線 その23

今、この秋の紅葉撮影計画を立てているのですが、あれもこれもって考えると、とても一人では周り切れません。^^; 体が二つあったらなぁ~。(笑) ↓画像は日出谷~鹿瀬間の新津行きです。 田沢湖線、陸羽東線、仙山線、当然只見線や磐越西線も・・・ね、体が一つでは足りないでしょう。 どうやって絞るかそれが問題だ。(笑)
Banetsusaisen-1021_20201021225201
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

初秋の磐越西線 その22

今度はショッピングセンターの中ですか・・・腹の空かした熊にとってはもう山も市街地も一緒なのかも知れませんね。 車との衝突も何件も発生しているようだし、やはり今年の秋は少々異常?(@_@;) と言う訳で熊鈴、ラジオは町中に現れている熊には無力だと思いますが、唯一熊避けスプレーは何とか役に立ちそうです。 
↓画像は馬下~猿和田間の新津行きです。
Banetsusaisen-1020_20201020225201
◆ 撮影日 2020年10月4日
◆ 撮影地 磐越西線馬下駅~猿和田駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

初秋の磐越西線 その21

混雑の法則・・・先ず土曜日<日曜日。 天気にも左右され、比較するとすれば当然「雨」<「曇り」<「晴れ」。 結果、晴れの日曜日は混雑するようです。 何を今更と言われそうですが、先週末の土、日を比べるとその差は歴然でした。^^; 日曜日の撮影者は土曜日の数倍はいたでしょうか、ちょっとだけのんびり撮影したい方は天気が余り良くない土曜日が狙い目のようです。(^^♪
↓画像は五十島~三川間の往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-1019
◆ 撮影日 2020年10月17日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

初秋の只見線 その11

そう言えば最近只見線へ行ってないなぁ~と思いつつ、今日もばん物に行ってしまいました。^^; 只見線、ちょっと遠いですもんね。(笑) 
↓画像は会津高田~根岸間の会津川口行きです。 日没が日に日に早まり、夕方4時~5時台の列車の撮影は次第に厳しくなって来たようです。 多分、この列車も今は撮ることが出来ないでしょうね。
Tadamisen-1018
◆ 撮影日 2020年9月21日
◆ 撮影地 只見線会津高田駅~根岸駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

初秋の磐越西線 その20

10月も中旬を過ぎようとしているのに「初秋」はないだろうって突っ込みは甘んじてお受けすることにします。^^; とりあえず紅葉が始まるまでは「初秋」で通そうと思っているのですが・・・実際タイトルを「秋」にしておけば良かったかなと、今ちょっとだけ後悔しています。(笑)
↓画像は山都~喜多方間の会津若松行きです。 「柿を撮影する時は周囲に注意!」 今年はこんな看板が立ちそうですよね。 お~怖。(>_<)
Banetususaisen-1017
◆ 撮影日 2020年10月17日
◆ 撮影地 磐越西線山都駅~喜多方駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

初秋の磐越西線 その19

山々に木霊する力強い走行音とドラフト音。 姿は見えませんが、この音を聞くだけでワクワクしますよね。 ところが・・・ところが・・・ワクワク感が現れた瞬間虚脱感に変りました。(笑) ↓画像は山都~喜多方間の往路のばんえつものがたり号です。 この川吉と呼ばれる区間は結構爆煙率が高いので有名なのですが、何故かこの日は薄煙。 まぁ、こんなこともあるのは分かっているのですが、音が豪快だっただけに煙も豪快に出して欲しかったような気がします。 遠くからこの一箇所狙いで来られた方の通過後の大きな溜息と愚痴が山々に木霊していました。(^_^;)
Banetsusaisen-1016
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

初秋の磐越西線 その18

今度は秋田で熊に襲われた方が亡くなったそうです。 森の熊さんとは程遠い最近の熊のイメージ・・・リラックマさんが泣いています。(T_T)/~~~ ↓画像は日出谷~鹿瀬間の新津行きです。 今年はこんな長閑なところも油断は出来ないと言うことですよね。 皆さん、周囲には十分注意しましょう。
Banetusaisen-1015
◆ 撮影日 2020年10月11日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

秋の羽越本線 その2

海の色は冴えず、季節感もなし。 何とも秋らしさも美しさも感じられない風景ですが、この日は運がなかったためどうかお許し下さい。m(__)m しかし、羽越本線で季節感のある物を探すって本当に難しいですよね。 ↓画像は今川~桑川間の特急いなほです。
Uetsuhonsen-1014
◆ 撮影日 2020年10月9日
◆ 撮影地 羽越本線今川駅~桑川駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

初秋の磐越西線 その17

鹿瀬に3週間以上通ったいたら、地元の方と顔なじみになってしまいました。 ここを訪れる撮影者の殆どは20分前~通過直前に来て、アッと言う間に風のように去ってしまいます。 少々変わり者の私は2~3時間前に来てキハを撮りながらSLを待つと言うのが最近のパターンなのですが、地元の方からは「又会ったね」等々、少々呆れた顔をされながら声をかけらています。(^_^;) まぁ、正直変わり者ですから・・・又お邪魔するかも知れませんので宜しくお願い致します。(笑)
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-1013
◆ 撮影日 2020年10月4日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

秋の羽越本線 その1

新潟県に「クマ出没特別警報」が発令されたようです。 クマが活動する朝・夕は一人で行動しないことを呼びかけているようですが、やはり早朝、夕刻は危険なのかも知れませんね。 これから山に入る機会が多くなりますが、出来るだけ早朝は避けるようにしたいと思います。
↓画像は間島~越後早川間の特急いなほです。 海の色も映えないし、季節感のあるものを沿線で探してみたのですが、結果としてススキしかありませんでした。(笑) 次はついでではなく、ちょっと気合を入れて季節のアイテムを探しに行って見ようと思っています。(^^ゞ
Uetsuhonsen-1012_20201012214101
◆ 撮影日 2020年10月9日
◆ 撮影地 羽越本線間島駅~越後早川駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

初秋の磐越西線 その16

最近、鹿瀬通いが2~3週間続いています。^^; 狙いはコスモスなのですが、鹿瀬のコスモスもそろそろピーク越えそうです。 紅葉まで後1月、本当に待ち遠しいですよね。 ↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。 惜しいかな、横風で爆煙が流されてしまいました。(T_T)/~~~
Banetsusaisen-1011
◆ 撮影日 2020年10月11日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

初秋の磐越西線 その15

昨日は所用で山形方面へ出掛けていました。 そのついでに・・・って、最近ついでが多いですよね。^^; 予報は晴れ、でも実際は曇り、まぁ、何時ものことですから余り気にもしないですが、曇っているのに「今日は晴れ、夕方まで晴れ」と言い続けるラジオには少々腹が立ちました。(笑) 今の日本で要らないものの第一位は当らない予報を出し続ける「気象予報士」だと思います。 そこで提案、予報の出し方を変えてはどうでしょうか。 例えば「気象庁、〇〇〇の予報は〇〇ですが、気象予報士〇〇さんの予報は〇〇です。 信じるか信じないかは貴方次第」とか・・・。(^_^;)
↓画像は喜多方~山都間の野沢行きです。
Banetsusaisen-1010
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 磐越西線喜多方駅~山都駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

初秋の磐越西線 その14

今週末も台風の影響で天気が余り天気が良くありません。 台風の速度が早ければもしかすると日曜日は回復するかも知れませんが今のところ望みは薄いかも知れません。(@_@;) 青空とコスモス、何故か今年はハードルが高いようです。
↓画像は荻野~尾登間の野沢行きです。
Banetsusaisen-108
◆ 撮影日 2020年9月26日
◆ 撮影地 尾登駅周辺→省略

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

初秋の磐越西線 その13

今用意しているのは熊鈴3個、携帯型ラジオ2台、熊避?スプレー1個、とまぁこんな感じなのですが、市街地を我が物顔で歩き回るような熊に、果たしてこれらが通用するかと言ったらちょっと疑問かも。 多分、熊も必死なのでしょうね。 新聞には早朝、夕方以降が危険であり、単独行動は出来るだけ避けた方が良いとの記事が載っていましたが、私の場合は何時も単独行動です。^^; さて、山に入る場合には人の後でも付いて行きましょうか。(笑)
↓画像は日出谷~鹿瀬間の新津行きです。
Banetsusaisen-107_20201007201601
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

初秋の会津鉄道 その7

最近、週末になると天気が崩れるようですが、今週末もこれまで通りどうも曇り/雨模様のようです。 光が無いと花の色も映えないし、やはりコスモスには青空が似合いますもんね。 2~3日前の週間予報では土曜日はまぁまぁの天気だったのですが・・・台風の馬鹿野郎~。<`~´>
↓画像は田島高校前~会津長野駅間のトロッコ列車です。
Aizutetsudou-106
◆ 撮影日 2020年9月21日
◆ 撮影地 会津鉄道田島高校前駅~会津長野駅間→こちら

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

初秋の只見線 その11

この風景も一年後まで見納めです。 今年は黄金色に色付く時期に何度か蓋沼森林公園に上がってみたのですが、条件的にベストだったことは一度もありませんでした。 今年は運が悪かったようです。 まぁ、こんなこともありますよね。^^; この趣味の面白さはこんなところにあるのかも知れません。←(相当強がっています)(笑)
↓画像は会津高田~根岸間の往路の風っこです。
Tadamisen-105
◆ 撮影日 2020年9月7日
◆ 撮影地 蓋沼森林公園→省略

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

初秋の磐越西線 その12

今週末現在の磐越西線沿線の稲刈り情報ぉ~。 新潟県内はほぼ終了、福島県内は今週末からラストスパートに入ったようです。 黄金色の稲穂もそろそろ見納めかも知れませんね。^^; ↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。 稲穂が終れば次はコスモスかススキを狙って見ようと思い、最近はもっぱらコスモスに入れ込んでいます。(笑)
Banetsusaisen-104
◆ 撮影日 2020年10月3日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

初秋の磐越西線 その11

民家の軒先に彼岸花が咲いていました。(^^♪ やっとと言うか、ホント、東日本?ではレアな花のようです。 ↓画像は尾登~荻野間の往路のばんえつ物語号です。 ちなみにこれは先週末の画像なのですが、今日はだいぶボリュウム感が無くなっていましたので、ピークは先々週~先週末ぐらいだったかも知れません。 参考までに先々週末は多くの撮影者が集まっていましたので私は遠慮させて頂きました。(笑)←(混雑するところが苦手です)^^;
Banetsusaisen-103
◆ 撮影日 2020年9月26日
◆ 撮影地 磐越西線尾登駅周辺→省略

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

初秋の磐越西線 その10

今年は熊の被害が相次いで発生しています。 先日も新潟県内にて熊に襲われ方が重体とのニュースが流れていましたので、山に熊の餌が無いのはどうも本当のようです。(@_@;) しかし、市街地や周辺の畑などに現れては防ぎようがないですよね。 腹を空かした熊に、果たして熊鈴は通用するのでしょうか。^^; 
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。
Banetsusaisen-102_20201002220001
◆ 撮影日 2020年9月26日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

初秋の会津鉄道 その6

10月に入りました。 つい1月前までは35度を越える猛暑日の日もあったのですが、最近吹く風はひんやりしていて朝夕は肌寒いほどです。 何となくいっきに秋が来たような感じですよね。 1日の気温差が大きいほど紅葉の色付具合が良いと言われていますので、今年の紅葉は期待出来るかも知れません。(^^♪

↓画像は会津長野~田島高校前間のトロッコ列車です。 そう言えば今日から東京発着のGoToトラベルが始まったようです。 これ以上感染が拡大しないと良いのですが…かお( ̄ヘ ̄;)

Aizutetsudou-101
◆ 撮影日 2020年9月21日
◆ 撮影地 会津鉄道会津長野駅~田島高校駅間→こちら

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »