« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

紅葉の只見線 その3

先ほどローカルテレビで紅葉に染まる奥只見湖の風景が流されていました。 見頃は11月上旬までと言ってましたが、六十里付近はどうなのでしょうね。 イベント列車が走らない長閑な六十里にも行ってみたいし、ただ、紅葉の具合が分かりませんので、行ってから「あぁ~失敗したぁ」ってならないか・・・結構悩んでいます。^^;
↓画像は大白川~只見間の往路の「只見紅葉満喫号」です。 今更と言われるかも知れませんが、列車名に「満喫」が付いていたのですね。 とりあえず以後の記事から修正させて頂きます。m(__)m
Tadamisen-1031
◆ 撮影日 2019年10月27日
◆ 撮影地 只見線旧田子倉駅付近→省略

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

紅葉の陸羽東線 その2

午前11台に通過する快速の「みのり」です。 広角で撮ってみたのですが、みのり自体のペイントが自然色のこげ茶色のため全く存在感がありません。^^; 広角で撮るには普通のキハの方が良いかも知れませんね。 さて質問です。 平日11時台の大深沢橋の混雑状況はどうだったでしょうか? 私が行った月曜日に限って言えば、撮影者と観光客が入り乱れ、歩くのもままならない状況でした。 周囲に飛び交う異国の言葉・・・鳴子峡も国際的になったものものです。(@_@;)
Rikuutousen-1030
◆ 撮影日 2019年10月28日
◆ 撮影地 陸羽東線鳴子峡(大深沢橋上)→省略

| | コメント (2)

2019年10月29日 (火)

紅葉の只見線 その2

今回の只見紅葉号の撮影はほぼ雨/曇りの中の撮影でした。 田子倉付近の紅葉は多分今がピークだと思いますが、天気が悪かったのが本当に悔やまれます。 赤く染まった浅草岳も雨が強くなる度に霞んでいましたので、皆さん場所選びにも相当苦労したのでは? 
↓画像は旧田子倉駅付近を通過する只見行きです。 残念ながらこの前に通過した「只見紅葉号」の時には浅草岳は雨の中に消えていました。(T_T)/~~~
Tadamisen-1029
◆ 撮影日 2019年10月26日
◆ 撮影地 只見線田子倉付近→省略

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

紅葉の陸羽東線 その1

一泊二日で数年ぶりに鳴子峡へ行って来ました。(^^ゞ 混雑を避けるため月曜日の午前中を狙って行ってみたのですが、平日にもかからず、撮影者&観光客の多いこと多いこと。(笑) 道路は渋滞、駐車場も満車、平日でこの状態ですから土日は相当恐ろしいことになるのではないかと。(@_@;) 参考までに今日現在の鳴子峡の紅葉具合ですが、ピーク若しくはピーク少し前ぐらいだと思いいます。 今週末の三連休、渋滞に嵌まりながら鳴子峡の紅葉見物などはいかがでしょうか。(笑)
↓画像は午前7時台の鳴子峡です。 この時間帯は線路の後ろの山から丁度朝陽が差し込んで来ますので晴れた日は条件的には余り良くはないようです。 厳しい条件下でも何とかなる腕をお持ちの方は是非トライしてみては? ちなみに私はご覧のように斑模様になってしまいました。(^_^;)
Rikuutousen-1028
◆ 撮影日 2019年10月28日
◆ 撮影地 陸羽東線鳴子峡(大深沢橋上)→省略

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

紅葉の只見線 その1

今日の敵は雨でした。 予報を見る限りでは曇りベースだと思ったのですが、実際はほぼ終日雨模様・・・天気予報の嘘つき!(笑) ↓画像は大白川~只見間の往路の「只見紅葉号」です。 遠景が霞んでしまいましたが、まぁ、雨だったらこんなものかも知れませんね。(^_^;)
Tadamisen-1026
◆ 撮影日 2019年10月26日
◆ 撮影地 プロットが難しいため省略m(__)m

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

秋の磐越西線 その8

やはり土日は雨模様のようです。 山登りは完全にアウト!と言うことで、今、他の撮影ポイントを探しているのですが、どのあたりの紅葉が綺麗なのかが分からないため、ポイントを絞りきれません。 どうも行き当たりばったり、ぶっつけ本番になりそうです。^^;
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。 少々分かり難いかも知れませんが、線路の向こう側にちょっぴり色付いた紅葉がありましたので、無理やり絡めて見ました。
Banetsusaisen-1025
◆ 撮影日 2019年10月22日
◆ 撮影地 磐越西線鹿瀬駅~日出谷駅間→多分このあたり

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

秋の磐越西線 その7

雨の即位の礼の日、国旗を掲げたばんえつ物語号が爆煙とともにやって来ました・・・と、まぁ、これは私の壮大な妄想です。(^_^;) もし、元旦に走ることになればどうなのでしょう。  そう言えばやまぐち号(正確には稲成号)でも元旦はHMのみの変更で国旗はありませんでしたので、やはり余程のことが無いと国旗の掲揚は無理なのでしょうね。 
↓画像は五十島~三川間の往路のばんえつ物語号です。 今週末の天気が見る度に悪くなって行きます。 1週間程まえは曇りだったと思うのですが、今日は土日とも雨/曇り。 六十里の山を登る予定で熊用スプレーや携帯ラジオ、熊鈴はダブルで用意したのですが、この秋は使うことはなくなりそうです。 そうそう、今の魚沼では熊による人への被害が相次いで発生しているようです。 新聞にもパトカーに襲い掛かる熊の写真が掲載されていましたが、ホント、怖いですよね。 アウトローベア?
Banetsusaisen-1024
◆ 撮影日 2019年10月22日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (2)

2019年10月23日 (水)

秋の羽越本線 その7

能化山の頂上から撮った間島~越後早川間のキハ4連の普通列車です。 これだけ離れると肉眼で見ても白く細い線が移動しているのが分かる程度ではっきりキハとは確認出来ません。 それにしてもこれを撮ったのは午前10時台なのですが、既に側面には陽が当っていないと言うことは、ここに立つには更に早起きが必須のようです。 厳しいぃ~。(笑)
Uetsuhonsen-1023
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 能化山頂上→省略

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

秋の磐越西線 その6

今日は即位の礼で休日・・・と言うことでばんえつ物語号も走りました。(^^♪ もしかしたら即位の礼バージョンのHMが見られるかも、いや国旗が掲げられているかも等々、相当期待して出掛けてみたのですが、残念ながら通常バージョンでした。 国旗が掲げられているSLを見たかったなぁ~。 ただ、時々結構強い雨が降っていましたので、仮に国旗が掲げられていても多分綺麗にたなびくことはなかったかと。 良かったのか悪かったのか。(笑)
↓画像は猿和田~五泉間の普通列車です。
Banetsusaisen-1022
◆ 撮影日 2019年10月22日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

秋の磐越西線 その5

今年の紅葉の進み具合はどうなのでしょうね。 最近、気温が高い日が続いているせいか例年よりも少々遅めとの予報も出ているようですが、確かに山間部の木々をみても、未だほんのり色付いている程度で、ピークは相当先のような気がします。  さて、ピークは何時なのか、こうやって考えている時が楽しくもあり、ただ、真剣に考えると結構疲れますよね。(笑)
↓画像は鹿瀬~日出谷間の深戸橋梁を渡る往路のばんえつ物語号です。 学校周辺の木々がほんのり色付いているのが分かるでしょうか。
Banetsusaisen-1021
◆ 撮影日 2019年10月20日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (5)

2019年10月20日 (日)

秋の磐越西線 その4

パッとしない天気の時はテンションも下がり気味です。(-_-;) 好みの天気を言わせて頂ければ、晴天>薄曇>小雨>曇り>大雨の順でしょうか。 明日は晴れるようですが、明後日は又雨/曇りの天気になっていましたので、ポイント選びに苦労しそうです。
↓画像は五泉~猿和田間の往路のSLやまぐち号です。 今日は柿木に主役として頑張ってもらおうと思ったのですが・・・はい、再チャレンジです。^^;
Banetsusaisen-1020
◆ 撮影日 2019年10月20日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

秋の羽越本線 その6

昨日は仕事上のイレギュラーなトラブルが重なり、帰ったのはほぼ午前様、疲れ果てて今日は久し振りにお休みデーになってしまいました。(T_T)/~~~ しかし、予定は未定とは良く言ったものですよね。 どんなに綿密に予定を立て、シュミレーションまでやっていても、いざ本番になるとトラブルが出るは出るは。 何時ものこととは言えこの歳になると結構堪えます。^^;
↓画像は越後寒川~今川間の普通列車です。 今の時期の午後は陸地から海方向の撮影はほぼ逆光になりますので、綺麗な海を撮るためにはやはり早起きが必須なようです。(笑)
Uetsuhonsen-1020
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 羽越本線越後寒川駅~今川駅間→この付近

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

秋の羽越本線 その5

今週末は又雨模様のようです。 何かに祟られているのかな・・・。(^_^;) 大きな台風が二度と来ないことを含めて神頼みをしてみましょうか。 ↓画像は間島~越後早川間の特急いなほです。 ここでは線路脇のススキを主役に一枚撮ってみました。
Uetsuhonsen-917_20191017222901
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 羽越本線間島駅~越後早川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

思い出の迂回貨物

東北本線の一部で運転休止区間が発生しているようですが、これに対応するため日本海縦貫線を経由するコンテナ列車の迂回列車を運転するとの報道がありました。 例の迂回貨物ですよね。 思い起こせばもう一年以上にはなるでしょうか。 ホント、懐かしいなぁ~。
↓画像は五十猛~仁万間の往路の迂回貨物です。 ちなみに私の左側の山の急斜面には、これでもかって数の撮影者が張り付いていたですが、この画像からは想像も出来ませんよね。(^_^;)
Saninhonsen-1016
◆ 撮影日 2018年9月22日
◆ 撮影地 山陰本線五十猛駅~仁万駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

秋の羽越本線 その4

臨時国会が始まりましたが、相変わらず野党は与党の足を引っ張ることだけを考えており、今、国が直面している災害対策等の国難には全く興味がないようです。 自分たちが国政を担っていた時の失敗を棚に上げて、ホント、誰かさんの言葉ではありませんが、あつかましい、恥を知りなさいと言いたくなります。 あ、ちょっと熱くなってしまったかな。^^; 私自身は政治には余り興味はありませんが、今の野党が与党だった頃のでたらめな公約で痛い目を見たことはこれからも絶対忘れません。←(執念深いのは前からです)(笑)
↓画像は今川~桑川間の特急いなほです。 笹川流れの集落にある津波避難用高台から撮ってみたのですが、結構家屋が密集して建っており、これをどう評価するかがこのポイントの評価が分かれるところかも知れません。 家屋も含めて風景として捉えればこの構図もあり、自然をメインと考えればこの家屋を入れた構図はNG・・・まぁ、評価は人それぞれ、自分が満足すればそれでOKなのかな。(^_^;) 堅いことを言って申し訳ありせんでした。m(__)m
Uetsuhonsen-915
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 羽越本線今川駅~桑川駅→こちら

| | コメント (2)

2019年10月14日 (月)

秋の磐越西線 その3

↓画像は五十島~三川間の会津若松行きです。 今年度一杯で引退するキハを狙って来る方は未だ多くはないようですが、これから紅葉~年末に掛けては徐々に多くなり、年度末には・・・想像しただけでも恐ろしい光景が目に浮かびます。(@_@;)
Banetsusaisen-1014
◆ 2019年10月6日
◆ 撮影地 磐越西線五十島駅周辺→省略

| | コメント (2)

2019年10月13日 (日)

秋の羽越本線 その3

こんなところに未だ稲穂が残っていました。 羽越本線の線路と線路の間、それも周囲の道路からは見えません。 面積すればそれ程の広さではありませんが、予想外のものを発見するとちょっと得した気分になりますよね。^^;
↓画像は間島~村上間の普通列車です。
Uetsuhonsen-1013
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 羽越本線間島駅~村上駅間→こちら

| | コメント (2)

2019年10月12日 (土)

秋の羽越本線 その2

台風19号が首都圏を通過中です。 今は夜間のため被害の詳細は不明ですが、大雨特別警報が拡大して発令されているところを見ると、何となく大きな被害が出ているような気がします。 台風、地震、津波等々、自然の前には人間は本当に無力ですよね。 
↓画像は越後早川~間島間の特急いなほです。 予定では「いなほ」ではなくここに写っているのは「四季島」のはずだったのですが・・・。^^; ちなみに能化山の登山道には熊のフンや足跡がありましたので、もしこれから登山を計画されている方がいましたら熊鈴やラジオは必携でお願いします。 と、言うよりももともと小心者ですので、今の時期の登山は心臓には良くありません。 バキ、ボキボキ(周囲から聞こえて来る音)、バクバク(これは私の心臓の音)(笑)
Uetsuhonsen-1012
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 能化山頂上→省略

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

秋の羽越本線 その1

今日は四季島を見るために有給を取ってしまいました。^^; 本当は間島付近にある能化山から撮る予定だったのですが、日本海東北道の工事による通行止めであえなく断念。 せっかく有給を取ったのに・・・世の中こんなものかも知れませんね。 事前にチェックしていれば分かることなのに、本当に詰めが甘いなぁ~。(笑)
↓画像は越後早川~間島間の登りの四季島です。 とりあえず間に合うポイントを色々考えた結果、こんなところになってしまいました。(^^ゞ
Uetsuhonsen-1010
◆ 撮影日 2019年10月10日
◆ 撮影地 羽越本線越後早川駅~間島駅間→多分このあたり

| | コメント (3)

2019年10月 9日 (水)

秋の磐越西線 その2

気圧は915hp、最大風速は55m以上とか。 又、スーパー台風が接近しつつあります。 年々台風の大きさや勢力が増しているようですが、後数十年もすると気圧が850hp、最大風速は90m以上と言った、ウルトラ台風が日本を襲うかも知れません。(@_@;) 今度の三連休はどうも台風に振り回されそうです。 
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。 強風により煙が巻いてしまい、遠くから見ると煙が走っているようです。(笑)
Baentsusaisen-109
◆ 撮影日 2019年10月6日
◆ 撮影地 磐越西線鹿瀬駅~日出谷駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

初秋の羽越本線 その7

天気が良かったら次は羽越本線へ出掛けてみようと思っているのですが、週末はなかなか晴れてはくれません。 おまけに台風も。 今の予想進路で行くと、今週末の12日~13日が最も本土へ接近するようです。 又、仕事にならないと良いのですが・・・。^^
↓画像は間島~越後早川間の普通列車です。 同色(新潟色)4連と言うのも結構珍しいのでは?
Uetsuhonsen-98
◆ 撮影日 2019年9月14日
◆ 撮影地 羽越本線間島駅~越後早川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

初秋の磐越西線 その14

標高の高い山々がそろそろ色付き始めたようです。 沿線が紅葉に染まるのも丁度後一月後ぐらいでしょうか。 楽しみでもあり不安でもあり・・・あ、不安と言うのは今年の色付き具合のことです。^^; まぁ、私が心配してもどうにもなりませんので後は運を天にいや運を自然に任せることにします。(笑)
↓画像は鹿瀬~日出谷間の普通列車です。
Banetsusaisen-107_20191007215201
◆ 撮影日 2019年9月21日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

秋の磐越西線 その1

10月に入りましたのでタイトルを初秋から「秋」に変更させて頂きました。(^^ゞ ↓画像は五十島~三川間の定番ポイントで撮った往路のばんえつ物語号です。 本当は彼岸花を絡める予定で出掛けたのですが、探し方が悪いのか、それとも本当に少ないのかは分かりませんが、今日も発見には至りませんでした。(泣) 彼岸花、私にとっては超レアなアイテムの一つに登録済みです。^^;
Banetsusaisen-96
◆ 撮影日 2019年10月6日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

初秋の只見線 その8

稲穂の絨毯繋がりでもう一枚。 ↓画像は会津坂本~柳津間の会津川口行きです。 天気が良ければもうちょっと輝くような絨毯になったと思うのですが・・・ちなみに線路の反対側では稲刈りが行われていましたが、列車と絡めるには少々難易度が高く、今回(今年?)は泣く々諦めました。(T_T)
Tadamisen-95
◆ 撮影日 2019年9月24日
◆ 撮影地 只見線会津坂本駅~柳津駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

初秋の磐越西線 その13

今週末は本当にカメラの整理、整頓になりそうです。(^_^;) 最近週末で体重を減らし、ウイークディーで減らした体重を戻すような日々が続いています。 減らすと言っても1~2キロ程度なのですが、やはり運転も含めて撮影は結構な運動量なの?かな。(笑)
↓画像は野沢~上野尻間の普通列車です。 こうやって見るとまさしく稲穂の絨毯ですよね。
Banetusaisen-104
◆ 撮影日 2019年9月24日
◆ 撮影地 磐越西線野沢駅~上野尻駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

初秋の羽越本線 その6

台風崩れの温帯低気圧が北日本に近づいています。 今週末の天気も余り良くないようだし、次の台風のたまご(19号)が来週末の三連休を狙って接近するような予報が出ているようです。 最近どうも天気に恵まれないと言うか何と言うか・・・。 さぁ~て、この週末は久し振りにカメラの整理でもしようかな。(笑)
↓画像は越後寒川~今川間の特急いなほです。 青い海に青いいなほ? 組合せとしてはどうなのでしょうね。 同系色だからあり、それとも目立たないからNG、まぁ、海がメインだったらどちらでもいいですよね。(^_^;)
Uetsuhonsen-103
◆ 撮影日 2019年9月14日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

初秋の磐越西線 その12

今週末は時間があれば彼岸花でも探してみようと思っています。 ハザガケもコスモスもなかなか見つからないし、ここでちょっと目先を変えて対象物を彼岸花に絞ってみようかと・・・いや、又返り討ちに遭いそうなので、目的は絞らずに自然体で行きましょうか。(^_^;)
↓画像は鹿瀬~日出谷間の往路のばんえつ物語号です。 ここではほぼ90~100パーセントの確率で煙が期待出来ますので、撮影者にとっては「安全パイ」ポイントの一つとなっているようです。
Banetsusaisen-102
◆ 撮影日 2019年9月28日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

初秋の只見線 その7

今日から消費税が10パーセントになりましたが、先日からテレビも新聞もこの話題でもちきりです。 そしてマスコミが流す報道に右往左往する国民・・・。(^_^;) はっきり言って私はマスコミが流す報道は半分も信用していません。 殆どのテレビ局が視聴率を取るために面白可笑しく番組を編成しているのは見え見えだし、やらせが入っている番組も時々目ににつきます。 岡目八目と言いますが、第三者の目で物事を見ると物事の本筋が分かってくると思うのですが・・・あ、偉そうなことをウンチクしてしまい申し訳ありませんでした。 第三者の目で見たら一番分かっていないのは私かも知れませんね。(笑)
↓画像は会津本郷~会津高田間の会津川口行きです。 今の時期午後5時台の列車は会津盆地の中でもそろそろ厳しいかも知れません。 陽が当るところを探して新鶴付近から南へ東へ移動してみたのですが、最終的には陽が山に掛かってしまいこんな風景になってしまいました。 もうちょっと時間があったら雑草がかわせるところまで移動できたのですが、沈む夕日も列車も待ってはくれませんでした。(T_T)/~~~
Tadamisen-101
◆ 撮影日 2019年9月24日
◆ 撮影地 只見線会津本郷駅~会津高田駅間→こちら

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »