« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

初夏の只見線 その2

川霧が発生する条件・・・雨上がり、高い湿度、そこそこ高い気温、etcだと思っていたのですが、昨日は雨が降り出した途端に川霧が出て来ました。 私のこれまでの経験では雨が降ると川霧が消えると思っていたのですが、どうもそうではなさそうです。(@_@;) 一体川霧が発生するメカニズムってどうなっているのでしょうね。
↓画像は会津水沼~会津中川間の会津若松行きです。 只見線沿線の紫陽花も8年以上経つとだいぶ状況が変わっていました。 あるべき所に無かったり、雰囲気が全然違っていたりと・・・まぁ、8年と言えばほぼ一昔前ですから変わっていても当然のことですよね。(笑)
Tadamisen-630
◆ 撮影日 2019年6月29日
◆ 撮影地 只見線会津水沼駅~会津中川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

初夏の只見線 その1

川霧を求めて三千里、いや、只見線へ。 天気は曇りのち雨・・・昨夜から雨が降っていれば、午前中は川霧三昧と期待していたのですが、そうは甘くはありませんでした。 多分昨夜は雨が降らなかったのでしょうね。 道路も乾いていたし、読みと言うよりも天気予報が当らなかったようです。
↓画像は会津西方~会津桧原間の会津若松行きです。 ちなみに川霧が見られたのは7時頃までで、8時を過ぎた頃には綺麗さっぱり消えていました。(^_^;)
Tadamisen-629
◆ 撮影日 2019年6月29日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

初夏の磐越西線 その6

  4月にこちらに来て一番驚いたのは三川~津川間に新しく開通した49号線のバイパスでしょうか。 ただ、開通に伴って旧道となった河沿いの国道は通行止め、この間にも幾つかポイントがあったと記憶していますので、通行止めの標識を見た時には結構ショックでした。 夏草や・・・ではありませんが、車や人の往来が無くなった国道は見るも無残に荒れ果てています。 多分後20~30年もすると道は消え、熊やカモシカ、猿などの天国になっているような気がします。
↓画像は三川~津川間の普通列車です。
Banetsusaisen-628_20190628215801
◆ 撮影日 2019年6月15日
◆ 撮影地 磐越西線三川駅~津川駅間→多分このあたり

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

初夏の羽越本線 その12

昨日はココログの不調で更新出来ませんでした。 あの大・大・トラブル(ニフは改修と言い張っていますが)から既に三ヶ月、未だバグだらけなのは真剣に取り組んでいないからなのでしょうか。 愚痴は余り言いたくはありませんが、未だ書いた記事が突然消える、マイページをクリックするとゲームになる等々、本当に情けなくなります。 本音を言わせて頂ければ、早急に元に戻して下さい、それだけです。
↓画像は越後寒川~今川間の特急いなほです。 
Uetsuhonsen-627
◆ 撮影日 2019年6月13日
◆ 撮影地 既に紹介済みのため省略

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

初夏の磐越西線 その5

磐越西線のイベント列車もとりあえず一旦切りがつきましたので、今週末は久し振りに川霧か紫陽花狙いで只見線へ出掛けてみようと思っています。 ただ、天気予報が日に日に悪い方向へ変わりつつありますので、これもやはり天気次第かな。^^; 昨日までは曇り一時雨だったのに、今日の予報を見ると大雨の可能性もあるとか。 いったいどっちなんだい?と先ほどから少々切れ掛かっています。(笑)
↓画像は豊実~徳沢間の往路の「DL青い12系客車号」です。
Banetsusaisen-625 
◆ 撮影日 2019年6月22日
◆ 撮影地 磐越西線豊実駅~徳沢駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

初夏の磐越西線 その4

今週末も又雨模様のようです。 これで三週連続週末は晴れから遠ざかっています。 九州北部は未だ梅雨入りしていないようですが、そろそろ雨も飽きて来ました。(^_^;) 予想に反して晴れないかなぁ~。
↓画像は三川~津川間の往路の「DL青い12系客車号」です。
Banetsusaisen-624
◆ 撮影日 2019年6月22日
◆ 撮影地 磐越西線三川駅~津川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

初夏の羽越本線 その11

こちらに来て間もなく三ヶ月。 地理的な勘もやっと戻りつつあります。 未だそれ程遠くへは出掛けていませんが、まぁ、一年計画だったら多分大丈夫でしょう。  今までに周ったのは只見線、磐越西線、羽越本線・・・よ~く考えたら周ったと言っても未だこの程度ですので先は相当長いかも知れません。
↓画像は小砂川~上浜間の普通列車です。 ちょっと逆光?だったかな。^^;
Uetsuhonsen-623
◆ 撮影日 2019年6月13日
◆ 撮影地 羽越本線小砂川駅~上浜駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

初夏の磐越西線 その3

紫陽花がやっと開花して来ました。 全体的に見ると未だ咲き始めと言ったところだと思いますが、梅雨時期の風物詩としてやはり紫陽花は欠かせませんよね。(^_^;) ↓画像は馬下~猿和田間の新津行きです。 カーブから現れたのはナント急行色!! 余りの驚きにカメラを持つ手が震えました。←(オーバーです。)(笑)
Banetsusaisen-622
◆ 撮影日 2019年6月22日
◆ 撮影地 磐越西線猿和田駅付近→省略

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

初夏の羽越本線 その10

巷では「タラ急」と呼ばれるタラコ色+急行色のコンビです。 時々目にすることがあるのですが、運用形態を未だ把握していないため、狙って撮ったことはありません。^^; 羽越本線や磐越西線では結構人気があるらしく、このタラ急狙いの撮影者も多いと聞いていますので、もし機会があれば私も狙って見ようと思っています。
↓画像は村上~間島間の普通列車です。 モロ逆光だったため、せっかくのタラコと急行色が・・・。(笑)
Uetsuhonsen-621
◆ 撮影日 2019年6月13日
◆ 撮影地 羽越本線村上駅~間島駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

初夏の磐越西線 その2

今回の地震には結構ビビリました。 テレビはガタガタと暴れるし、テーブルのお茶はこぼれるし、このような大きな地震を経験するのは久し振りかも知れません。 地震はどこで起こっても不思議ではありませんので、心の準備だけは必要かも知れません。
↓画像は五十島~三川間の往路の「DL青い12系客車号」です。
Banetsusaisen-620
◆ 撮影日 2019年6月15日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

春の只見線 その25

例年であればそろそろ紫陽花やタチアオイが風景の一部として出て来るのですが今年は完全に遅れ気味です。 先週末も紫陽花の定番ポイントに行ってみたのですが、ほぼ先々週から状況は変わっていませんでした。 まさかこれでお仕舞いと言うことはないとは思うのですが、それにしても遅すぎますよね。 そう言う訳で今年は未だ綺麗な紫陽花に遭遇していません。(T_T)/~~~
↓画像は滝谷~桧原間の会津川口行きです。 では、紫陽花の変わりに藤の花をどうぞ。(笑)
Tadamisen-618
◆ 撮影日 2019年5月19日
◆ 撮影地 只見線滝谷駅~会津桧原駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

初夏の羽越本線 その9

「その2」で撮った定番ポイントから若干(100m程度?)東へ移動したところです。 風景的には余り変わり映えしませんが、海の色を比べるとこちらの方が・・・って、やはり海の色も変わり映えしませんね。(笑)
↓画像は今川~越後寒川間の貨物列車です。 ちなみに「その2」の定番ポイント付近ですが、どうも近くに大スズメバチの巣があるようですが、最近2回行って、2回とも周りを飛ばれて威嚇されましたので、撮影される方は十分注意して下さい。 兎に角、威嚇されたら静かにその場を離れるのが一番のようです。
Utesuhonsen-617
◆ 撮影日 2019年6月13日
◆ 撮影地 羽越本線越後寒川駅~今川駅間→こちら

| | コメント (4)

2019年6月16日 (日)

初夏の磐越西線 その1

昨日、今日と大荒れの天気の中運行された「DL青い12系客車号」。 こんな天気の中でも結構撮影者が集まっていたのには驚きと言うよりも、そのパワーの凄さに圧倒されました。 強風で三脚は飛ばされ、小石や枝切れが飛び交う中での撮影は、まさしく「過酷」そのもの。(笑) 列車の方もこの強風により抑止が掛かったのでしょうね。 昨日は羽越本線も含めダイヤが大幅に乱れていたようです。
↓画像は馬下~咲花間の往路の「DL青い12系客車号」です。 途中、馬下付近の主なポイントには大勢の撮影者が集まっていましたので、普段から全く見向きもされないこんなところで記念撮影で一枚。(笑) 撮影者は当然私一人のみ。 まぁ、紫陽花も殆ど開花しておらず、付近に絵になるよう風景も無かったため、今回はこれで満足です。←(完全に強がりです。)^^;
Banetsusasen-616
◆ 撮影日 2019年6月15日
◆ 撮影地 人に教えるようなポイントでもないため省略(笑)

| | コメント (2)

2019年6月15日 (土)

初夏の羽越本線 その8

すみません、タイトルを「夏」から「初夏」に変更させて頂きました。 現在梅雨の真っ最中、それに加えて最近は4月から5月なみの気温の日が続いていますので、やはり「夏」は早過ぎるかなと。^^; そもそも性格に一貫性がなく、いい加減ですのでどうかお許し下さい。 
↓画像は残雪の鳥海山をバックに北上する特急いなほです。 もしかすると鳥海山を絡めるのは初めてかも知れません。
Uetsuhonsen-615
◆ 撮影日 2019年6月13日
◆ 撮影地 羽越本線南鳥海駅~本楯駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

春の只見線 その24

藤の花との・・・え?藤はどこなのって言われそうですが、列車の右側にひっそりと咲いているのが藤の花です。 ホント、肉眼では結構はっきり分かるのですが、何故かカメラで撮るの緑の中に埋没してしまいます。 さて、今週末は又磐越西線でイベント列車が走るようですが、天気が両日とも曇り又は雨となっていますので、もしかすると撮影者は少ないかも知れませんね。 そう言う私も未だ迷っています。(笑)
↓画像は会津川口~会津中川間の会津若松行きです。
Tadamisen-614
◆ 撮影日 2019年5月25日
◆ 撮影地 只見線会津川口駅~会津中川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

初夏の羽越本線 その7

三玉の「瑞風」です。 うそ、笹川流れの「四季島」です。^^; ネットで見ると三泊四日で百数十万円とか、価値観もそれぞれですが、やはり住む世界が違うのでしょうね。 誰か招待してくれないかなぁ~。(笑)
↓画像は越後寒川~今川間の登りの「四季島」です。
Uetsuhonsen-613
◆ 撮影日 2019年6月13日
◆ 撮影地 羽越本線越後寒川駅~今川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

春の磐越西線 その16

こうやって一ノ戸橋梁を見上げるのも久し振でした。 数年前と何も変わっていなかったことに少々安堵したりして。^^; 近くにビルなどが出来ていたらやはり困りますもんね。 我侭だと分かっていても本音はそんなところです。(笑)
↓画像は山都~喜多方間の会津若松行きです。
Banetsusaisen-612
◆ 撮影日 2019年5月20日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

初夏の羽越本線 その6

ちなみにこれが「ハマナス」のようです。 若干色が濃くないでしょうか。^^; ↓画像は「その5」と同じく越後早川~間島間の下りの特急いなほです。 好みは人それぞれですので、この「ハマナス」色が好きな方もいるのでしょうね。 出来たら一色でペイントするよりもちょっとだけでもイラスト(例えばハマナスの花のイラスト)を加えた方が更にインパクトがあると思うのですが・・・あ、素人考え休むに似たり。(大笑)
Uetsuhonsen-611
◆ 撮影日 2019年6月9日
◆ 撮影地 羽越本線越後早川駅~間島駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

初夏の羽越本線 その5

羽越本線を走っている特急いなほですが、通常のカラーリングデザインの他にも「瑠璃」とか「ハマナス」と言われるデザイン?があるようです。 最近になってやっとこの瑠璃とハマナスを目にすることが出来たのですが、どうも似合わないと言うか、派手過ぎると言うか・・・多分個人的な好みもあるのでしょうね。^^;
↓画像は越後早川~間島間の上りの特急いなほです。 これが瑠璃色なのかな?
Uetsuhonsen-610
◆ 撮影日 2019年6月9日
◆ 撮影地 羽越本線越後早川駅~間島駅間→こちら

| | コメント (2)

2019年6月 9日 (日)

春の只見線 その23

最近国際的にも有名になりつつある只見線、団体客用の観光ルートの中には一部の区間だけのようですが乗車も含まれているようです。 観光バス一台分となれば結構な客数ですよね。 つい最近ですが早戸駅で下車し、観光バスの乗り換える団体客も目撃しました。 沿線に人が増えることは、本来は喜ばしいことなのですが、只見線は長閑であって欲しいと思うのは、やはり我侭なのでしょうか。(-_-;)
↓画像は桧原~西方間の会津川口行きです。 疎らな新緑の一橋もあっと言う間に緑一色に変わってしまいました。 自然の変化が早いのか、それもと私が変化について行けないのか・・・。 まぁ、ぼちぼち、ゆっくり、のんびり行きましょう。(笑)
Tadamisen-69
◆ 撮影日 2019年5月4日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

初夏の羽越本線 その4

紫陽花探検隊出動!^^; でも、結果から言うと咲いている紫陽花は殆ど確認出来ませんでした。 あくまでも私の予想ですが、例年どおり今月下旬から来月上旬ぐらいがピークかと。 九州では既に開花の情報が入っているのですが・・・やはり九州地方と東日本、東北では距離があり過ぎますよね。(笑)
↓画像は今川~越後寒川間の特急いなほです。
Uetsuhonsen-68
◆ 撮影日 2019年6月2日
◆ 撮影地 羽越本線今川駅~越後寒川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

春の只見線 その22

本当に目立たない花の代表格「藤」の第二弾。(^^ゞ これだけアップにしないと目立たない花って言うのも珍しいのでは?(笑) そう言えば桐の花もどことなく奥ゆかしいですよね。 特に目立つ花が好きな訳ではないのですが、撮影の対象となるとやはりパッと見、華やかな方が好きかも知れません。
↓画像は柳津~郷戸間の会津若松行きです。
Tadamisen-67
◆ 撮影日 2019年5月19日
◆ 撮影地 只見線柳津駅~郷戸駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

初夏の羽越本線 その3

週間予報を見ると、やはり梅雨入りは近そうですね。 今の職場は駐車場から少々離れているため、梅雨時期のことを考えると少々憂鬱になります。 前の職場は歩いて30秒程度だったのですが・・・。^^;
↓画像は越後寒川~今川間の特急いなほです。 梅雨が明けるとこの海岸にも大勢の海水浴客が押し寄せるのでしょうね。
Uetsuhonsen-66
◆ 撮影日 2019年6月1日
◆ 撮影地 羽越本線越後寒川駅~今川駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

春の只見線 その21

梅雨入りも間近なようです。 今週末頃からの天気予報を見ると曇りや雨の日が続くようですので、もしかすると来週には梅雨入りになるかも知れません。 梅雨と言えば紫陽花、梅雨と言えば川霧? まぁ、今は取らぬ狸になっていますので、現実に打ちのめされ、多分又泣いて帰って来ることと思います。(笑)
↓画像は旧田子倉~只見間の「只見新緑満喫号」です。
Tadamisen-65
◆ 撮影日 2019年5月25日
◆ 撮影地 只見線旧田子倉駅~只見駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

春の磐越西線 その15

最近は花が無いものだから、もっぱら残雪か海狙いです。 ただ、この付近では最も遅くまで残雪が期待出来る飯豊山の雪も今年は既に終わりに近づきつつあるようです。 やはり5月の高温が影響したのでしょうか。(@_@;) 私の予想では辛うじて絵になるような風景も後1~2週間程度?かも知れません。 
↓画像は喜多方~山都間の普通列車です。
Banetsusaisen-64
◆ 撮影日 2019年5月20日
◆ 撮影地 磐越西線喜多方駅~山都駅間→こちら

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

春の只見線 その20

藤の花って本当に目立ちませんよね。 肉眼では結構はっきり識別出来るので、いざカメラで撮ってみると緑の中に埋没して分からない・・・手強いと言うよりも多分殆どの方は撮影の対象にはしないのではないかと思います。 
↓画像は会津中川~会津水沼間の会津若松行きです。 そうそう、藤って他の木に寄生しているのですね。 本当に本当に今更と言われそうですが、杉に寄生していた藤を発見して今回初めて藤の正体が分かりました。(笑)
Tadamisen-63
◆ 撮影日 2019年5月19日
◆ 撮影地 只見線会津中川駅~会津水沼駅間→こちら
↓参考までに私が見つけた杉に寄生していた藤はこんな感じでした。 藤のクリスマスツリーですか。^^;
Tadamisen-sugi-63 

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

初夏の羽越本線 その2

今日も懲りずに海狙い。(笑) でも、二匹目のドジョウはそう簡単には捕まえることは出来ませんでした。 昨日と何が違うのか・・・本当に不思議でなりません。 あ、何のことかと言えば海の色のことなのですが、少々回りくどかったでしょうか。 やはり時間帯なのかなぁ~。(@_@;)
↓画像は今川~越後寒川間の貨物列車です。 貨物を撮るのも迂回貨物以来かも・・・です。 
Uetsuhonsen-62
◆ 撮影日 2019年6月1日
◆ 撮影地 羽越本線越後寒川駅~今川駅間→こちら

| | コメント (2)

2019年6月 1日 (土)

初夏の羽越本線 その1

今日は紫陽花を探しに行く予定でしたが、やはりどう考えても早いと思いましたので、予定を変更して海の方へ出てみました。(^^ゞ 青い空に青い海・・・風景的には初夏と言うよりも盛夏ですよね。 
↓画像は越後寒川~今川間の新津行き?です。 この海を見ていたら山陰の三玉の風景を思い出してしまいました。 線路沿いに走っている国道は別にしてどことなく三玉の風景に似ていませんか。^^;
Uetsuhonsen-61
◆ 撮影日 2019年6月1日
◆ 撮影地 羽越本線越後寒川駅~今川駅間→こちら

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »