« 秋の平成筑豊鉄道 その9 | トップページ | 紅葉の久大本線 その11 »

2018年12月 6日 (木)

秋の山口線 その19

今週末からやっと冬らしい天気が戻ってきそうです。 暖冬=大雪と言ったことも過去には度々発生していますので、今が暖かいからと言って油断は出来ません。
↓画像は仁保~篠目間の往路のSLやまぐち号です。 奥田代のポイントはやはり篠目からのアプローチが正解でした。 仁保病院跡地から向かうよりも距離は半分以下、所用時間も大凡ですが1/3程度だと思われますが、入り口が少々分かり難いかも知れません。(@_@;) それと遠景が霞んでいるのはこの日もPM2.5の影響だと思われます。(>_<)
Yamaguchisenn_126_2
◆ 撮影日 2018年12月2日
◆ 撮影地 プロットが難しいため省略

|

« 秋の平成筑豊鉄道 その9 | トップページ | 紅葉の久大本線 その11 »

コメント

こんにちは。
初めまして。
ホームページを閲覧させていただいています。
当方、山口線の奥田代のポイントで撮影したいのですが、アプローチがよくわかりません。
入り口が少々わかりにくいとのことですが、今年チャレンジしてみたいと思っています。
入り口、アプローチの方法等、ヒントでもよいのでご指南いただけましたら幸いです。
よろしくお願いします。
わか

投稿: わか | 2019年11月 2日 (土) 15時15分

わかさん、今晩は~。
気がつくのが遅れ、返信が大変、大変遅れて申し訳ありませんでした。 入口、少々と言うかだいぶ分かり難いところになります。↓以下の地図にアドレスを貼っておきますので参考として下さい。 この地点から東側、川側を見ると杉林が見えますので、この杉林のどこかにポイントに通じる獣道があります。 踏み跡を辿っていけば、とりあえず尾根まで辿りつきますが、残念ながらポイントは尾根ではありませんので、辿り着くには一度田代直線側から大凡の位置を国土地理院の地図で確認しておくことをお勧めします。
http://maps.gsi.go.jp/#16/34.250317/131.555421/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

投稿: ゆりリラッ鉄ちゃん | 2020年3月29日 (日) 21時29分

こんばんは。
この度はご丁寧にご返答いただきありがとうございます。
昨年は到達できませんでしたので、今年は頑張ってみたいと思っています(年に1〜2回しか撮影にいけないので)。
お教えいただきましたが、やはりかなり分かりにくいようですね。
もしよろしければもう少しお教えいただけたら幸いです。
アプローチ付近には作業小屋があるようですが、入口はその小屋の仁保よりでしょうか、小屋の裏手あたりでしょうか。
田代川も渡らないといけないのですよね。
また撮影地は尾根ではないとのことですが、尾根より仁保側に降りるのでしょうか。そのあたりも分かりにくいのでしょうね。目印でも有れば。
到達時間は30分程度でしょうか。
是非よろしくお願いします。

コロナが猛威をふるっています。
くれぐれもお気をつけてください。
この度はありがとうございました。
感謝します。
わか

投稿: わか | 2020年4月17日 (金) 21時28分

わかさん、今晩は~。
さすがに分かり難いですよね。^^; では、ちょっと捕捉させて頂きます。
>付近には作業小屋があるようですが
川の方へ向う入口は確か小屋の左側だったかな、そこを川の方へ真っ直ぐ進んで下さい。
> 田代川も渡らないといけないのですよね。
川に突き当たりますので、川の左方向を注意深く見て頂くと一箇所だけ対岸に渡れるところがあります。 橋とかではなく川の中に石が置いて置いてあったと思いますので、そこから対岸に渡ります。
対岸に渡ったら今度は右方向へ、約20~30mぐらいでしょうか、杉林の中に一箇所?だけ、杉林を抜けそうなところがあるのですが、多分第一の関門は此処になるかも知れません。 当時は誰かが付けたと思われる赤いテープがありましたので、もし未だ残っているとすれば、そこが尾根に上る入口になります。 この入口が分かれば後は尾根まで迷うことはありません・・・多分。^^; 尾根着いたら左方向へ、山旅ロガーや地図ロイドがあれば、自身の位置が分かりますので、位置を確認しながら山口線方向へ。 第二の関門が仁保側下るポイントですが、今、過去のデータを見ると、ホ33-14-50、ト131-33-32付近になっています。 ただ、このデータが合っているかと言うと、自信はありませんので参考程度でお願いします。 もし、この付近で仁保側に下る獣道(踏跡)が見つかれば、後は問題はありません。 そこから30~40m下ると視界が開け、山口線が望めるポイントに到着です。
以上、私の記憶ではこれが精一杯ですので、宜しくお願いします。 わかさんも新型ウイルスには十分ご注意を。 って、山の中ではうつりようがありませんよね。^^; あ、到着時間のことを忘れていました。 老化した私の足で40分程度ですので、若い方であればわかさんの言うように30分程度で登ることが出来ると思います。 ただ、低い山でも熊や蜂、マムシ等々にはくれぐれもご注意下さい。

投稿: ゆりリラッ鉄ちゃん | 2020年4月18日 (土) 21時08分

こんばんは。
この度は親切かつご丁寧にお教えいただきありがとうございます。
大変感謝しています。
ちなみに尾根から第二関門、降りる獣道まではわずかな距離でしょうか。
今年はコロナでやまぐち号が運休していますので、踏み跡が分かりにくくなっているかもしれませんね。
今年こそ到達したいですが、コロナが早く収まらないとそもそもやまぐち号の運転も難しいかもしれませんね。
ゆりリラッ鉄ちゃん様の多くの素晴らしい俯瞰写真を見せていただき撮影意欲は湧くのですが、私は初老で年々老化が進んでいるので、いつまで俯瞰撮影できるか、といった状態です。
何とかご教示いただいたルートで頑張ってみたいと思います。
自宅から山口も遠いので年に1回か2回しか撮影にいけませんのでなんとか。
到達できた折には、お礼方々ご報告させていただきます。
この度はありがとうございました。
わか


投稿: わか | 2020年4月18日 (土) 23時11分

わかさん、こんにちは。
>ちなみに尾根から第二関門、降りる獣道まではわずかな距離でしょうか。
これがですねぇ~、余りはっきりした記憶がなく、あくまでも感覚的なものですが、時間して5分~10分、距離にして100~200m程度だと思われます。 もう一つ、感覚的なものとして、尾根に辿り着いたら左側に向うことになりますが、100~200m進んだところ付近でもっとも標高が高いところ付近が仁保側に折れるポイントだったような気がします。 この辺の記憶が定かではなく、申し訳ありません。 SLやまぐち号、早くこの騒ぎが収束して復帰すると良いのですが、ダラダラと長引くと、鉄ちゃんのストレスもそうですが、沿線各地の観光へのダメージも相当になると思いますので、やはり早期の復帰を祈るばかりです。

投稿: ゆりリラッ鉄ちゃん | 2020年4月20日 (月) 16時04分

こんばんは。
色々ご教授いただきありがとうございました。
大変感謝しています。
何とか再チャレンジして到達したいと思います。
そのためには早くコロナが収まることを願っています。
ゆりリラッ鉄ちゃん様も体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。
この度は大変ありがとうございました。
到達できた折には改めて報告させていただきます。
わか

投稿: わか | 2020年4月20日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の山口線 その19:

« 秋の平成筑豊鉄道 その9 | トップページ | 紅葉の久大本線 その11 »