« 秋の平成筑豊鉄道 その2 | トップページ | 秋の日田彦山線 その4 »

2018年10月16日 (火)

初秋の山口線 その8

最近はまっているテーマはススキ。 でも、ススキもコスモスや蓮の花同様相当な難敵です。(笑) 先ず線路との位置関係も去ることながら、晴れていても光線の差し込む方向で雰囲気が相当左右されます。 特に斑模様の天気の時はソワソワ、ドキドキの連続です。(;´▽`A``
↓画像は徳佐~船平山間の往路のSLやまぐち号です。 完全に晴れていればススキの感じが略完璧だったのですが、今回は見るも無残と言うか、ススキの一部にだけ光が当っています。 ほんの1~2分の差なんですがねぇ~。 これも撮影は一期一会と言われる所以でしょうか。
Yamaguchisen_1016
◆ 撮影日 2018年10月13日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

|

« 秋の平成筑豊鉄道 その2 | トップページ | 秋の日田彦山線 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の山口線 その8:

« 秋の平成筑豊鉄道 その2 | トップページ | 秋の日田彦山線 その4 »