« 深緑の久大本線 その6 | トップページ | 深緑の久大本線 その7 »

2018年7月25日 (水)

夏の山陰本線 その3

既にテレビや新聞等でも報道されていますが、現在豪雨災害により不通となっている日田彦山線の復旧計画が発表されています。 今年度中に復旧計画を策定し、来年度当初から復旧工事にかかると言うものですが、ここに来て又JR九州側が駄々をこねているようです。 「黒字になるような計画、若しくは沿線自治体の援助」が無ければ着工には踏み切れないとのことで、「黒字」って言葉を聴いた途端開いた口が塞がりませんでした。(゚Д゚)ハァ? ちなにみ「やさしくて力持ちの総合的なまちづくりの企業グループを目指す」のキャッチコピー、これは驚くなかれJR九州のものです。 鉄の「て」の字も入っていません。 このままで行くと、今後災害に遭った赤字路線は次々に廃線となり、近未来には九州から鉄道が無くなるかも知れません。 きっと不動産業って相当儲かるのでしょうね。 世の中金次第、公共なんて二の次、三の次、そんな声がJR九州のHPから聞こえて来ます。(笑)
↓三見~玉江間の東萩行です。 又、長々と愚痴ってしまいました。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
Saninhonsen_725
◆ 撮影日 2018年7月22日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

|

« 深緑の久大本線 その6 | トップページ | 深緑の久大本線 その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の山陰本線 その3:

« 深緑の久大本線 その6 | トップページ | 深緑の久大本線 その7 »