« 早春の三江線 その4 | トップページ | 早春の山陰本線 その2 »

2018年3月10日 (土)

早春の三江線 その5

昨日は職場の送別会のため更新できませんでした。o(_ _)oペコッ 三江線はその名のとおり広島県の三次市から島根県の江津市までのローカル線ですが、その殆どが江の川に沿って敷設されています。 不思議なことに源流は県境付近には無く、広島県のそれも相当瀬戸内海側にあるようです。(実際確認していませんのであしからず)^^; そう言うわけで三次市付近であれば当然瀬戸内海側に流れるイメージをずっと持っていたのですが、実際山奥側?に流れる光景を見る度に本当に不思議でなりませんでした。 三江線の七不思議と言ったところでしょうか。 え、不思議だと思っていたのは私だけ?・・・ですか。(;´▽`A``
↓画像は江津本町駅を出る三次行きです。 画面に見えるのが江の川、橋梁の向こう側は江の川の河口の基点となる日本海です。 こうやって見ると日本の川としては結構雄大ですよね。 中国地方有数の河川と聞いていましたが、これで納得しました。(*^^)v
Sankousen_310
◆ 撮影日 2018年3月2日
◆ 撮影地 三江線江津本町駅→省略

|

« 早春の三江線 その4 | トップページ | 早春の山陰本線 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の三江線 その5:

« 早春の三江線 その4 | トップページ | 早春の山陰本線 その2 »