« 冬の山口線 その17 | トップページ | 冬の平成筑豊鉄道 その2 »

2018年2月 4日 (日)

冬の平成筑豊鉄道 その1

トンネルを抜けるとそこは雪だった。 今日は何処に行くか色々と悩んだのですが、結局近場で済ましてしまいました。^^; ちなみに今日の北部九州(と言っても日田彦~平筑周辺のみです)の積雪状況ですが、北九州市小倉地区はほぼ0、金辺トンネルを抜けると徐々に雪が現れ、採銅所から香春付近までが1~5センチ程度、香春から平成筑豊鉄道の内田駅間は5~10センチ、そこから赤村、源じいの森に下ると急に積雪が増えて10~20センチ、多いところで30センチ程度だったと思います。 急な積雪に間に合わなかったのか、所々で車がスタックして警察やJAFの車が慌しく動いていましたので、やはり不要な外出は控えるのが宜しいようです。 こんなことを書くとお前もな!って、お叱りを受けそうですね。(;´▽`A``
↓画像は油須原~赤間の直方行きです。 ここでは雪の止むタイミングとたまたま合ってくれましたが、合う確率は多分1割も無かったと思います。 やはり数年に一度の寒波は本当かも知れませんね。(笑) 
Heiseichikuhoutetsudou24
◆ 撮影日 2018年2月4日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

|

« 冬の山口線 その17 | トップページ | 冬の平成筑豊鉄道 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の平成筑豊鉄道 その1:

« 冬の山口線 その17 | トップページ | 冬の平成筑豊鉄道 その2 »