« 秋の山口線 その22 | トップページ | 冬の山口線 その2 »

2017年12月17日 (日)

冬の山口線 その1

近場でのタイヤの慣らし運転のつもりが山口線まで行ってしまいました。(笑) しかし今日の山口線は大変奇妙な天気でした。 雪が積もっていたのは山口市内から篠目付近までで、そこから以北は殆どゼロ。 今までの経験からすると徳佐の県境付近をピークに、北上するほど雪が増えると思っていたのですが、何とも期待はずれと言うか不思議と言うか・・・。(@_@;)
↓画像は宮野~仁保間の往路のSLやまぐち号です。 
Yamaguchisen_1217
◆ 撮影日 2017年12月17日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

|

« 秋の山口線 その22 | トップページ | 冬の山口線 その2 »

コメント

山口市内に雪があって、徳佐や津和野に雪がないというのはめずらしいですね。
やはり、SLには雪がよく似合います。
十種ヶ峰スキー場のホームページを見ると、雪が薄っすらのようです。

去年までは、冬はスタッドレスに履き替えていましたが、
年に1回くらいしか雪道を走ることがないので、今は緊急時に備えてチェーンを積んでいます。
雪国ではスタッドレスがききにくい場合に備え、チェーンを携行しているようです。

クリスマスか正月に、C56を撮りたいと思っています。

投稿: 風弘法 | 2017年12月18日 (月) 13時53分

風弘法さん、今晩は。
昨日の雪は本当に不思議な感じでした。 山口市内の雪を見たら、誰だって長門峡から北は凄いだろうなぁ~とか思ってしまいますよね。^^; 完全に拍子抜け?(笑)
私も今週末は出掛ける予定にしているのですが、雪が期待出来ないとなると、少々テンションが下がり気味です。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2017年12月18日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の山口線 その1:

« 秋の山口線 その22 | トップページ | 冬の山口線 その2 »