« 初秋の山陰本線 その17 | トップページ | 初秋の山陰本線 その18 »

2017年10月29日 (日)

秋の山口線 その7

先日、被災した日田彦山線沿線の自治体とJR九州との間で話し合いの場が設けられたようです。 自治体側は早期の復旧を要望したそうですが、JR九州は回答を保留、被災状況の説明に留めたとか。 回答の保留は多分交渉を有利に進めるためだと思われますが、今後の交渉では、自治体側の協力(復旧費用の一部負担、復旧後の赤字の一部負担等)を求めて来るのでしょうか。(@_@;) 純粋な営利企業では仕方がありませんが、公共性の高い企業としての姿勢が問われる問題に発展するかも知れませんね。
↓画像は徳佐~船平山間の往路のSLやまぐち号です。
Yamaguchisen_1029
◆ 撮影日 2017年10月15日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

|

« 初秋の山陰本線 その17 | トップページ | 初秋の山陰本線 その18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の山口線 その7:

« 初秋の山陰本線 その17 | トップページ | 初秋の山陰本線 その18 »