« 晩秋の伯備線 その10 | トップページ | 冬の山陽新幹線 その3 »

2017年2月 4日 (土)

冬の山口線 その19

来週末の天気が気になり始めました。^^; と、言うことは大変遅い歩みですが、徐々に回復している証拠なのでしょうか。 しっかり治して、もし雪が降れば犬のように庭を駆け回って来たいと思います。(笑)
↓画像は篠目~仁保間の新山口行きです。
Yamaguchisen_24_2
◆ 撮影日 2017年1月15日
◆ 撮影地 山口線篠目駅~仁保駅間→こちら

|

« 晩秋の伯備線 その10 | トップページ | 冬の山陽新幹線 その3 »

コメント

インフルエンザに罹ったとのこと、大変でしたね。快方に向かっているようで何よりです。毎日のブログ更新、それもジャンルが鉄道写真に限ってことですから、私からすれば至難の技のように思えるのですが、「新米鉄ちゃん」さんのストレスになってはいないのでしょうか。それともストレス解消になり、寿命が延びた感じがしているのでしょうか。後者なら良いのですが、鉄道の神様が少し休みを与えてくれた様な気がしないでもないのですが。お体にお気をつけて、これからも私たちを楽しませて下さい。
冬の山口線16の写真印象的でした。辛子明太子色ですか。白い雪林をバックにそうとう目立ちますね。こんな写真を撮ってみたいです。

職場が郡山駅近くにあり、東北線が少し見えるのですが、昨日たまたま昼食中に、トランスイート四季島が北上しているところを目撃しました。新聞記事で見ていましたが、これがシャンパンゴールド色かと感心しました。。超ラッキー!!!

只見線の話題
「復興推進会議の検討会が行われ、上下分離方式で復旧した場合、線路や駅の保有管理を県が担う方向で調整。県が管理主体となり、沿線7市町村の負担軽減を目指す。
復旧費81億円のうち、JR東日本が1/3の27億円、残り54億円のうち、これまで県と市町村が積み立てた基金が21億円で、33億円は県が大半を負担する方針。年間維持費の2億1千万円のうち県が1億4700万円、残6300万円を会津17市町村で負担することになり、分担案では多い方から只見町が1936万円、金山町1303万円、会津若松市924万円となっている。県は今春にもJR東日本に再開通を要請する」
鉄路での普及は県が主導し決めたようで、沿線市町村の幹部からは、年間維持費の負担を心配し不満の声も上がっていたようです。さらなる県の負担割合の増額を求めていくとのことです。福島県の小さな町の年間負担額が約2千万円で、これが毎年続くとなると、本当に大丈夫だろうかと不安になります。この額に見合うだけの振興が図れればよいのですが、はたしてどうなるのでしょうか。
実情は知りませんが、福島県では震災復興費からと思われる公共の建物が沢山建っています。この財源が永久に続くものであれば、この先ずっと維持できるでしょうが、大丈夫なのでしょうか。表向きは原発事故を起こした東京電力がすべてを負担するような形にするのでしょうが、いくら大企業とはいえ、何十兆億円ものお金を負担できないのは明らかですので、結局は国民の税金が投入されていくことでしょう。
福島県民、日本国民として不安は大きくなるばかりです。話が暗くなりました。
長文失礼しました。

投稿: ばっけ | 2017年2月 5日 (日) 11時49分

ばっけさん、今晩は。
只見線情報+原発情報、ありがとうございます。 やはり九州にいると東北地方の情報はなかなか入って来ないようです。 いずれにしても先は長そうですね。(>_<) ただでさえ、福島原発の対応で四苦八苦しているので、果たして只見線の復旧まで手が回るのか・・・。 やはり希望を絶やすことなく気長に待つしかないのかも知れません。 

そうそう、やっと今日から出勤が可能となりました。(笑) ブログの更新については、まぁ、私の日課みたいなもので、苦になるとかならないとかでは無く、生活の一部になってしまったようです。^^; ただ、やはりインフルの時はPCを見るのも嫌だったこともあって、更新は不可能でしたが・・・と言うわけで更新=健康のバロメーターみたいなものなのかな。
ばっけさんも体調管理にはくれぐれもご注意下さいませ。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

追伸・・・
>トランスイート
豪華列車のようですね。 東日本の情報には疎いもので、こんな列車が走り出すことも知りませんでした。 JR西日本も何か新しい豪華列車を企画しているようだし、日本も二極化が進んでいるようで、少々複雑な心境です。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2017年2月 6日 (月) 19時38分

コメント頂き有難うございました。
「新米鉄ちゃん」さんのホームページに掛ける熱き思いを踏みにじることを書いてしまい、とても反省しております。大変申し訳ありませんでした。
只見線には、恥ずかしながら、まだ乗車したことがありませんので、復旧したら会津~小出間を往復乗車してみたいと思っています。微力ながら只見線を応援し続けていきたいと思います。
本当に申し訳ありませんでした。

投稿: ばっけ | 2017年2月 7日 (火) 07時22分

ばっけさん、今晩は。
いえいえ、私の方こそかっこを付けて強がってしまいました。^^; 根は本当に根性なし、甲斐性なしですので、あまり気にしない下さいね。 今後も時々で結構ですので、福島情報を送って頂ければ幸いです。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2017年2月 7日 (火) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の山口線 その19:

« 晩秋の伯備線 その10 | トップページ | 冬の山陽新幹線 その3 »