« 秋の日田彦山線 その2 | トップページ | 晩秋の久大本線 その1 »

2016年12月 4日 (日)

紅葉の只見線 その9

一橋、二橋、三橋と来ましたの第四橋梁の風景も一枚。(^^ゞ 本当は四橋を俯瞰から望めるポイントで撮ろうと思ったのですが、俯瞰に登ろうとすると曇ったり雨が降ったりと・・・。 今回は短期決戦だったため、泣く泣く俯瞰ポイントは諦めた次第です。(T_T)/~~~ 
↓画像は会津水沼~会津中川間の会津川口行きです。 
Tadamisen_124
◆ 撮影日 2016年11月3日
◆ 撮影地 只見線会津水沼駅~会津中川駅間→こちら

|

« 秋の日田彦山線 その2 | トップページ | 晩秋の久大本線 その1 »

コメント

鉄道の話題です。
JR東日本は豪華寝台列車「トランスイート四季島」の運行時の外観を初めて、日光駅で報道陣に公開。シャンパンゴールドの車体色で来年五月の運行開始予定。ディーゼルカーの機能も併せ持ち、北海道、、東北、関東甲信越地方を回るコースを設定。
只見線の協議会では、存続を求める声が多かったが、子供たちに負の遺産を残せない、バスのほうが便利という意見もあった。
豪華寝台列車にも乗ってみたい気もするが、私にとっては、ローカル線が廃線になるほが影響が大きいなあ。
本日19時からBS朝日で鉄道絶景の旅4時間スペシャル磐越西線・只見線の旅、陸羽東線・陸羽西線の放送があったことに、今気づきまた。しょぼ~ん。

投稿: バッケ | 2016年12月 6日 (火) 23時57分

バッケさん、今晩は~。
社会の二極化でしょうか。 特別なトワイライトに始まり、九州の七つ星、JR東日本の四季島等々、豪華列車が次々と誕生する中にあって、採算のとれないローカル線は徐々に消滅して行く・・・。何となく今の社会(弱いものを切り捨てる)の縮図を見ているような気がします。
只見線、本当にどうなってしまうのでしょうね。(@_@;) 

投稿: 新米鉄ちゃん | 2016年12月 7日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の只見線 その9:

« 秋の日田彦山線 その2 | トップページ | 晩秋の久大本線 その1 »