« 初夏の山陽本線 その8 「トワイライトエクスプレス」 | トップページ | 初夏の山陽本線 その9 「トワイライトエクスプレス」 »

2015年6月16日 (火)

深緑の山口線 その2

気温が高いと煙が期待出来ない・・・こんな噂が山口線の撮影者の間では囁かれていますが、この答えは半分正解、半分不正解だと思います。 要するに自然現象から言えば気温が高くなることによって煙が薄くなるのは分かるのですが、そんな常識は山口線では通用しません。(笑) 数年山口線へ通い続けた私の答えは、そう運転手さん次第だと言うことです。 ギャラリーや何等かのイベントがある時には、まず間違いなく爆煙が期待できます。 反対にギャラリーが少ないとそこそこの煙で軽やかに通過して行きます。(笑) ただ、これも100パーセントではありませんので、そう言う傾向にあると言った方が正解かも知れません。 ぶっちゃけた話、爆煙かそうでないかとの違いはずばり「運次第」・・・最後はそんな結論に達した次第です。(笑) 
↓画像は津和野~船平山間の復路のSLやまぐち号です。
Yamaguchisen_616
◆ 撮影日 2015年6月6日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

|

« 初夏の山陽本線 その8 「トワイライトエクスプレス」 | トップページ | 初夏の山陽本線 その9 「トワイライトエクスプレス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の山口線 その2:

« 初夏の山陽本線 その8 「トワイライトエクスプレス」 | トップページ | 初夏の山陽本線 その9 「トワイライトエクスプレス」 »