« 春色の久大本線 その6 | トップページ | 春色の日田彦山線 その9 »

2015年4月22日 (水)

春色の平成筑豊鉄道 その4

「赤」って変わった駅名だと思いませんか? 赤村だからと言うのは分かるのですが、せめて赤村駅とか○○赤駅とかにはならなかったのでしょうか?^^; なぁ~んって勝手なことをほざいていますが、地元の方にとっては歴史も知らずに馬鹿なことを・・・と多分言われるでしょうね。(笑)
↓画像は赤~油須原間の行橋行きです。
Heichikutetsudo_422
◆ 撮影日 2015年4月4日
◆ 撮影地 福岡県田川郡赤村内田→こちら

|

« 春色の久大本線 その6 | トップページ | 春色の日田彦山線 その9 »

コメント

こんにちは。

とっても春爛漫、メルヘンな世界が広がる作品ですね。(^^)
九州の春シリーズ、どの作品もカラフルでほんわかした気分にさせてくれますよ♪

先日書かれていたことですが
地図のリンクが外れちゃったのですね。
GWには、鉄ちゃんさんの作品を導に山口号に
いってみようと思っておりました。 (;ω;) 残念!!

ひとつ教えてくだされば有難いです。
仁保のあたりから始めて徳佐あたりまでR9を利用して、2か所くらいは追っかけは余裕でょうか?
何度も走ったことある道ですが、鉄道に興味が無かった頃なので・・・・・
よろしくお願いしますo(_ _)oペコッ

投稿: みなみかぜ | 2015年4月23日 (木) 20時35分

みなみかぜさん、今晩は~。
お久し振りです。 私の方も時々みなみかぜさんのサイトを覗かせて頂いています。 三年間お世話になったところですので、やはり季節季節の風景の移り変わりは気になりますよね。
ところで照会の件ですが、問題は出発地点になります。 宮野~仁保の間であれば、余裕で長門峡、地福、徳佐付近のポイントは間に合うと思います。
ただ、仁保~田代トンネル間の山間部に入ってしまうと、まず追いつくことは出来ないかも知れません。 もし道路が混雑していなければ、地福~徳佐間で追いつくことも可能ですが、GW等であれば少々難しいような気がします。
要するに仁保から田代間の山間部、それも俯瞰ポイントに入ってしまうと、往路は一発勝負になる可能性が高いと言うことです。

時刻表を見て頂ければ分かるように、山口号は地福駅で相当長時間停車します。 この長時間の停車で追いつくことが出来るポイントを選べば往路でも最低3ポイントは撮影することが出来ますので、最初にも言ったように最初のポイントが重要かも知れませんね。(^^ゞ

一般的には「大山路」→「逆篠」→「長門峡」→
「地福」→「徳佐」が定番の順番です。
これで参考になったでしょうか。(^_^;)

又、何か分からないことがあったら遠慮なく聞いて下さいね。 あくまでも知ってる範囲ですが、お答えしたいと思います。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2015年4月23日 (木) 22時28分

鉄ちゃんさん、早々のご回答ありがとうございます。 

どこ行こうか考えて、ググっている時が一番楽しいですね。
アドバイスを参考にプランしてみます。

ありがとうございました。

投稿: みなみかぜ | 2015年4月23日 (木) 23時22分

とても素敵な場所で素敵な一枚ですね〜
春の美しさがいっぱいですね!
来年はここにも訪れたくなりました

投稿: いこちゃん | 2015年4月24日 (金) 11時29分

みなみかぜさん、今晩は~。(^^ゞ
お役に立てば良いのですが・・・私も時々山口線へ出没しますので、その際は又宜しくお願いします。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2015年4月24日 (金) 22時26分

いこちゃん さん、今晩は~。
お褒めにあずかり恐縮しております。^^; 平成筑豊鉄道ですが、春は至るところに桜や菜の花が咲いていて、長閑に春の風景を撮るにはぴったりのところですよ。 来春のお越しをお待ちしております。(*^^)v

投稿: 新米鉄ちゃん | 2015年4月24日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春色の平成筑豊鉄道 その4:

« 春色の久大本線 その6 | トップページ | 春色の日田彦山線 その9 »