« 冬の山陽新幹線 その3 | トップページ | 雪の山口線 その15 »

2015年2月 5日 (木)

冬の芸備線 その13

出来ればもう30センチぐらい右に寄りたかったのですが、雪で隠れている足場の部分がどうしても不安でこれ以上寄ることが出来ませんでした。 多分西日本の山陽側や九州ではめったにあることではないと思うのですが、一冬に数メートル積もるような豪雪地帯では、たまに側溝や小さな小川が雪に埋もれて隠れている場合があります。 特に小さな小川は厳冬期に凍ったところに雪が降り積り、気温が上がるにつれて小川が流れ出すと、丁度そこだけ空洞になってそうれはもう危険と言うか命がけと言うか・・・(少々オーバーでした)^^; 私も東北の米坂線へ行った際、山形県の明沢付近の林道を歩いていた時にこのアクシデントに遭遇してしまいました。(笑) どうでしょう、自分の背丈ぐらい落ちたでしょうか。 そのことがどうしてもトラウマになっていて、今でも雪道では結構ビビリかも知れません。(;´▽`A`` ちなみにその雪道で骨折もしたことがあります。(笑)
↓画像は下深川~玖村間の上りの普通列車です。
Geibisen_25
◆ 撮影日 2015年1月1日
◆ 撮影地 広島県広島市安佐北区真亀4丁目→こちら

|

« 冬の山陽新幹線 その3 | トップページ | 雪の山口線 その15 »

コメント

こんばんは。

この日はありがとうございましたo(_ _)oペコッ
私ももうすこし右と思っていましたが
鉄ちゃんさんの足跡でとどまったのを
思い出しました。(^-^;
車体にもしっかり雪が着いてとってもいい雰囲気のカットですね。

芸備線その12はもしかして、川の中からの撮影ですか?
私もこの日、雪山をさがしてウロウロしていました。
私も昨晩は雪が降るかなと、チョッピリ楽しみにしていましたが・・・・・

投稿: みなみかぜ | 2015年2月 6日 (金) 19時18分

みなみかぜさん、今晩は~。
足跡、分かりましたか。^^; 結構慎重と言うか、ビビッているのがばれてしまいましたね。(笑)
>川の中からの撮影
はい、ご想像のとおり川の中からの撮影です。 長靴を履いて、液晶がバリアングル?のカメラを使って撮影して見ました。 ただ、このアングルの欠点は結構腰に来ることでしょうか。 と言うことで腰の悪い方にはお勧め出来ません。(;´▽`A``

投稿: 新米鉄ちゃん | 2015年2月 6日 (金) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の芸備線 その13:

« 冬の山陽新幹線 その3 | トップページ | 雪の山口線 その15 »