« 深緑の山口線 その33 | トップページ | 深緑の山口線 その34 »

2014年9月 3日 (水)

夏の山陰本線 その1

山口線の全通と併せるように山陰本線の不通区間も約一年振りに開通しました。 今回の撮影では不通区間だった須佐~奈古をメインに行って見たのですが、一年経った今でも至る所で豪雨災害の爪痕が残っていました。(@_@;) やはり自然には人間は無力なのかも知れませんね。 例の大震災以降、巷では「防災、防災」と連日のように叫ばれていますが、所詮人間が自然を完全にコントロールしようなんて思うこと自体が間違いのような気がするし、減災、避難が最も現実的だとは思いませんか。(^_^;)
↓画像は須佐~宇田郷間の萩行きです。 ここも昨年までは伐採跡地等から見通しが利いたのですが、現在は伐採跡地も背丈ほどの木々や雑草により覆われているし、脚立を使えば見えた箇所も、木々の成長?からか殆ど見通すことは出来ません。 このポイントも既に絶滅危惧ポイントになりつつあるようですね。(T_T)/~~~
Saninhonsen_93
◆ 撮影日 2014年8月25日
◆ 撮影地 口県阿武郡阿武町惣郷→こちら
※ 宇田郷から須佐に抜ける山道は至るところで土砂崩れ等が発生しており、通行止め若しくは工事中の箇所が何箇所かあります。 又、路面が崩壊しているところも多数ありますので、身の安全を考えた場合には現時点では100パーセントお勧めは出来ません。

|

« 深緑の山口線 その33 | トップページ | 深緑の山口線 その34 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の山陰本線 その1:

« 深緑の山口線 その33 | トップページ | 深緑の山口線 その34 »