2013年6月 7日 (金)

新緑の山口線 その20

明日から久し振りに山口線へ行って来ます。(^^ゞ 久し振りと言ってもたった2週間ですが。(笑) 今回の目的の一つには前回無くした携帯の捜索、それにポイントへの到達が困難と言われる俯瞰ポイントの発見です。 一応山用のナビ、携帯型の鎌、マーキング用の紐(帰りには外します)などは用意したのですが、自信の程はと言えば、どちらも正直ありません。^^; 後は運次第、神様、仏様次第と言ったところでしょうか。
↓画像は徳佐~船平山間の往路のSLやまぐち号です。
Yamaguchisen_67
◆ 撮影日 2013年5月5日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

新緑の山口線 その19

SLでなくて申し訳ありません。 今頃になって気が付くのもどうかと思いますが、3月のダイヤ改正で昼間の普通列車の本数が少なくなっているようですね。 ローカル線の宿命かも知れませんが、本数の減少⇒利便性の悪化⇒利用者の減少⇒本数の減少の悪循環に陥らないと良いのですが・・・(@_@;)
↓画像は篠目~仁保間の山口行き普通列車です。 ここでは線路際のタンポポとアザミらしき野草が綺麗だったため、久し振りに花ピンで撮って見ました。(*^^)v
Yamaguchisen_65
◆ 撮影日 2013年5月6日
◆ 撮影地 山口県山口市仁保中郷→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

新緑の山口線 その18

いつもの徳佐のカーブでいつもの流し撮り。(*^^)v 今回は1/20秒まで落として見たのですが、やはり少々ぶれているようですね。 まぁ、私の実力では多分こんなものでしょう。(笑)
↓画像は徳佐~船平山間の往路のSLやまぐち号です。
Yamaguchisen_64
◆ 撮影日 2013年5月18日
◆ 撮影地 いつもの徳佐のカーブ→省略

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

新緑の山口線 その17

この時間帯に更新していると言うことは、そう、今週末の携帯探しは諦めました。 どうも雨が予想以上に長引いているのと、落としたと思われる斜面の傾斜が相当きついため、状況的にこれから雨が上がっても多分先週よりも滑りやすいと判断したからなのですが・・・さて、この根性無しの判断が将来吉と出るか凶とでるか。←(いつも大袈裟です)(笑) 
↓画像は篠目~仁保間の篠直のSLやまぐち号です。 「爆煙で有名なポイントでも時にはこんなこともあります」って見本みたいな煙ですよね。 通過直後には大きなため息とともに「もう三度目だよ~」っと叫んでいた撮影者の方の声が付近の山々にこだましていました。 ちなみに私の場合には、篠直での勝率は5割程度だと思います。(;´▽`A``
Yamaguchisen_62
◆ 撮影日 2013年5月18日
◆ 撮影地 篠直→定番ポイントにつき省略 m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

新緑の山口線 その16

今週末はあまり天気が良くない見たいですね。 さて、携帯を探しに行くかどうか・・・でも、99パーセント多分見つからないでしょうね。 迷ったあげくに落とした場所も分からないでは、もし見つかったら奇跡に近いかも知れません。(笑)
↓画像は徳佐~船平山間の往路のSLやまぐち号です。 最近気が付いたのですが、爆煙ポイント言われる篠直よりも、この徳佐の方が爆煙率が高いような・・・それともたまたまなのかな。(;´▽`A`` 
Yamaguchisen_531
◆ 撮影日 2013年5月25日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略o(_ _)oペコッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

新緑の山口線 その15

例年より早く梅雨入りしたところが多いようですね。 これから暫くの間は週間予報を気にしながらの撮影になりそうです。 ただ、SLに限って言えば雨模様若しくは雨上がりで湿度が高いと、糸を引くような白い煙(水蒸気?)がホント綺麗なんですよねぇ~。(*^^)v 雨の日には雨でしか撮れない風景がある・・・どちらかを言えば、どんよりした曇り空よりも雨の方が私は好きかも知れません。
↓画像は長門峡~渡川間の往路のSLやまぐち号です。 天気が良かったら広角で青空を狙って見ようと思っていたのですが、生憎の曇天だったため、ここでは河原にちょっとだけ咲いていた野草の花(野菊?)にスポットを当てて見ました。(;´▽`A``
Yamaguchisen_529
◆ 撮影日 2013年5月25日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

新緑の山口線 その14

久し振りに山で道に迷いました。^^; せっかくアウトドア用のナビを購入したのに、先ずこれを持って入るのを忘れ、途中分かれ道が数箇所あったのに、何の目印も付けずに自分の勘だけで進んでしまったのが悪かったようです。 今回の一件で反省すること、それに得るものが沢山ありました。 標高の低い山でも侮らない、準備は万全に、迷ったらとりあえず戻ること等々、山に登る方にとっては当たり前のことですが、人間、喉元を過ぎると熱さを忘れると言うか何と言うか・・・(;´▽`A`` しかし、今回一番痛かったのは携帯を紛失したことでしょうか。 迷っている間、何度か斜面をずり落ちましたので、多分この時に無くなったのかと。 次の機会に探しに行っても多分分からないだろうなぁ~。←(懲りずにリベンジを考えているらしい)(笑)
↓画像は宮野~仁保間の下りのSLやまぐち号です。 通称19.2キロポイントと言われるところですが、淡かった新緑もだいぶ緑が濃くなって来たようです。 新緑とSLのコラボが見られるのも後僅かですね。(^^♪
Yamaguchisen_526
◆ 撮影日 2013年5月25日
◆ 撮影地 山口県山口市宮野上→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

新緑の山口線 その13

今週末は又晴れのようですね。 最近天気の良い日が続いているようですが、ダムの水の方は大丈夫なのでしょうか。(@_@;) まぁ、本格的な梅雨はこれからですから、私が心配するようなことではないのかも知れませんね。
↓画像は津和野の本門前踏み切りを通過する登りのSLやまぐち号です。 花の蜜ならぬこの煙が人を寄せ付けるようです。(笑)
Yamaguchisen_524
◆ 撮影日 2013年5月18日
◆ 撮影地 定番ポイントにつき省略

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

新緑の山口線 その12

人が少ないと煙も少な目。 多分この法則は当たっているような気がします。^^; ↓画像はいつもの徳佐のカーブです。 この日の撮影ポイントで期待通りの煙が出たのは唯一、徳佐のカーブだけでした。 人が大勢集まるゴールデンウィークや11月の最終運転日等では、「え!こんな所でも」って感じで煙の大サービスがあるのですが、これから暫くの間は、撮影者も少な目だし、加えて気温が次第に高くなって来ますので、外れ(スカ)に遭遇する回数が多くなるかも知れませんね。(笑)
Yamaguchisen_520
◆ 撮影日 2013年5月18日
◆ 撮影地 いつもの徳佐のカーブ→省略

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

新緑の山口線 その11

山口線はゴールデンウィーク明けを狙え・・・これは昨年の私の経験からです。^^; 5月~梅雨明けの7月までは実際ゴールデンウィークや重連運転時に比べると、撮影者の数は半数以下、天気が悪いとメジャーな撮影地であっても誰も居ないことがあります。 周りを気にせず自由に撮りたい方、混雑するところが嫌な方は今がチャンスかも。(笑)
↓画像は仁保~篠目間の往路のSLやまぐち号です。 ここではSLは脇役に回ってもらい、どちらかと言えば新緑メインで撮って見たのですがどんなものでしょうか。(;´▽`A``
Yamaguchisen_518
◆ 撮影日 2013年5月18日
◆ 撮影地 山口県山口市仁保中郷→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

いすみ鉄道 2015年秋 | その他の路線 | その他の路線(信越・羽越・etc) | 中国地方各線 2012年冬 | 中国地方各線 2012年春 | 中国地方各線 2012年秋 | 中国地方各線 2013年冬 | 中国地方各線 2013年夏 | 中国地方各線 2013年春 | 中国地方各線 2013年秋 | 中国地方各線 2014年冬 | 中国地方各線 2014年夏 | 中国地方各線 2014年春 | 中国地方各線 2014年秋 | 中国地方各線 2015年冬 | 中国地方各線 2015年夏 | 中国地方各線 2015年春 | 中国地方各線 2015年秋 | 中国地方各線 2016年冬 | 中国地方各線 2016年秋 | 仙山線 2010年秋 | 仙山線 2011年冬 | 会津鉄道 2010年冬 | 会津鉄道 2011年冬 | 会津鉄道 2011年秋 | 会津鉄道 2015年秋 | 会津鉄道 2016年秋 | 北上線 2009年秋 | 北上線 2010年秋 | 北部九州各線 2011年冬 | 北部九州各線 2011年夏 | 北部九州各線 2011年春 | 北部九州各線 2011年秋 | 北部九州各線 2012年冬 | 北部九州各線 2012年春 | 北部九州各線 2012年秋 | 北部九州各線 2013年夏 | 北部九州各線 2013年春 | 北部九州各線 2014年冬 | 北部九州各線 2014年夏 | 北部九州各線 2014年春 | 北部九州各線 2015年冬 | 北部九州各線 2015年夏 | 北部九州各線 2015年春 | 北部九州各線 2015年秋 | 北部九州各線 2016年冬 | 北部九州各線 2016年夏 | 北部九州各線 2016年春 | 北部九州各線 2016年秋 | 南部九州各線 2011年夏 | 南部九州各線 2011年秋 | 只見線 2008年冬 | 只見線 2008年夏 | 只見線 2008年春 | 只見線 2008年秋 | 只見線 2009年冬 | 只見線 2009年夏 | 只見線 2009年春 | 只見線 2009年秋 | 只見線 2010年冬 | 只見線 2010年夏 | 只見線 2010年春 | 只見線 2010年秋 | 只見線 2011年冬 | 只見線 2011年春 | 只見線 2011年秋 | 只見線 2015年秋 | 只見線 2016年秋 | 四国地方各線 2012年夏 | 四国地方各線 2012年秋 | 四国地方各線 2013年夏 | 四国地方各線 2013年秋 | 四国地方各線 2014年冬 | 大糸線 2008年冬 | 大糸線 2008年夏 | 大糸線 2008年秋 | 大糸線 2009年夏 | 大糸線 2009年春 | 大糸線 2009年秋 | 大糸線 2010年冬 | 大糸線 2010年夏 | 大糸線 2010年春 | 山口線 2011年冬 | 山口線 2011年夏 | 山口線 2011年春 | 山口線 2011年秋 | 山口線 2012年冬 | 山口線 2012年夏 | 山口線 2012年春 | 山口線 2012年秋 | 山口線 2013年冬 | 山口線 2013年夏 | 山口線 2013年春 | 山口線 2013年秋 | 山口線 2014年冬 | 山口線 2014年夏 | 山口線 2014年春 | 山口線 2014年秋 | 山口線 2015年冬 | 山口線 2015年夏 | 山口線 2015年春 | 山口線 2015年秋 | 山口線 2016年冬 | 山口線 2016年夏 | 山口線 2016年春 | 山口線 2016年秋 | 山口線 2017年冬 | 山陰本線 2011年夏 | 山陰本線 2012年冬 | 山陰本線 2012年夏 | 山陰本線 2013年春 | 山陰本線 2014年春 | 山陰本線 2015年冬 | 山陰本線 2015年夏 | 山陰本線 2015年秋 | 山陰本線 2016年冬 | 山陰本線 2016年夏 | 山陰本線 2016年春 | 山陰本線 2016年秋 | 岡見貨物 2012年秋 | 平成筑豊鉄道 2012年冬 | 平成筑豊鉄道 2012年春 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 磐越西線 2008年冬 | 磐越西線 2008年夏 | 磐越西線 2008年春 | 磐越西線 2008年秋 | 磐越西線 2009年冬 | 磐越西線 2009年夏 | 磐越西線 2009年春 | 磐越西線 2009年秋 | 磐越西線 2010年冬 | 磐越西線 2010年夏 | 磐越西線 2010年春 | 磐越西線 2010年秋 | 磐越西線 2011年冬 | 磐越西線 2011年秋 | 米坂線 2008年冬 | 米坂線 2008年夏 | 米坂線 2008年春 | 米坂線 2008年秋 | 米坂線 2009年冬 | 米坂線 2009年夏  | 米坂線 2009年春 | 米坂線 2009年秋 | 米坂線 2010年冬 | 米坂線 2010年夏 | 米坂線 2010年春 | 米坂線 2010年秋 | 米坂線 2011年冬 | 米坂線 2011年春 | 米坂線 (在りし日) | 趣味・グルメ・日記 | 趣味・日記 | 高山本線 2010年秋