« 紅葉の土讃線 その8 | トップページ | 紅葉の土讃線 その9 »

2013年12月 8日 (日)

紅葉の伯備線 その9

さて真打の登場です。 とは言っても今の時期の伯備線の貨物は本当に撮り難いですよね。 この3081レも米子側で撮ろうとすると露出的には江尾から北側が限界のようです。 米子側では早朝の時間帯に上りが1本、下りが2本貨物列車が走っているのですが、撮影出来る区間が短いため、十分に計画を練って行かないと、二兎ならぬ「三兎を追うもの一兎しか得ず。」になりかねません。(;´▽`A`` これは私がこの前の伯備線の撮影で学習したことです。(笑)
↓画像は岸本~伯耆大山間の3081レです。 この49号機も今は結構レアな機関車のようですが、聞いた話では数年前はこれが普通に走っていたらしく、撮影者にとっては余り歓迎されない存在だったようです。 と言うことは原色機か「0」番台がレアな存在で、この塗装の機関車は外れ・・・だったのかな?∑(=゚ω゚=;) 羨ましいですね。
Hakubisen_128
◆ 撮影日 2013年12月1日
◆ 撮影地 鳥取県西伯郡伯耆町吉長→こちら

|

« 紅葉の土讃線 その8 | トップページ | 紅葉の土讃線 その9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の伯備線 その9:

« 紅葉の土讃線 その8 | トップページ | 紅葉の土讃線 その9 »