« 晩秋の本四備讃線 その1 | トップページ | 紅葉の伯備線 その1 »

2013年11月22日 (金)

紅葉の土讃線 その2

前に「今回は色々ありました」と書きましたが、天候にも相当振り回されました。 寒気が流れ込んでいるのが原因なのは分かっていたのですが、それでも当然の雨に見舞われたり、斑状態の雲にも散々泣かされました。 もう晴れなくてもいいからこのクルクル変わる天気を何とかしてくれぇ~って何度思ったことか。(笑) 今思えば昨年よりも条件は悪かったような気がします。 ただ、これも運だと思って諦めるしか無いのかも知れませんね。(T_T)/~~~
↓画像は三縄駅に停車中の阿波池田行きの普通列車です。
Dosansen_1122
◆ 撮影日 2013年11月18日
◆ 撮影地 徳島県三好市池田町中西→こちら

|

« 晩秋の本四備讃線 その1 | トップページ | 紅葉の伯備線 その1 »

コメント

今晩は~。

>今の時期は体が二つあっても~
分かりますね~。桜も紅葉も足が早いから優先順位を決めるしかないですよね~。「二兎を追う者~」ホント、昔の人は上手い言い方を考えたものだな~っと思います。

>手持ち撮影の欠点と言えば~
確かに・・・。待っている間、ず~っと構えていないといけないのは辛いかも。(^-^;

>「手形は延長するんですか」~
これも、確かに・・・。言われてみると、言えません。

>中国地方に住んでいないかも~
え~、まさか内示が出ているのでしょうか~。「釣りバカ日誌」の浜ちゃんを思い出しました。色々な場所で釣りを楽しみたいから異動や出張に積極的な浜ちゃん。

>良くありませんよ~
スイマセン。撮影に行って結果の有無によってはモチベーションが変わりますよね。紅葉情報などを元に計画を立てて1日掛かりで赴くわけだから、そこで期待した景色と大きく異なればショックですよね。軽率なコメントをして、すいませんでした。

>津和野から益田間が昨日から~
そうなのですか。喜ばしい事です。津和野~地福は来年夏との事ですが、あまり時間はないように思えるので早急な対応をしていただかないと。

「備後落合行きの普通列車」の作品は記事を読んで驚きました。最終が16時ころなんて。とても通勤には使えないですね。そのようなダイヤだと役割を果たせていないですね~。(^-^;
それに1日3往復なんて。まだ、只見線の方が良いような。でも、そう感じさせる沿線風景ですね。赤い尾灯が寂しさを助長しているようです。

豊永~土佐岩原間の上りの「南風」は、また手持ちでは辛い状況だったのでは。時刻表を見ると次は大歩危になっていたので、特急が何時に通過するか予め確認しておかないと構えたままになりますかね~。この作品も最初は列車の場所が分かりませんでした。最近、「ウォーリーを探せ」みたいになっているような・・・。

「サンライズ瀬戸」は、寒い中、お疲れ様でした。鼻をかみすぎて鼻先が赤くなっていたりして・・・。私は、このくらいの淡い色でもイイ雰囲気だと思います。下のタンカーがアクセントになっていてイイですね。

今回の作品は、秋真っ盛りで見応えがあります。また、近景と遠景がハッキリ分かれている印象で不思議な仕上がりに感じます。そして、駅に停車している列車が山の中でポツンと佇む姿が寂しいような存在感を出しているような、これまた不思議な感覚でした。秋の色彩はイイものですね~!

投稿: HIDE | 2013年11月22日 (金) 23時21分

HIDEさん、今晩は~。
今年の秋の大イベントも無事?終了しました。 無事と言うのは無事に帰って来たと言うことで、道中は本当に色々ありました。 雨の中での撮影では目の前を通過した車が近くのカーブでスリップしてガードレールに衝突!(@_@;) 幸いにも車の全部が凹んだくらいで運転者には怪我は無かったようですが、自走することは出来なかったようです。 いや、本当にびっくりしました。

後は記事に書いたようなアクシデントが何回か・・・^^; もう、これだけついてないと笑ちゃいますよね。

>まさか内示が出ているのでしょうか
いえ、内示は大体2月下旬頃になります。 ただ、異動のサイクルが通常であれば2~3年ですので、次の3月で2年目と言うことは・・・まぁ、こればかりは出て見ないと分かりませんけどね。(笑) でも、九州は1年で転勤だったしなぁ~。 出来たら3年は居たいと思っているのですが、今まで希望が通ったことはありません。^^; 山口線の完全復旧も見たいですもんね。

>特急が何時に通過するか予め確認しておかないと
実はですねぇ~。 ここは画像で見えるポイントの少し先の部分がちょっとだけ見ることができるんですよ~。(笑) ほんの1~2秒程度ですが、ヘッドライトだとはっきり分かりますので、このタイミングでカメラを構えることにしています。 こんなポイントもあれば、HIDEさんの言われるように、通過前から長時間緊張するポイントもあるし、これが手持ちの欠点かも知れません。

>下のタンカーがアクセント
イメージ的には橋梁の下を手前に向けて航行している船舶との絡みを狙っていたのですが、いつもの通り動くものを二つ絡めることは至難の技のようです。(;´▽`A``

最近一気に冬らしい気候になって来ましたね。 気温の寒暖の差大きいようですから、HIDEさんも体調管理には気をつけて下さい。 って、私が一番風邪を引くようなことをしているかも・・(笑)
では。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年11月23日 (土) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の土讃線 その2:

« 晩秋の本四備讃線 その1 | トップページ | 紅葉の伯備線 その1 »