« 初秋の伯備線 その16 | トップページ | 「祝」復活やまぐち号 その3 »

2013年10月25日 (金)

初秋の伯備線 その17

霧雨に煙る伯備線・・・サブタイトルを付けるとしたらこんな感じでしょうか。^^; でもこうやって見ると雨の日の撮影も何となく趣がありますよね。 今までの経験って言っても僅か数年ですが、これからの紅葉の時期は、雨、若しくは雨上がりの時の紅葉が一番しっとりと綺麗に見えるような気がします。 まぁ、あくまでも個人的な感想ですから、この件に関しては色々と意見はあると思いますが、試しに一度雨に濡れた真っ赤なモミジを見て貰ったら、もしかすると考えが変わるかも知れません。(笑)
↓画像は生山~上石見間の普通列車です。 この付近も渓谷になっていますので、時期さえ合えば、きっと鮮やかな紅葉に出会えることが出来ると思いますよ。(v^ー゜)
Hakubisen_1025
◆ 撮影日 2013年10月15日
◆ 撮影地 鳥取県日野郡日南町下石見→こちら

|

« 初秋の伯備線 その16 | トップページ | 「祝」復活やまぐち号 その3 »

コメント

今晩は~。

>昔見た映画で「パーフェクトストーム」~
観た事あります。ラストの大波に向かって突っ込む漁船は迫力がありました。でも、それ以上に乗組員の人間模様を描いた深いドラマの印象があります。台風の合体で、私は「デイ・アフター・トモロー」を思い出しました。私も27号と28号の発生をニュースで見た時、合体を連想しました。仰る通り、気になりますね。

>沖縄にも北海道~
北海道なら撮影したいシーンは沢山あるので、行ったみたいですね~。

>那覇にはモノレールが~
そうかも知れませんね。でも見たり乗る分にはイイですが撮影対象にはなりませんよね~。

>ディーゼル機関車が引く~
確かにそれはありますね。そして木次線は自然が豊かで魅力的な路線ですね。四季を通して楽しめそうですね。

>行くことに決めました。
そうですか~。明日の天気は晴れ後曇りですね。通過時は晴れてくれるとイイですね!

>助手~
てことは、どなたかについて修行するという事ですかね~。鉄道写真で生計を立てている方は羨ましいと思う反面、プレッシャーもかなりあるのだろうな~っと思います。

>雨上がりの時の紅葉~
そうですね~。私も好きかも知れません。今回のように山肌のグラデーションやしっとり感、砂利やレールが濡れている様は雰囲気が良くて好きです。また列車の前照灯も僅かにグラデーションが掛かるので好きです。背景によって合う天気が変わってくると思います。

投稿: HIDE | 2013年10月25日 (金) 23時15分

HIDEさん、今晩は~。
>明日の天気は晴れ後曇りです
(^_^;) 言い方が悪かったようで申し訳ありません。 やまぐち号の運転は次の週末になります。 今、ポイントを何処にしょうかと色々悩んでいるのですが、山口線の常連さん達のブログを見ると、行く気まんまんのようですから、やはり混雑は避けられないようです。 まぁ、定期運行と違って、今回はお祭り見たいなものですから、仕方がないのかも知れませんね。(笑)

>木次線は自然が豊かで魅力的な路線
そうなんですよぉ。 特にループ橋付近や三段スイッチバック付近は未だ々新しいポイントが見つかりそうなのですが、兎に角忙しくて時間がありません。^^; と、言うよりもあれもこれも、あっちもこっちもって気が多すぎるのがいけないのかも知れませんね。 

>プレッシャーもかなりあるのだろうな
趣味だから続いているってこともありますよね。 仕事にしたらHIDEさんの言われるように、もしかすると嫌いになるような気がします。 ってことで今のところ趣味を超えるつもはありません。 どんな仕事でも楽な仕事はありませんもんね。

明日は好天のようです。 柿かススキを求めて中国山地の何処かへ行って見ようと思っているのですが、さて何処にしようかと…やはりいつものように犬も歩けばになりそうですね。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年10月26日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の伯備線 その17:

« 初秋の伯備線 その16 | トップページ | 「祝」復活やまぐち号 その3 »