« 初秋の木次線 その4 | トップページ | 深緑の伯備線 その11 »

2013年10月11日 (金)

初秋の芸備線 その13

今の時期にしてはこの三連休の天気はまぁまぁのようですね。 後は例の列車が運用表通りに来てくれるかどうかなのですが・・・こうなったらジタバタせずに静かに神か仏にお祈りでもしましょうか。(;´▽`A``
↓画像は志和口~井原市間の往路の「ちどり号」です。 出来たら又こんな企画をして欲しいのですが、私達にはどうすることも出来ませんので、後はJR西日本さんの太っ腹に期待するしかないようです。人( ̄ω ̄;)
Geobosem1011
◆ 撮影日 2013年9月7日
◆ 撮影地 広島県安芸高田市向原町有留→こちら

|

« 初秋の木次線 その4 | トップページ | 深緑の伯備線 その11 »

コメント

今晩は~。

やっぱり、俯瞰は見応えがありますね~。(o^-^o) 民家を見ると立派で大きい家ばかりですね。近代的なデザインではないので「急行ちどり」と相まって昭和のような雰囲気ですね。この辺りの山の木は紅葉にならないような種類ですかね。でも、ここが奇麗に紅葉したら素晴らしい景色でしょうね~。

下の「備後落合~油木間の復路のおろち号」は仰る通り、紅葉は見応えがありそうですね。この山は奇麗に紅葉しそうな木ばかりですね。そして川が水鏡になったら最高ですね!

投稿: HIDE | 2013年10月12日 (土) 00時49分

HIDEさん、おはようございます。
返信が遅れて申し訳ありませんでした。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・ 今週は例の歓迎会やら色々あって…あ、それにしては毎日更新しているじゃないか!って突っ込みは無しでお願いします。(笑)
しかし、今回異動されて来た方は相当な酒豪でした。 宴会が始まる前に「私は一升は大丈夫ですから」とか「私も○○ぐらいは大丈夫ですから」等々、何とも恐ろしい戦線布告をしていたのですが、それが事実だと知った時には、更に恐怖を感じました。Σ( ̄ロ ̄lll) こんな人とこれから付き合うと思うと…とりあえず宴会は出来るだけ避けることにします。

>その虹の写真を観たかったですね
分かりますかぁ~その時の気持ち。(^^; その風景を見た時には、もう呆然と言うか、暫くの間は立ち直ることが出来ませんでした。 国鉄一般色のキハ52が姫川の橋梁を渡るシーンだったのですが、バックは紅葉の山々、その丁度山の上に綺麗な虹が掛かっている風景…もう半分奇跡の風景ですよね。 実際上手に撮れたかどうかは分かりませんが、逃がした魚は鯨並に大きかったようです。(笑)

>紅葉は見応えがありそう
昨年は行く時期を逸してしまいましたので、今年はと思っているのですが、ただ、四国の紅葉も撮りたいし、伯備線もって考えたら、紅葉のピークに行くこと果たして可能なのかどうか、何となく今年も二兎を追うもの何とやらになりそうです。(;´▽`A``

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年10月12日 (土) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の芸備線 その13:

« 初秋の木次線 その4 | トップページ | 深緑の伯備線 その11 »