« 深緑の高徳線 その3 | トップページ | 初秋の芸備線 その3 »

2013年9月 5日 (木)

深緑土讃線 その5

土讃線では少々お気に入りの阿波川口~小歩危間にある俯瞰ポイントからの風景です。 ここでも後数分早かったらラフティングのボートが何艘か吉野川を下っていたのですが・・・これが鉄道風景写真の難しいところなのかも知れませんね。
↓画像は下りの特急南風です。
Dosansen_95
◆ 撮影日 2013年8月19日
◆ 撮影地 徳島県三好市山城町重実→こちら

|

« 深緑の高徳線 その3 | トップページ | 初秋の芸備線 その3 »

コメント

今晩は~。

>本当にシールだったら~ そうだとしたらホント大変ですね。(^-^; 車両の各面を1枚で貼る事はないと思うので、貼り絵のようだとしたら停車中につぎはぎがあるか見てみたいものですね~。

>羨ましいのが本音~ そうですね~。それだけの財力と時間がある人が羨ましい~!

>無理を何とかしようと~ パーマンのコピーロボットを借りてくるしかないですかね~。(笑)

>側面はとても急行型とは~ そういう事ですか~。ありがとうございました。m(_ _)m

>遠くからだとどうしてもあれもこれも~ 同感です!

今回の作品に写っているR32は数年前に旅行で走ったことがあります。かずら橋や小便小僧など懐かしい記憶が蘇りました。
吉野川は深くてイイ色ですね~。そして山の木々の色から暑さが感じられました。ここの撮影場所もそうだと思いますが、山の上の方に民家が建っているのをよく見ました。平野が少ないのでこのような状態になると思いますが、最近の自然災害を考えると少々怖い印象です。

では「急行ちどり」の撮影、頑張ってください!でも、無理をなさらないように~。

投稿: HIDE | 2013年9月 6日 (金) 23時15分

HIDEさん、こんにちは~。
今週末は例のちどりでバタバタしていて、返信が遅れて申し訳ありませんでした。m(__)m
本当は今日は行く予定では無かったのですが、朝起きたら予想外の晴れ間が広がっていたのと、とある人からお誘いを受けたもので・・・^^; 

>貼り絵のようだとしたら停車中につぎはぎがあるか見てみたいものですね
ある撮影地では、その話題で皆さんが盛り上がっていました。(笑) 何でも広島駅で近くて見たら、シールの繋ぎ目がはっきり分かるようです。 更に連結部分の付近は手を抜いたらしく、元のタラコ色が見えていたとか・・・まぁ、遠目には全く分からないので良いのですが、撮影者が数名集まるとその話題になると言うことは、やはり急行色のシール列車は結構珍しかったのかも知れませんね。(;´▽`A`` そう言えば、このイベント後の事も話題になっていましたが、ペイントじゃなくシールってことに意味があるらしく、イベント終了後に新山口に回送され、早々にシールが剥がされて元のタラコに戻る見たいです。 希望としてはそのまま山口線等のイベントで使って欲しかったのですが・・・せっかく貼ったのに勿体無いですよね。

>山の上の方に民家が建っている
私も最初に行った時には驚きました。(@_@;) 何であんな山の上に家を建てる必要があったのか。 後で聞いた話では、あくまでも伝説のようですが平家の落人絡みとのこと・・・嘘か真かは分かりませんが、そう言われると何となく納得は出来ますよね。(^^♪

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年9月 8日 (日) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑土讃線 その5:

« 深緑の高徳線 その3 | トップページ | 初秋の芸備線 その3 »