« 初秋の芸備線 その7 | トップページ | 深緑の伯備線 その7 »

2013年9月14日 (土)

深緑の予讃線 その4

棚田で有名なポイントのようですが、どうも光線的には時間帯がシビアなようです。 多分この方向からだと午前中の早い時間帯が順光かと・・・ただ、稲穂は逆光の方がキラキラ輝いて綺麗なんですよねぇ~。(^^♪ あ、決して負け惜しみではありませんよ。 え?嘘だろうって。 はい、私は嘘つきです。(笑)
↓画像は伊予石城~双岩間の特急宇和海です。 列車をサブにして、ここは棚田をメインにして見ました。←(往生際が相当悪いらしいです。)^^;
Yosansen_914
◆ 撮影日 2013年8月20日
◆ 撮影地 愛媛県八幡浜市釜倉→こちら

|

« 初秋の芸備線 その7 | トップページ | 深緑の伯備線 その7 »

コメント

今晩は~。

>この2,3日は蒸し暑い日が~ コチラの方でも同じ具合です。今日は更に蒸し暑い感じで、台風の影響なのかな~。

>週に一回はジムに行って~ スゴい!それが俯瞰撮影の原動力になっているのですね。継続は力なりですね~。

>極一般的な症状のよう~ 気になって見てみました。googleで「k-5 露出」と入力すると、その語句の後に「問題」や「不安定」や「暴れ」などの語句が表示されました。新米鉄ちゃんさんが仰るように「極一般的」という表現が適当なのかも知れないと思えました。少しカメラを動かしただけで露出が変化する。画面周囲のアンダー部に露出を合わせる為、仕上がりがオーバーになる。その補正量が2EVを超える場合がある。などの記事がありました。k-5の仕様を見ると77分割測光なのですね。かなり細かく分割されているのと、アルゴリズムの仕様によるものなのですかね~。私のカメラは半分以下の35分割です。(^-^;
フィルムカメラを使っていた頃は0.3EVを超える補正は稀で、ほとんど満足できる仕上がりでしたが、デジタルからは-1EVが適正ではないかと思える印象です。フィルムカメラとデジタルでは、グレードやアルゴリズムなど、全てが違うので比較する事自体おかしいかも知れませんが、それを考慮してもデジタルはアンダーに補正する方が多いように思えます。やはり黒つぶれするより、明るい方が一般受けが良いのでしょうか。でもフラッグシップでは違うのかな~。k-5ユーザーの方で平均測光を選択されている方もいらっしゃいました。私も、それを試してみようかな~っと思いました。

>これがペンタの魅力と~ 確かに、そうかも知れません。自分が持っているものがイチバン良いと言うか、長年使っていると愛着がわくと言うか、そういうものですかね~。

>もしかすると前方に~ そうかも知れませんね。後部連結の機関車だけだと、停める位置とか分からないですものね。

>ここは棚田をメインにして~ 私もそうすると思います。棚田や列車の上の竹林が輝いて奇麗ですし、全体的に立体感がある印象です。列車の左側の木々がなければ列車に光が当たってイイのにな~って思います。
光線具合で思い出した事がありまして・・・。「Sun Surveyor」というスマホのアプリを使っている方のブログを読んでいて、これは使えるな~っと。機能は、指定した場所と日時の太陽の向きが分かるというものです。また、実際にその場所に行ってカメラで写すと指定日時の太陽の位置まで表示されるというもので、私はガラケーなので、イイな~っと思ってしまいました。

投稿: HIDE | 2013年9月15日 (日) 01時20分

HIDEさん、おはようございます。
K-5の露出の件、調べられたのですね。 私はカメラ自体の性能については余り詳しくないため、変化する原因は分からないのですが、まぁ、こんなものかなぁ~とか思いながら使っています。^^; 前に使っていたK-10Dはこんなことは殆ど無かったのですが・・・ホント、不思議ですよね~。(笑)

>自分が持っているものがイチバン良いと
(^_^;) と、言うよりもやはり少々へそ曲がりなのかも知れません。 メジャーな撮影地に行くと、殆どの方はキャノンかニコンですもんね。 こんな時にペンタとかソニー、それにオリンパス等を使っている方を発見すると、「お、この方もへそ曲がりの一人かぁ~」なぁ~んて、少々嬉しくなることも・・・。(笑)

そうそう、台風が来ていますね。 最近の台風は余り発達しない・・・とか言ってしまいましたが、今回の台風は北上するに従って急速に発達したようです。 こんな台風も珍しいのでは。(@_@;) これから東海地方に接近するようですから、くれぐれもご用心を。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年9月16日 (月) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の予讃線 その4:

« 初秋の芸備線 その7 | トップページ | 深緑の伯備線 その7 »