« 深緑の土讃線 その6 | トップページ | 深緑の高徳線 その4 »

2013年9月11日 (水)

深緑の木次線 その4

昨年は紅葉時期のピークを逃した木次線・・・でも、紅葉のピークを予想するって相当むずかしいですよね。^^; ピークをぴったり当てた時は「ヨッシャ!」って感じですが、その反対だと結構落ち込むような気もします。 だって、もし遅れて行ったら次のチャンスは1年後ですよ。(笑) 桜も同様ですが、ピークの短い風景を絡めるのは、やはり運と行動力かも知れませんね。 あ、それと情報収集能力でしょうか。(;´▽`A``
↓画像は三井野原~油木間の往路のおろち号です。 果たして今年はピークの紅葉をゲット出来るのでしょうか。
Kisukisen_911
◆ 撮影日 2013年8月11日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

|

« 深緑の土讃線 その6 | トップページ | 深緑の高徳線 その4 »

コメント

今晩は~。

>朝夕の気温が~ そうですね。もうエアコンにすがらなくても眠れます。(^-^) >例の坪尻駅~ あの、うっそうとしたジャングルを炎天下の中、歩いたのですものね~。w(゚o゚)w もし、あそこで倒れても助けてくれるのは、いつ訪れるか分からない鉄ちゃんだけですよね。考えると恐ろしいかも・・・。秘境での撮影は気を付けたいところですが、撮影時はそのような事は考えないのが撮り鉄ですよね。(笑)
私も今夏は、俯瞰場所に持って行った飲料水が足りずにフラフラになった事があります。  (。>0<。)

>エアコンが止めの~ エアコン高いですものね~。私は比較的、高価な修理は25000円くらいで収まっているのですが、新米鉄ちゃんさんのようにエアコンが壊れたら、考えたくありませんが買い替えになるでしょう。(´Д⊂グスン

>全てオートでも~ 私は、露出補正以外ほとんどオートです。RAW現像でWBやシーン選択を変えても画質に影響はないが、露出を変えると画質が低下すると、どこかで読みました。でも、低下すると言っても、よく見ても分からないレベルだと思いますが。(笑)

>ピークの短い風景を絡めるのは~ 仰る通りです。そのように行動したいのですが、私は面倒くさがり屋なので、運だけに頼っています。(笑) この車両は一度見たら忘れられないですね。青い帽子を被った顔に見えてしまいます。前ボケのボケ具合と配置が絶妙ですね!S字レールが浮かび上がっているようです。そしてシャッターのタイミングも。素晴らしいですね!
この日も暑かったのでしょうね・・・。

投稿: HIDE | 2013年9月11日 (水) 22時31分

HIDEさん、今晩は~。
数日前にはこのまま秋になるかなぁ~とか思っていたのですが、この2,3日は蒸し暑い日が続いて夏が戻って来たようです。(^_^;) でも、こうやって次第に秋が深まって行くのでしょうね。

>うっそうとしたジャングルを炎天下の中
そうなんですよぉ~。 行きは良い良い(と言っても酷暑で既にバテバテですが)帰りは地獄・・・(笑) 週に一回はジムに行って結構鍛えていたつもりでも、この様ですから、もし何もしていなかったら、多分途中で行き倒れになっていたと思います。^^;

>露出補正以外ほとんどオートです
私も最初はシャッタースピード優先で、露出を微調整していたのですが、どうもペンタックスの癖見たいなものがあって、連写をした場合に数枚に1,2枚、酷い時には半分ぐらいの画像が露出がランダムに変化する時があります。 この癖は私のカメラだけじゃなく、極一般的な症状のようですが、この辺のところが一流と呼ばれるキャノンとかニコンとの違いなのかも知れません。 調子の良い時と悪い時があるなんて、何となく出来の悪いカメラと思われがちですが、これがペンタの魅力と言うか・・・もし撮影地でペンタを持っている人を見たら、変わり者だと思って間違いありません。(笑)

>車両は一度見たら忘れられない
機関車は後部に付いていますので、こちらを前と言って良いのかどうか分かりませんが、どうも制御は出来るような構造になっているようです。 ただ、実際に見た訳ではありませんので、何とも言えませんが、もしかすると前方に陣取っているJRの方が無線で後方の機関車と連絡を取りながら運転しているのかも知れません。(^^ゞ

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年9月13日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の木次線 その4:

« 深緑の土讃線 その6 | トップページ | 深緑の高徳線 その4 »