« 深緑の日田彦山線 その3 | トップページ | 初秋の伯備線 その5 »

2013年9月27日 (金)

初秋の芸備線 その9

庄原市の旧西条町から東城町へ抜ける県道から撮った平子付近の風景です。 期待していたのは・・・そう雄大な黄金色の田園風景だったのですが、ご覧のとおり稲は半分刈られているし、天気はパッとしないし(小雨)・・・おまけに視界は今ひとつの三重苦。(>_<) 次回に期待と言ってもやはり一年は長すぎますよね。(笑)
↓画像は平子~備後西城間の備後落合行きです。
Geibisen_928
◆ 撮影日 2013年9月22日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町平子→こちら
※ 上記県道は現在土砂崩れのため通行止めになっているようです。 工事の邪魔にならなければ徒歩であれば通行できるかも知れませんが、もし車で行かれる場合には東城側から入った方が安全なようです。

|

« 深緑の日田彦山線 その3 | トップページ | 初秋の伯備線 その5 »

コメント

今晩は~。

お久し振りです。色々とバタバタしてまして。また、新米鉄ちゃんさんの写真を見させていただきます。

>「お、この方もへそ曲がりの~ ちょっとズレますが、デジタルが当たり前になった昨今、私は去年までフィルムカメラを使用していて、撮影先で、フィルムカメラを使っている方を見かけると嬉しくなります。

>これから東海地方に接近~ 自宅の自転車が倒れていたくらいで、後は大丈夫でした~。ありがとうございました。

また、過去の記事にすいませんでした。m(_ _)m

「土佐穴内~大杉間の特急南風」は絶景ですね! >昨年よりだいぶ木々が伸びて~ 拡大して見ると山の方から木の枝が伸びてきている箇所もありますね。このような場合、シャッターのタイミングに憂慮しそうですね。仰る通り、数年先には幻と言うのはあり得るかも知れませんね。でも、ここが真っ赤に染まったら奇麗でしょうね!

「立間~下宇和間で撮った普通列車」は夏を感じます。何故かセミの鳴き声が聞こえてくるような印象です。新米鉄ちゃんさんが汗だくになって撮影している状況が浮かびました。でも、みかん畑も趣があってイイですね。オレンジに色付いたみかん畑が見てみたいですね~。それにしても、このような風景には気動車の単行がピッタリですね。

伯備線のコンバインの件はご苦労なさっていますね。野焼きなども・・・。人と自然は思い通りになりませんね~。また、今の時期は絡める材料が悩みの種かも知れませんね。(^-^;

「平子~備後西城間の備後落合行き」は、確かに刈り取り前だと素晴らしい黄金の風景を見る事ができたかも知れませんね。でも、これだけの作付面積だと、タイミングを計るのが難しいかも知れませんね。確かに1年待つのは長いですね~。(^-^;

投稿: HIDE | 2013年9月28日 (土) 00時05分

HIDEさん、おはようございます。
色々忙しかった?ようで、どうもお疲れさまでした。m(__)m

>私は去年までフィルムカメラを使用
去年までですか。 今でも時々撮影地でフィルムカメラを使用している方を見かけますが、パソコンで見るのではなく、プリントが主体の場合には、やはりフィルムカメラの方が優れているのでしょうね。 メーカーは分かりませんが、デジカメ一眼の2倍ぐらい大きいフィルムカメラを持っている方などを見ると、新米としては少々近寄りがたいものを感じます。^^;

>数年先には幻と言うのはあり得るかも
最近その幻のポイントを探そうと結構苦労しています。 場所は伯備線の布原駅付近の俯瞰ポイントなのですが、既に3回ぐらいは通ったでしょうか・・・で、未だ発見には至っておりません。(^_^;) 他のブログ等を見ても最近の画像が無いところを見ると、どうも木々の育ちが良すぎて見えなくなったような気もするのですが、もう1回チャレンジして駄目だったら諦めることにします。 良く言えばチャレンジ精神旺盛、悪く言えば諦めが悪い、まぁ、私の性格ですから、他人に何と言われようと直しようがありません。(笑)

>汗だくになって撮影している状況
分かりますか。^^; 日陰だと何とか耐えことが出来たのですが、陽がモロ当たるところだと数分でギブアップ状態でした。 ジリジリと焼けると言った感じなのですが分かって頂けるでしょうか。

>タイミングを計るのが難しいかも
そうなんですよね。 同じ芸備線内でも奥に入るほど(北部に行くほど)稲刈りが早く済んでいて、三次より南だと未だ々残っているところが多いのですが、これって田植えの時期が違うのか、それとも稲の種類が違うのか・・・ホント、不思議ですよね。(@_@;)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年9月29日 (日) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の芸備線 その9:

« 深緑の日田彦山線 その3 | トップページ | 初秋の伯備線 その5 »