« 深緑の土讃線 その1 | トップページ | 深緑の予讃線 その2 »

2013年8月24日 (土)

深緑の土讃線 その2

秘境駅と言われる「坪尻駅」を通過する特急南風です。 今回何故この駅が秘境駅と言われるのかがやっと分かりました。(今頃になって・・・って突っ込みはなしでお願いします。(笑)) え~っと、列車の奥の方にコンクリート製の壁面が見えると思うのですが、この壁面の上が坪尻駅を俯瞰する定番ポイントになっています。 徳島から香川へ抜ける国道は丁度この壁面の下に走っており、県境の峠に向かって相当な登り坂になっています。 と言う訳で今回の失敗はこの坪尻駅に降りたことでしょうか。(ノ_-。) 駅へ続く道がまさかあんな道とはねぇ~。
Dosansen_824
参考までに国道から坪尻駅までのルートを紹介すると、↓先ず国道に設置されている案内標識はこんな感じです。 一見普通の標識ですよね。 ただ、標識付近を捜しても駅に続くような道が見つかりません。(@_@;) 付近を何度か往復して見ると、標識から10m程度下ったところのガードレールの切れ目のところに渓谷側に下る道を発見。 これだ!( ̄ー ̄)ニヤリ
Dosansen_hyoushiki
↓ガードレールから下ったところは岩がゴロゴロしているものの、道幅も1m前後あって、一見整備された山道風となっています。(^^♪
Dosansen_ekienoiriguchi
↓ところが入口から200~300mを過ぎた付近から徐々に道幅が狭くなり・・・これってもう道とは呼べないですよね。(笑)
Dosansen_ekienodouro_2
この後、竹やぶが暫く続き、やっと坪尻駅に着いた時には既に汗だく。(^_^;) と言うよりも帰りのことを考えていませんでした。 あの坂を今度は登ると思うと、この時点で既にテンション「ゼロ」。(笑) 途中、途中で気合を入れながら何とか登り切った後のことはもう聞かないで下さい。 はい、予想どおりこの時点で本日の撮影はリタイア。 ちなみに気温は35度を超えていたと思います。 夏の撮影は暑さとの戦いとか言いますが、今回は暑さに負けた典型的な例の一つかも知れません。

◆ 撮影日 2013年8月18日
◆ 撮影地 土讃線坪尻駅→省略

|

« 深緑の土讃線 その1 | トップページ | 深緑の予讃線 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の土讃線 その2:

« 深緑の土讃線 その1 | トップページ | 深緑の予讃線 その2 »