« 深緑の伯備線 その4 | トップページ | 深緑の高徳線 その1 »

2013年8月21日 (水)

深緑の予讃線 その1

猛暑or酷暑の中、四国4件を周って来ました。 今回は当日の気温等を考え徒歩でしか行けないポイントは極力避けるようにしたのですが、ちょっと計算を間違え初日で早くも夏バテに・・・(;´▽`A`` でも、まさか駅への道路が獣道とは誰も考えませんもんね。 事前のリサーチ不足と言うか考えが甘かったと言うか・・まぁ、この件については後ほど詳しく愚痴を述べさせて頂きます。(笑)
↓画像は立間~下宇和間の法華津峠から撮った特急宇和海です。 視界が比較的良かったのか、遠くには九州の山々がうっすらと望むことが出来ました。(*^^)v 夏の今の時期にこれだけ視界が良いのも珍しいかも知れませんね。 ちなみに眼下に広がるのはこの地区では特産となっているみかん畑と宇和海(法華津湾)です。
Yosansen_821
◆ 撮影日 2013年8月20日
◆ 撮影地 愛媛県西予市宇和町皆田→こちら

|

« 深緑の伯備線 その4 | トップページ | 深緑の高徳線 その1 »

コメント

今晩は~。

>結局見つからなかった時には~ ホント、その気持ち分かります。探している時に感じるのは諦め時ですね。キリがないのは分かっているのですが、もう少し先に行ったら視界が開けるかも、って・・・。その繰り返しで、諦め時を決めるのが難しいです。そして仰る通り、結果が出なかった時の疲れは・・・。>見つかった時の爽快感?達成感?~ その気持ちにも同感です。根気よく探して見つかった時と、探し回って見つからなかった時は雲泥の差です。

>批評の程~ 毎度、無駄に長いコメントでスイマセン。m(_ _)m

>暑い日はもうノーサンキュー~ 同感です。しかし、たまに直線区間で、陽炎の中を揺らめく車両を撮影する事もあるので、その意味では暑い方がいいです。

>法華津峠からの写真を観た時、列車はドコに?拡大したら分かりました。更に、荒涼とした山々という印象です。しかし記事を拝読すると、みかん畑なのですね。細かい段々畑のように見えて、ここの山はどのような状態なのだろうと思いました。
しかし、本当にクリアな視界ですね。夏には珍しいと思います。新米鉄ちゃんさんに女神が微笑んだのですかね。観ていてゴツゴツとした風景なのですが、広がりがあって素晴らしい眺望です。作品に写っているのは、ほとんど愛媛県でしょうか。地図と照らし合わせると角度的に九州は写真右の方でしょうか。日本には、まだこんな景色があるのですね~。

おろち号の件は残念でしたね。でもこんな車両初めて見ました。変わったデザインですね。名前からして怖そうですが・・・。作品を拡大すると、乗客が沢山いらっしゃるのですね。そして、スイッチバックだからでしょうか、分岐器が複雑ですね。作品の奥の方を観ると右カーブの先が暗い森の中に吸い込まれそうな印象です。しかし、見れば見るほど変わった色彩で変わったデザインの車両という印象です。

「特急やくも」の作品ように丘陵地帯のなだらかに広がっていく景色も好きです!

四国巡り、熱い?中お疲れ様でした!また作品を観させて頂きます。m(_ _)m

投稿: HIDE | 2013年8月21日 (水) 22時26分

HIDEさん、今晩は~。
酷暑の中の三日間が相当効いたのか、未だ体調が思わしくありません。^^; 直ぐに疲れるし、何となく体もだるいような・・・元の状態に復活にはもう暫くかかるかもしれません。(笑)

>みかん畑なのですね
この地区全体がみかの町らしく、特産品もみかん一色でした。 画像に写っている右下の畑は全てみかん畑だし、下に通っている国道(画像には写っていませんが)から東側の斜面も殆どがみかん畑になっていました。 種類は分かりませんが、愛媛みかんと言ったら結構有名ですもんね。 他にも伊予柑とかも有名かな。(^^♪

>角度的に九州は写真右の方でしょうか
良くご存知で・・・画像には写っていませんが、画像から外れたやや右方向が九州方面になります。 当日は視界が良いといっても九州方面はうっすらと山並みが見える程度でしたから、点数にしたら70~80点程度ではないでしょうか。

>おろち号の件は残念でしたね
まぁ、こんなこともありますよね。 只見線では地震、大雪、大雨で、大糸線でも大雪の関係から途中で運休になったことが何度かありましたから、余り驚きはしないのですが、でも、何と言うか、この暑さの中での待ち惚けは結構きつものがあるかも知れません。(;´▽`A``
>変わった色彩で変わったデザインの車両
私も最初見たときにそう感じました、 編成的に言うと動力車は木次側に接続されているDE15のみです。 ですから往路の備後落合行きは後ろから押す形になると思います。 前方の車両である程度制御は出来るようですが、確認した訳ではありませんので、はっきりしたことは分かりません。 

今週末は又所用で九州に出掛けます。 あわよくば485系でもと思ったのですが、どうも無理なようです 二兎を追うもの何とやらと言うことで、今回の485系はあきらめました。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年8月22日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の予讃線 その1:

« 深緑の伯備線 その4 | トップページ | 深緑の高徳線 その1 »