« 深緑の伯備線 その2 | トップページ | 深緑の伯備線 その3 »

2013年8月14日 (水)

深緑の木次線 その2

この暑さは何時まで続くのでしょうね。 もうそろそろ落ち着いて欲しいような。^^; 今週末からは夏休みを3日程取って、今度は四国の方へ足を延ばして見ようと思っているのですが、今のような暑さが続くとなると少々先が思いやられるような・・・(笑) 
↓画像は備後落合~油木間の復路のおろち号です。 黙っていても落ちる汗・・目に入って痛いこと痛いこと。(。>0<。)
Kisukisen_814
◆ 撮影日 2013年8月11日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

|

« 深緑の伯備線 その2 | トップページ | 深緑の伯備線 その3 »

コメント

今晩は~。

只見線と磐越西線の撮影を終えました。新米鉄ちゃんさんから折角教えて頂いた、磐越西線の鳥屋山からの俯瞰撮影は出来ませんでした。道程が険し過ぎ途中で折り返しました。随所に落石があったり、砂利道でスタックしたり、林道がえぐれていたり、両側からの雑草が邪魔をしたりと、夏季は厳しいですね。新米鉄ちゃんさんは、あの林道をよく行けましたね。w(゚o゚)w スゴ過ぎます。あの景色が観たかったな~。悔しいですが仕方ないです。教えて頂いたのに申し訳ありません。m(_ _)m

しかし、会津水沼俯瞰で、東側の山の農道から入る場所は分かりました。最初は森の中で迷いましたが、辿り着きました。眼下に見下ろす景色は最高でした。ありがとうございました!

第三橋梁を望む、三坂山登山ルートは止めました。第三橋梁で塗装工事をしていて滞在中には完了しないからです。今度は茶色に変わります。今回、第三橋梁の撮影が出来なたかった事は残念です。(ノ_-。)

また、只見川一帯で護岸工事をしている為、随所に重機があり、撮影時に入る場合が多いので川霧である程度隠しました。人伝に工期は2年掛かると聞きました。

磐越西線でSLを撮影中、ある事を思い出しました。ブログのコメント欄にSLにATSが付いていないか心配するコメントを記しましたが、なんと恥ずかしい事を記してしまったのか後悔しています。何故、あのように思ったのか・・・。変なコメントを残してスイマセン。m(_ _)m

今回も、只見線と磐越西線で新米鉄ちゃんさんの撮影情報をかなり参考にさせて頂きました。この場を借りて深くお礼申し上げます。

>人に酔うっていう~ 東京出張お疲れ様です。私も人混みは大嫌いです。スカイツリーの写真、携帯電話とは思えない程、綺麗ですね!スカイツリーからの街並みもミニチュアみたいな印象です。

>潟側は未だ々開拓出来る~ ええぇぇ~!私には福島側で手一杯です。

>川霧も期待出来るし~ 最初、曇天ばかりでモチベーションが上がりませんでしたが、川霧を見た瞬間、曇天や雨天の方が好きになりました。

>早起きすると~ ハイ、ほぼ毎回、一番列車から撮影開始しました。

>それはそうと熊、蜂~ 幸い熊には遭遇する事はありませんでしたが、スズメバチは酷いですね。熱に反応するのか、車を停めた直後に飛んで来ます。撮影中、ほとんどの場所に居ました。(ノ_-。)

過去のコメントに失礼しました。

今までの記事で、新米鉄ちゃんさんが迷いに迷っていた心情が伝わってきます。山口線は大打撃ですね。新米鉄ちゃんさんの仰る通り、経済効果の損失は計り知れない印象ですね。想定外ではなく、想定外を想定した建造物を造ってほしいところです。

>黙っていても落ちる汗~ そんな事が想像できないような爽やかな緑ですね。逆に涼しさが感じられる印象です。しかし、Pentaxは発色がイイですね!

投稿: HIDE | 2013年8月15日 (木) 22時01分

HIDEさん、今晩は~。
>只見線と磐越西線の撮影を終えました
暑い中、大変お疲れ様でした。m(__)m こちらのニュース等では、関東から東北地方の天候が安定しないようなことを言ってましたが、天気の方は大丈夫だったでしょうか?
>磐越西線の鳥屋山からの俯瞰撮影
やはり分かり難いところかも知れませんね。 私も何度かトライして、多分4,5回目にやっと分かりましたので、結構マニアックな場所かも知れません。 それにしても登山道に入るまでの林道が酷い状態だったようで・・・多分野沢側から入ったと思うのですが、私が行った時にも途中から崖崩れで通行止めとなっていましたので、もしかするとその時から修復されていない可能性もあります。 反対に荻野の漆窪側からの林道だと、これも相当な悪路で、両側の雑草はジャングル状態、おまけに轍が深くて底を何度擦ったことか。^^; 
暑い夏よりも秋の天候の良い日の方が、体力的にも風景的にも絵になると思いますので、もし、再チャレンジするのであれば、是非秋をお勧めします。

>最初は森の中で迷いましたが、辿り着きました
良かったですね。 私も何度か迷いながら何とか辿り着きましたので、一緒ですね。

>川霧を見た瞬間、曇天や雨天の方
今の只見川の状況が分かりませんが、川霧が出る条件見たいなものがあって、確率的には雨上がりで湿度が高い時の方が、今までの経験からすると出易いようです。 陽射し、雨が降るとあっと言う間に消えてしまいますので、これも運次第と言ったところ知れませんね。(^_^;) それにしても川霧と聞くと、やはり只見線が恋しくなります。

>爽やかな緑ですね
あの暑さが伝わらないとは・・・私も未だ々のようですね。(笑) でも山の中って、日の当たっているところと、当たっていないところの気温の差が相当あるのが、今回身をもって実感出来たのは大きな収穫だったかも知れません。(*^^)v

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年8月16日 (金) 22時31分

今晩は~。

>天候が安定しないような~ ハイ、短期間で全ての天気を味わった気分です。仰る通り不安定でした。蓋沼森林公園や第一橋梁では突然のスコール+雷がありました。カメラを守るのに必死でした。(笑)

>多分野沢側から入ったと~ ハイ、そうです。このマニアックな場所をよく見つけたものだと感心します。荻野の漆窪側からを考えましたが、新米鉄ちゃんさんの車がアディダスになった話を思い出して諦めました。(´Д⊂グスン

>是非秋をお勧め~ 仰る通りです!夏季の俯瞰の難しさを思い知りました。

>確率的には雨上がりで~ その通りでした。しかし、第一橋梁の俯瞰で一度だけ陽射しがあっても川霧がそのまま残っていた時がありました。その景色は神々しく、この時に列車が通過してくれたら最高でした・・・。

>あの暑さが伝わらない~ スイマセン、あまりにも爽やかな木々が印象的だったので・・・。>気温の差が相当あるの~ そうですね~。私もそれは実感しました。

投稿: HIDE | 2013年8月19日 (月) 00時31分

HIDEさん、おはようございます。
やはり天候が不安定でしたか。 突然のスコール+雷・・・改めてどうもお疲れ様でした。m(__)m
私の方は二泊三日で予定通り、四国4件を周って来ました。 不安定な天候も困りますが、連日35度を超える天気も体力的には相当堪えました。^^; もう若くは無いってことなのでしょうね。

>夏季の俯瞰の難しさを
私も夏に一度だけそのポイントにロケハンに行ったことがあるのですが、噴き出す汗が目に入って痛いの何のって・・・(笑) 結局見つからなかった時には疲れも倍増したような気がします。
ただ、こんな苦労も時間が経てば忘れてしまうと言うか、懲りもせずに又チャレンジしてしまうから、やはり人間って不思議な生物ですよね。 多分ポイントが見つかった時の爽快感?達成感?がそうさせているのかな。(笑)

今日からは四国で撮った画像をぼちぼちアップして行きますので、又、批評の程、宜しくお願いします。

それにしても暑い日はもうノーサンキューです。(;´▽`A``

 

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年8月21日 (水) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の木次線 その2:

« 深緑の伯備線 その2 | トップページ | 深緑の伯備線 その3 »