« 深緑の土讃線 その3 | トップページ | 深緑の日田彦山線 その2 »

2013年8月28日 (水)

深緑の高徳線 その2

香川県と徳島県に跨る大坂峠の徳島側の風景です。 香川県側では海を望むことが出来ますが、徳島県側では残念ながら海を見ることは出来ません。 その代わりと言っては何ですが、山間部に広がる長閑な田園風景を峠を下る道のところどころで見ることが出来ますので、一粒で二度美味しいって感じの峠道かも知れませんね。(*^^)v
↓画像は阿波大宮~板野間の徳島行きの普通列車です。
Takatokusen_828
◆ 撮影日 2013年8月18日
◆ 撮影地 徳島県板野郡板野町大坂奥→こちら

|

« 深緑の土讃線 その3 | トップページ | 深緑の日田彦山線 その2 »

コメント

今晩は~。

>朝夕の風が何となく~ そうですね~。昨晩は初めてエアコンなしで眠れました。でも、仰る通り、残暑がくるのでしょうね~。(^-^;

>只見線も心配~ 会津川口~只見の国道に数ヶ所「つながれ つながれ 只見線」の幟が立っていました。そして、橋梁の錆びて曲がっている鉄骨はそのままで、国道や橋は補修や新規建設が数ヶ所でありました。この差はいったい・・・。分かっていますが現実は厳しいです。(´Д⊂グスン

>負のサイクル~ 覚えています。正にその通りだと思います。そして、>「もう鉄道は要りません」~ 当たっていると思います!責任転嫁のようですね。ちょっとズレますが、名古屋市の河村市長は「あおなみ線」にSLを走らせる構想の中でJR東海が処分予定の古い客車4両を修理して走らせようとしています。古い客車の方がSLに合っているとの考えで。「名古屋をSLの聖地に」というスローガンみたいなものがあったり公約にも記していたそうです。古い客車は戦前に製造されたものもあり、防火対策なども含めると修理に1億/両で当然ながら賛否あります。都会とSLがマッチしないので、私は走らせる路線を変えた方がいいかな~っと感じます。鉄道ファンでなければ、税金の無駄使いにしか思われないでしょう。古いものを再利用する考えと、排除していく考え・・・。う~ん、どちらが良いというわけではないのですが、JRの方も、もう少し鉄道ファンや住民の方の事を考えてほしいと思います。

>未だ々修行が足りない~ スイマセン、私の感覚がおかしいので、失礼を申し訳ありません。>今度はオレンジ色のみかんを~ 余計な考えをさせてスイマセン。m(_ _)m でも、オレンジ色に色付けば俯瞰写真でも分かると思います。

今回の作品は長閑でイイですね~。車両も単行だし、完璧ですね!カタン、コトン・・・と、車両の音と、ザワザワっと風の音しか聞こえてこないような印象の風景です。撮影時刻は正午に近いでしょうか。逆光気味で稲が黄金に輝いて綺麗ですね!過去の山口線の記事で電柱が多いのを気にされていたと思いますが、ここも少々、多いですかね。ホント、地中に埋めてほしいです。車両の右の方にポツンと立っている小さな木が可愛らしくて好きです。

「特急しまんと」は青いラインが際立っていますね。そして吉野川、綺麗ですね~。エメラルドグリーンですかね。ボートは残念ですが道路に車もいないので良かったですね!

投稿: HIDE | 2013年8月28日 (水) 23時03分

HIDEさん、今晩は~。(^^♪
>橋梁の錆びて曲がっている鉄骨はそのままで、国道や橋は補修や新規建設が数ヶ所
やはりそうですかぁ。 一般の企業であれば利益を追い求めるのは分かるのですが、JRはやはり公共交通を担う企業ですから、その辺の会社とは求めて行くものが違うと思うのですが・・・このまま2~3年後に、私の予想では岩泉線同様、廃線に追い込むための様々な資料を出して来るはずです。 一部の地域では存続を訴えているところもあるようですが、これを只見線沿線の全地域が一丸となって、県のバックアップも得ながら訴えていかないと、既成事実の積み重ねを理由に(代行バスでも支障が無かった等)JRの思うようになってしまうような気がします。(@_@;) 

>撮影時刻は正午に近いでしょうか。逆光気味で
洞察力が鋭いですね。^^; 時間を見たら12時27分になっていました。 方向的に北から南方向の撮影になりますから、晴れた日には多分終日逆光になると思います。

>ボートは残念ですが
本当のことを言うと、この場所ではもう一本前の列車を撮る予定だったのですが、急に生理的現象を模様したもので、用を済ませて帰って来た時には、既にラフティングのボートは陰も形も無くなっていました。(笑) あ、このことは内緒の話なので宜しくお願いします。m(__)m

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年8月29日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の高徳線 その2:

« 深緑の土讃線 その3 | トップページ | 深緑の日田彦山線 その2 »