« 深緑の高徳線 その1 | トップページ | 深緑の土讃線 その2 »

2013年8月23日 (金)

深緑の土讃線 その1

昨年散々探し回ったあげく見つからなかった大田口駅付近の棚田をやっと発見しました。(^^ゞ 位置的には昨年探したところ略一緒なのですが、今回は道路際の木々が伐採されていたため、今回は難なく見つけることが出来たようです。 ただ、この場所も後数年もすると、又見つけ難くなるのでしょうね。 よく撮影ポイントのガイド雑誌で、だいぶ前の画像を掲載している場合がありますが、これって半分詐欺見たいもので、実際本を頼りに行って見たら、全く違った景色が広がっていたってことも度々あったような気がします。(笑) そう言えば一番印象に残っているのは、雑誌上では線路の山側に棚田の風景が広がっていたのですが、実際に行って見ると、棚田は減反の影響からか全てぺんぺん草の生えた荒地となっていました。(;´▽`A``  風景は日々変わるもの、昨年見通せたからと言って今年も見えるとは限らない。 反対に昨年見えなかったからと言って、今年も駄目とは限らない。 要するに先ずは自分の眼で確かめることが一番のようですね。(^^ゞ
Dosannsen_823
◆ 撮影日 2013年8月19日
◆ 撮影地 高知県長岡郡大豊町寺内→こちら

|

« 深緑の高徳線 その1 | トップページ | 深緑の土讃線 その2 »

コメント

今晩は~。

>下り始めて数分後に列車の~ 我慢の限界時間を見て私も似たような感じかも・・・。今回の只見線では通過予定時刻を30分過ぎてから諦めた事が一度ありました。未明までスコールのような雨が降っていたので、その影響で遅延か運休と判断しました。只見線の駅は電話番号を公開していないので、確認先は常時繋がらないJR東日本のお問い合わせセンターのみになるそうです。スマホがあれば、情報を得る事が出来るかも知れませんが・・・。

>俯瞰画像だったりして~ 大好きですね~!V字峡谷など深い山の中の俯瞰作品は楽しみですね!

今回の作品は気持ちの良い眺めですね!一面の緑で目が癒されます。実際にこの場所で眺める事が出来たら時間を忘れそうです。棚田と点在する民家の雰囲気もイイですね。もし、ここをSLが走ったら最高ですかね。でも、今回見つかって良かったですね。(^-^)

>昨年見通せたからと言って今年も~ 同感です。写真は一期一会だと思うので撮れる時に、と考えるのですが先送りになる場合が多く、上手くいかないのが現実です。(ノ_-。)

「坪尻駅」は、ネットで見た事があります。駅に停車する列車はスイッチバックの引き込み線へ入る方法だったと思います。駅への道程はもう少し良かったような気がしますが、新米鉄ちゃんさんの写真を観てビックリしました。w(゚o゚)w でも駅まで600mもあるのですね。この獣道ぶりを考えると新米鉄ちゃんさんの気持ちが分かります。秘境駅を見る事が出来て良かったと前向きに考えるべきでしょうか・・・。この駅にも「駅ノート」があったと思いますが、新米鉄ちゃんさんは駅に寄った時は記されますか?私は只見線でいくつかの駅で記しました。

では、また四国の作品を楽しみにしています! 

投稿: HIDE | 2013年8月25日 (日) 01時32分

HIDEさん、おはようございます。
こちらは猛暑から一転秋のような天気になっています。 最近言われている極端気象・・・この言葉がぴったりの今年の夏ですよね。 しかし猛暑、酷暑も辛いですが、あちこちで発生している豪雨も被害の大きさを考えると、未だ猛暑の方がましなような気がします。 
そう言えば今回の豪雨でJR西日本の三江線が寸断されてしまったようです。 これで山口線、山陰本線に続き計3路線が運休に追い込まれたことになり、やはり今年の夏は少々異常ですよね。(@_@;) こんな気象が毎年続いたら、それこそJRの線路は数年でズタズタになってしまうかも知れません。

>只見線では通過予定時刻を30分過ぎてから諦めた
只見線だけではないと思いますが天候の急変で途中から運転が取り止めになるケースって最近多いとは思いませんか。 例の羽越線での強風による特急の脱線転覆事故等の教訓からだと思うのですが、安全を重視するあまり、余りにも簡単に運休にしてしまうような気がします。 私も冬の只見線で何度かこのような経験をしましたが、同じような気象条件で走っている会津鉄道がほぼ定時で運転されているのを見ると、果たしてJR側の対処方法が正解なのかどうか・・・安全重視も大切ですが、公共交通機関としての使命を考えると何となく釈然しないものが残ります。(;´▽`A``

>秘境駅を見る事が
秘境そのものでした。(笑) 駅って言うからにはさすがに秘境駅でも、近くまでは車で行けると思っていた私が馬鹿でした。^^; それにしてもこの駅の利用者っているのでしょうか。 先ず年寄りは絶対無理だし、暗くなってからは国道へ向かう道に灯り等はありませんから、多分夜は利用される方はいないと思うし、この駅の一日の利用者数を聞いて見たいような気もします。(笑)

>駅に寄った時は記されますか
覚えている範囲内では記載したことがないような。^^; どうも気が短いのかカメラを持ってしまうとちょこちょこ動き周っていることが多いせいか、ゆっくり駅を見るようなことは少ないかも知れません。 もし次にこの秘境駅に行くことがあったら、駅ノートを探して見ることにしますね。(*^^)v

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年8月26日 (月) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の土讃線 その1:

« 深緑の高徳線 その1 | トップページ | 深緑の土讃線 その2 »