« 初夏の山口線 その29 | トップページ | 初夏の山口線 その31 »

2013年7月11日 (木)

初夏の山口線 その30

紫陽花とほぼ同じ時期に咲くタチアオイ・・・聞くところによると茎の下のほうから咲き始め、上の方が咲き始めると梅雨が明けると言われているそうです。 つい数日前に梅雨が発表されましたが、紫陽花とともにタチアオイの花もそろそろ見納めかも知れません。
↓画像は津和野~船平山間の復路のSLやまぐち号です。 天気予報を見るとこの三連休は曇りベースのようですが、雨にはならないようです。 未だ夏休みに入っていませんから、それ程混むことはないとは思っているのですが、考えが甘いでしょうか。(^_^;)
Yamaguchisen_711
◆ 撮影日 2013年6月15日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町中座→こちら

|

« 初夏の山口線 その29 | トップページ | 初夏の山口線 その31 »

コメント

今晩は~。

>分かり難い説明で~ いえいえ、とても分かりやすい説明でした。(^-^) 農道が延びている件も情景が浮かんできます。農道の入口辺りの北側が私有地になっていて、その先が地図にプロットされた場所に思えたので新米鉄ちゃんさんは許可を得て撮影したのだろうと考えて、周辺に人が居ないか探しましたが居なかったので諦めました。(ノ_-。) (記述に誤りがあったらスイマセン)

>その少し手前から~ ここまで親切に教えて頂いて、感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございます!新米鉄ちゃんさんのように携帯できる鎌が必要ですね。そして、>何時でも聞いてもらって~ 新米鉄ちゃんさんの優しさが身に染みます。(´Д⊂グスン 新米鉄ちゃんさんのブログは作品の素晴らしさもさることながら撮影場所も惜しげもなく掲載しているので、嬉しいです。(≧∇≦) 本当は自分で探さないとダメなのですが・・・。

>「ハッ」とするような絵が~ 一番撮りたい構図の時に、そのタイミングと合うと最高ですね!そして、確かにCanonは大外れは無いですが、露出の基準がイマイチで。去年までフィルムカメラを使用していたのですが、デジタルを使うようになってからフィルムカメラのような露出設定ではオーバーになってしまい少々アンダー目で設定しないとダメです。個体によって測光仕様が異なるのは仕方ないですが、気持ちとしては統一感が欲しいです。

>シャッターを切ったまま~ それはスゴいですね。w(゚o゚)w ここ一番でトラブルがあると怖いですが、それに引き換えても前述の「ハッ」とする作品が撮れるのは嬉しい瞬間ですね。何か生きているようなカメラですね~。

今回の作品は初めて観る構図です。SLの写真を観てもこのような構図は観た事が無いです。煙とSLとタチアオイの相対位置が絶妙ですね!

質問させていただく度に、丁寧に回答していただいて、本当にありがとうございました!

投稿: HIDE | 2013年7月12日 (金) 23時54分

HIDEさん、おはようございます。
>ここまで親切に教えて
ただ、私の情報は数年前の情報ですので、もし違っていたら何と言い訳していいやら・・・^^; これから夏に掛けては雑草が背丈以上になるところもありますので遭難しないようご注意を。
>少々アンダー目で設定
一緒ですね。 私も通常は-0.3~0.5で使っていますので、やはり同じメーカーの製品でも機種によって癖見たいなものがあるのかも知れませんね。 ちなみに前に使っていたK10Dはそんなことは無かったので、ホント、不思議です。
>何か生きているようなカメラ
(;´▽`A`` 上手い表現ですね。(笑) まさしくそんな感じです。 でも、HIDEさんの言われるようにここ一番ってところで、この現象が出ると、一瞬カメラを放り出したくなることもあります。 まぁ、この現象も使い込んで行くうちに、発生する前兆見たいなものが分かるようになりましたので、ここ数ヶ月はカメラを放り出していません。(笑)

そうそう土、日で山口線へ行って来ました。(^^ゞ 三連休なので結構混雑するかなぁ~って思っていたのですが、夏休み前の連休だったせいか、普段の土日程度の混雑でした。 しかし、天気が・・・ゲリラ豪雨とでも言うのでしょうか。 パターンとして午前中は曇りか晴れ、午後はゲリラ豪雨か曇りって感じで、一日目の午後は白井の里で待機していたのですが、突然の豪雨でびしょ濡れに。(@_@;) もちろん傘は差していたのですが・・・そのせいかどうかは分かりませんが、翌日から鼻水が止まらなくなって、どうも夏風邪を引いたようです。(笑) でも、私の前に居た人はカメラは保護して、自分は傘も差さずにじっと待機していましたので、こんな姿を見ると、真の鉄人28号←(古い!)(笑)はこんな人を言うんだなぁ~とか、妙に納得してしまいました。 多分一生かかってもこの人は追い越せないと実感した次第です、はい。 あ、又鼻水が・・・(笑) 軟弱な自分が恥ずかしい。。。(≧∇≦)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年7月15日 (月) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その30:

« 初夏の山口線 その29 | トップページ | 初夏の山口線 その31 »