« 初夏の山口線 その31 | トップページ | 深緑の山口線 その2 »

2013年7月14日 (日)

深緑の山口線 その1

三連休の前半の二日間、又山口線へ行って参りました。(^^ゞ  天候は予想通りと言うか、陽が差していたと思っていたら、突然スコールのような雨・・・このパターンの連続でちょっと気を許して傘を忘れて外に出たらずぶ濡れになることもしばしば。 そのせいかどうかは分かりませんが、昨日の夕方からちょっと風邪気味です。(苦笑) 梅雨明けしたとは言え、暫くはこのような天候が続くのかも知れませんね。
↓画像は津和野~船平山間の復路のSLやまぐち号です。 前回はタチアオイ狙いだったのですが、今回はきっちり定番の鳥居狙いで決めて見ました。(*^^)v そうそう、この時は雨が丁度止んでくれましたが、このちょっと前まではゲリラ豪雨のような凄い雨が降ったり止んだりしていましたので、たまたまとは言えこの時ばかりは運が良かったようです。
Yamaguchisen_714
◆ 撮影日 2013年7月1日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町中座→こちら

|

« 初夏の山口線 その31 | トップページ | 深緑の山口線 その2 »

コメント

こんにちは~。

>もし違っていたら~ 教えていただけただけでも大満足です!しかも熊鈴の件やアプローチの仕方、そして雑草の情報まで丁寧に説明していただいているので大大満足です!本当にありがとうございます!

ネットで只見線関連を見ていたら田子倉駅は3月15日で廃止になっていたのですね。まだ運用されている時に見る事が出来て良かったのですが登山者くらいしか乗降客がいないと思われる駅では必然なのですかね。でも残念です。(´Д⊂グスン
そして、会津川口~只見の復旧には85億円と4年以上の工期がかかるのですね。
http://www.jreast.co.jp/railway/pdf/20130522_tadami.pdf
こちらの方に詳細が掲載されていましたが、「頑張っていますが出来ません」っていう感じにみえました。特に16頁は廃止予備軍のブラックリストみたいです。JR東日本は黒字みたいで国の補助を受ける事ができず復旧するなら地元の理解が必要との記事もありました。既にご覧になられていたら申し訳ありません。乗り鉄さんに頑張ってもらうしかないですかね。

>発生する前兆見たい~ SLが来た時のワクワク感+前兆が出ないでよ~っというドキドキ感で撮影時は正に手に汗握る瞬間ですね!

>午後はゲリラ豪雨か~ 私も稀に経験しますがアッと言う間に服がビショビショでズボンの裾が雨の跳ね返りで泥まみれ・・・。最悪ですね~。 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
夏風邪は長引くって聞いたような・・・。睡眠と栄養をとって早く治して下さいね~。

>カメラは保護して~ 私もそれに近いかも知れません。レンズは古い中古なので防滴が施されていないので、ビニール等を掛けます。また炎天下では日焼け防止?に布等を被せたりします。フィルムカメラ時代にフィルムは熱に弱いとの記事を雑誌で見てからの名残です。でも自身は帽子も被りません。でもカメラに気を使っても真の鉄人28号にはなれそうにもありません。(笑)

>軟弱な自分が~ 私もトシなので持久力がなくなりつつあります。新米鉄ちゃんさんは、雲井峰で撮影&体力作りですかね。

今回の鳥居は煙に隠れない絶妙な位置ですね。爆煙過ぎてもダメですものね~。そして色彩的にもアクセントになっていて良いですね!ちょっと気になったのですが、SLの前輪?辺りから左右に出ている白い煙は通過する時には掛からないものなのでしょうか。

投稿: HIDE | 2013年7月15日 (月) 14時13分

HIDEさん、今晩は~。 
>只見線関連を見ていたら田子倉駅は
え?今年の3月ですか? それは全く知りませんでした。 確かに付近に民家はありませんので、春~秋にかけての行楽シーズンしか停まらなかったと記憶しているのですが、しかし廃止となると車の無い方にとっては、田子倉周辺の撮影は無理と言うことなのでしょうね。(@_@;) 
それにしても只見線の全面復旧に85億円ですか。 リンク先の記事を見てみましたが、構成の仕方が、先に廃線が決まった岩泉線のレポートとそっくりですよね。 費用対効果を全面に出して、じわじわと廃線へのコンセンサスを得て行く手法はずるいと言うか見事と言うか…^^; JRも営利企業ですから仕方が無い部分もありますが、やはり公共交通機関としの使命も忘れて欲しくない気もします。 
しかし、岩泉線では地元岩泉町が県の応援も得て大々的に存続運動を実施していましたが、只見線では何故かそのような声が聞こえてこないのは、距離が少々遠過ぎるからなのか、それとも本当に地元の方にとっては有っても無くても良い路線なのか・・・思い入れのある路線だけに、出来れば存続して欲しいと言うのが本音なのですが、こればかりは個人ではどうしようもありませんもんね。
> 睡眠と栄養をとって
お蔭様で今日の午後あたりからちょっとだけ良くなりつつあるようです。 ご心配頂きありがとうございます。m(__)m
もう無理はしないことにします・・・って言っても人間は忘れる動物ですから、又やってしまうのでしょうね。(笑) 

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年7月16日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の山口線 その1:

« 初夏の山口線 その31 | トップページ | 深緑の山口線 その2 »