« 深緑の山口線 その3 | トップページ | 深緑の山口線 その5 »

2013年7月17日 (水)

深緑の山口線 その4

何時ものところで又流し撮りのトレーニング!(^_^;) 何故この場所かと言えば、やはり見える範囲が広いからでしょうか。 広ければそれだけ数が打てますもんね。 下手な鉄砲もこれだけ打てば・・・そう、一枚ぐらいは当たるって見本かも知れません。(笑)
↓画像は鍋倉~徳佐間の往路のSLやまぐち号です。
Yamaguchisen_717
◆ 撮影日 2013年7月13日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東徳佐下→こちら

|

« 深緑の山口線 その3 | トップページ | 深緑の山口線 その5 »

コメント

今晩は~。

>え?今年の3月ですか? はい、そうみたいです。一日の平均乗車数が一人だそうです。残念と思いましたが、田子倉駅で停車中の列車を撮影するわけではないので、考えてみると残念と言う言葉は適当ではありませんでした。しかし、>車の無い方にとっては~ そこには気づきませんでした。確かに仰る通りですね。最近は学生さんも高価なカメラを持っているので、鉄道を利用した撮り鉄さんも大勢いらっしゃるでしょうね。

>岩泉線のレポートと~ ネットで見ると仰る通り、同じ作り方ですね。(^-^; >費用対効果を~ 同感ですね!営利よりも、たまには心で動いて欲しいですね。 >公共交通機関としの使命~ そうですよね。他路線での利益を分配すればイイのに。
>岩泉線では地元岩泉町が~ そうなのですね。でも、遠いからか、どちらでも良いのか・・・。難しいですね。沿線の自治体の財政が厳しいのでしょうか。新米鉄ちゃんさんにとっては第二の故郷みたいなものですかね。過去の記事で飛行機を使って撮影に行かれた事もありますものね。

>お蔭様で今日の午後あたり~ 良かったですね~!でも、ちょっとだけなら完治するまで撮影はガマンですかね。でもじっとしていられないのが、新米鉄ちゃんさんですよね~。って、あおっていませんよ。(笑)

>ここで何かあったら~ 地図で確認すると確かに何もないですね。ちょっと場所は違いますがYouTubeでローソク岩俯瞰の動画を観ました。津和野の町から始まってトンネルを抜けて森の中へ消えて行くまで。カメラがパンしていく中でそのパノラマの素晴らしいのが分かりましたが、同時に新米鉄ちゃんさんの仰る通り、ここでも一人で何かあったら、ちょっと怖い印象ですね。ι(´Д`υ)アセアセ 
私も、六十里越を夜中に通って携帯電話が圏外だったので車が故障したらって考えました。

銀河鉄道999の件は変な話を持ち出してスイマセン。m(_ _)m 私も詳しくないですが、仰る通り、ヤマトと同じ作者だと思います。

>何回か参戦して~ 白井の里の入山許可証をフルに生かす今夏になりますかね。「新緑の山口線 その3」も早速活用されていますね。それに最近は通過直前にスコールが止むなど運気上昇中ですね!新米鉄ちゃんさんは、無理をする性格かな~っていう印象があります。なので、あまり熱中し過ぎないようにホドホドに頑張りましょう!(勝手な事を言ってスイマセン)

>HIDEさんの方もくれぐれも~ ありがとうございます!一進一退が「進」だけになりまうように!

今回の流し撮りは水田の色が鮮やかですね!そして、SLもバッチリ止まってますね!石炭の一つ一つがハッキリ分かります。下手な鉄砲も・・・成功率はいかほどでしょうか~。

投稿: HIDE | 2013年7月18日 (木) 00時32分

HIDEさん、今晩は~。
>鉄道を利用した撮り鉄
実際目にしたことはありませんので、何とも言えませんが、登山(浅草岳?)客の方は何回か見たことがあります。 駅が無くなるとどちらかと言えば、登山客の方が困るかも知れませんね。
 
>他路線での利益
仰るとおり! それが公共交通機関の使命だと勝手に思っているんは私だけでしょうか。^^; これまでも散々赤字路線を切ってきたのですから、今の路線だけは例え赤字だろうが、きっちり守って欲しいものです。 実を言うと、先の岩泉線の一件ではJRには少々失望しました。 あれだけ地元の方々が切望して、存続運動を続けていたにもかかわらず、データを提示してあっさり切ってしまうこと自体、自分たちの使命を放棄したとしか思えません。(ーー;) あ少々熱くなってしまいましたね。(笑) でも、データの数字などはJRの都合のいいようにどうにでもなるはずですから、あのようなデータを出して来ること自体、少々幻滅したと言うか何と言うか・・・ あ、又又熱くなってしまいました。(^_^;) 
ここは冷静に只見線沿線の自治体に頑張って頂きましょうか。

>通過直前にスコールが止むなど
いやいや運が良いのか悪いのか、こればかりは分かりません。 そのスコールのせいで、今回は鼻水、喉の痛みで苦しんだ訳ですから。(笑) いつものフレーズで表すとしたら一勝一敗ってところでしょうか。^^; まぁ、いつものパターンです。(苦笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年7月18日 (木) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の山口線 その4:

« 深緑の山口線 その3 | トップページ | 深緑の山口線 その5 »