« 初夏の山口線 その22 | トップページ | 初夏の山口線 その24 »

2013年7月 1日 (月)

初夏の山口線 その23

花を絡めるときに、結構迷うのが花ピンにするか列車ピンにするかですよね。 二兎を追うもの典型的な例がこのパターンだと思うのですが、やはり通過直前まで迷いに迷います。(笑) ある雑誌に花も列車も追ってしますと、両者が競い合って、何が主体なのかが分からなくなってしまうようなことが記載されていました。 確かに頭では分かっているのですが、実際その場に立ってしまうと、あれもこれもと欲張ってしまうのは人間の性なのかも知れませんね。 プロの方の言葉を借りれば、兎に角切ることが上手い写真の撮り方だと・・・^^; なかなか上手くならないのが分かります。(笑)
↓画像は船平山~津和野間の下りの普通列車です。 ここでは花ピンで撮って見たのですが、どうもワンパターンのような気がして、今ちょっとした壁にぶち当たっています。(笑)
Yamaguchisen_71
◆ 撮影日 2013年6月23日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町名賀→こちら

|

« 初夏の山口線 その22 | トップページ | 初夏の山口線 その24 »

コメント

今晩は~。

昨日、私がコメントした件で山口線は「最低でも1年は~」ですが、1年は短すぎますね。そして色々生意気なコメントをしてすいませんでした。

>昨日やっと入山許可証が~ おめでとうございます!夏の計画は色々あったと思いますが、これで山口線中心になりそうですかね。
でも仰る通り、登山は厳しそうですね~。 (^-^; 登る時は飲料水の重量分が少々気になりますかね。猛暑日だと1リットルくらい必要だったりして。

>又頑張れって言う~ ありがとうございます。m(_ _)m そうですよね~。前向きに考えないとストレスが溜まりますね。何でも気持ちの切り替えを出来るだけ早くすることが肝要ですね。

>花ピンにするか列車ピンに~ 同感です。結局、両方撮影してしまいます。後から見ても自分ではどっちが好きなのか分かりません。
>何が主体なのかが~ 確かに・・・。でも紫陽花や菜の花等と列車。自然なバランスで構成してあれば良いかな~っと思います。私は無理やり絡める時があって、後から見るとやはり不自然だったり、別に手前の花が無くても良いのでは・・・。と失敗もいくつか。でも鉄道写真を長くやっていると何か違う撮り方を模索してしまいます。感じたままで撮るのが一番ですかね。う~ん、自分で言っていても何が良いのか分かりません。スイマセン、訳が分からなくて。(^-^;

投稿: HIDE | 2013年7月 2日 (火) 19時17分

HIDEさん、今晩は~。
奄美地方の梅雨が明けたようですね。 ほぼ例年並みのようですが、さて九州、中国地方の梅雨明けは何時頃になるのか・・・でも、梅雨が明けたら明けたで待っているのは酷暑なのですが。(笑)
>これで山口線中心になりそう
かも知れません。 一応、予定では山口線を中心に、海に綺麗な山陰本線(今回は萩から西を狙って見ようかと)、それにもしチャンスがあったら前回ウヤを喰らった岡見貨物にもチャレンジして見ようと思っているのですが、これって欲張り過ぎでしょうか。^^;
>猛暑日だと1リットル
前回の田代の俯瞰では1リットルまでは行きませんでしたが、ペットボトル1本がアッと言う間に無くなりました。 今の時期でこれですから、1リットルってものもしかすると有り得るかも知れませんね。 ただ、持って登るのが少々辛いかも知れません。(笑) 今回田代の俯瞰に登った時には、熊鈴、折り畳み式の鎌(これが藪漕ぎには役立ちました。)、虫除けスプレー+ペットボトル1本です。 三脚は手持ちなので勿論ありませんでしたが、一般的な撮影者の方だったら、これに三脚(1~2本)や交換レンズが入っている大きなカメラバックを背負っての山登りになりますので、想像しただけで、汗が噴き出しそうですよね。(;´▽`A``
>失敗もいくつか
私はいつも反省の連続です。(笑) 最近思うのですが、何も考えずに最初に撮った構図が結果的には一番良かった!ってことが度々あるとどうも自信が無くなると言うか、これを下手な考え休むに似たりって言うのかも知れませんが・・・でも、色々考えている時がこの趣味の大きな楽しみの一つでもあるから、まぁ、趣味の域で楽しむ分には失敗があって当然かなと割り切っています。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年7月 2日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その23:

« 初夏の山口線 その22 | トップページ | 初夏の山口線 その24 »