« 初夏の山口線 その27 | トップページ | 新緑の伯備線 その5 »

2013年7月 8日 (月)

初夏の山口線 その28

いよいよ中国地方も梅雨明けのようです。 例年に比べ少々早いような気もするのですが、そもそも例年の梅雨明けの日が分かりませんので、早いと言うのには何の根拠もありません。(笑) でも、今年の夏も暑そうですね。(;´▽`A`` ニュースを聞いていると酷暑のピークが今年は3度あるとか・・・これから1~2ヶ月の間は体力的にも相当厳しい時期となりますので、撮影時の熱中症等には十分注意したいものです。
↓画像は宮野~仁保間の往路のSLやまぐち号です。 そう言えば暑さにも注意する必要がありますが、自然の中の生物にも注意する必要がありますよね。 若い時に施設の草刈の仕事をしていた時に、何も分からずに蜂の巣を落としてしまい、蜂の大群に追われたことがありましたが、それ以来大きな蜂を見るとどうも体が固まってしまうと言うか、もしかすると蛇よりも蜂の方が嫌いかも知れません。(笑)
Yamaguchisen_78
◆ 撮影日 2013年6月15日
◆ 撮影地 山口県山口市宮野上→こちら

|

« 初夏の山口線 その27 | トップページ | 新緑の伯備線 その5 »

コメント

今晩は~。

>こうやって今頃返信している~ イイですね~。では本日は写真の整理ですかね。平日は仕事、休日は鉄ちゃんですから、たまには身体と車を休めないと!

>外部マイクを使って~ なるほど!その手がありました。でも新米鉄ちゃんさんは、周囲に気を使っているのですね~。私は多分、隣でビデオを回していても撮影後は足早に動き出してしまうかも・・・。

>遠くから泊り掛けで~ 当事者の方は痛いですよね~。(´Д⊂グスン 近くの方は、次回がありますが、そうでないと悔しいでしょうね。只見線の大雪は、そのような時には無理してでも走って欲しいと思っちゃいます。不謹慎ですが・・・。去年、初めての只見線で滞在中のほとんどが雨か曇りでした。 (つд⊂)エーン ところで、その只見線で思い出した事があるのですが、一か所、場所が分からず右往左往した所があります。前回に続いて質問ばかりで恐縮ですが教えていただけないでしょうか?
http://chinoko.cocolog-nifty.com/door/2010/07/post-b72a.html
春の只見線その32 撮影日2010年5月8日 2010年7月29日の記事です。
新米鉄ちゃんさんが地図にプロットしたポイントを頼りにアチコチ探したのですが辿り着けませんでした。小道から獣道さえない山道を歩いたり、私有地を許可を得て入らせてもらおうかとも考えました。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。m(_ _)m

>中国地方も梅雨明~ 私の地元の東海地方も本日、梅雨明けになりました。

>蜂の方が嫌いかも~ 同感です。俯瞰撮影時は、たいてい熊蜂が飛び回っています。あの容姿から刺されたら絶対に死ぬと勝手に思い込んでいて怖がっていましたが、ウィキペディアで見るとあまり害はないそうで、スズメ蜂の方が危険なのですね。以来、熊蜂は免疫が出来ました。(^-^)

投稿: HIDE | 2013年7月 8日 (月) 23時12分

HIDEさん、今晩は~。
え~っと、第四橋梁が望めるポイントでしたよね。 少々分かり難いかも知れませんが、水沼地区の東側にある山の上には登られたことがあるでしょうか。 確か頂上付近に畑が広がっていたと思うのですが、ポイントはこの畑の北側にある林の中になります。 距離的には舗装された道から北側の農道に入って畑のエンドまで約200m、更に林に入って100mぐらいでしょうか。 林の中を西側の斜面に沿って北の方向に進んで行くと、途中眼下の視界が開けるところが1箇所だけあります。 そこがポイントです。(^^ゞ ただ、林の中には道らしい道はありません。(笑)
そうそう、このポイントも熊鈴は必携ですよ。 確か春先の雪が残っていた時期だと思いますが、雪の上にはっきりわかる熊の足跡が・・・^^; まぁ、どこでも同じようなものですが、特に只見線沿線は注意が必要なようです。
今日は長くなりそうなのでこの辺で。 では、おやすみなさい。m(__)m

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年7月 9日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その28:

« 初夏の山口線 その27 | トップページ | 新緑の伯備線 その5 »