« 深緑の山口線 その10 | トップページ | 深緑の山口線 その12 »

2013年7月25日 (木)

深緑の山口線 その11

又週間予報が変わりつつあるようです。 良くなる方へ変わってくれれば、何時もの愚痴も控えようかと思っていたのですが、晴れから雨に変わってはそうも行きませんよね。(*`ε´*)ノ さて、明日には又変わっているのでしょうか。(笑) それにしても今年の東北はいったいどうなっているのでしょうね。 例年であれば既に梅雨は明けているはずなのに、今年はいつまで経っても梅雨末期のような天候が続いているようだし・・・早く東北の梅雨がスカっと明けることを祈りましょう。o(_ _)oペコッ
↓画像は津和野~船平山間の復路のSLやまぐち号です。 
Yamaguchisen_725
◆ 撮影日 2013年7月13日
◆ 撮影地 私有地につき入山許可が必要ですので省略させて頂きます。

|

« 深緑の山口線 その10 | トップページ | 深緑の山口線 その12 »

コメント

今晩は~。

>私が撮鉄を始めたきっかけ~ そうなのですね。そう言えば気になっていたのですが、新米鉄ちゃんさんが鉄道に興味を持たれたきっかけを伺ってもよろしいでしょうか?

>多分100キロ近くは~ お客さんはビックリしていたのでは・・・。ふと、福知山線の脱線事故を思い出してしまったのですが、SLはATSに対応しているのでしょうか。もし高速でカーブに進入したらと考えてしまいました。

>正真正銘の本当の言い訳~ 何となく分かります。SLが「本当」に通常とは明らかに違う高速で通過していったという事実ですかね。

>余程悪くならないと~ 過去の記事で、飛び降りた際、足を負傷した記事を見ました。(只見線?)お医者さんには、それ以来行っていないのでしょうか。私も医者は極力避けたいですね~。新米鉄ちゃんさんと同じく歯医者だけは・・・。でもいつからか、歯医者さんは無痛治療が増えてきています。口コミを見ると子供でも大丈夫そうで、いつか機会があったら?行ってみてもいいのかな~っと。
私も〇〇は最重要事項です!(笑)

>多分自然の一部に~ 安らかに眠っていらっしゃることでしょう・・・。

今回の作品のような山の斜面に鉄道があると、土砂崩れの心配をしてしまいます。新米鉄ちゃんさんの仰る通り、東北の集中豪雨による土砂災害が頻繁に発生しているから、そう感じるのかも知れません。縁起でもないことを言ってすいません。m(_ _)m

投稿: HIDE | 2013年7月25日 (木) 23時53分

HIDEさん、今晩は~。
興味を持ったきっかけですか。^^; 話せば長くなりそうですが、要するに自分の撮った写真にケチを付けられたのが始まりでしょうか。(笑) 
では、4~5年前から始まる物語を少々。 米坂線の沿線に「赤芝峡」と言う渓谷があるのはご存知でしょうか。 確か紅葉の時期だったと思いますが、この赤芝峡へ観光へ行くと友人に言ったら「珍しい列車が走っているから、是非紅葉と一緒に撮って送ってくれないか」と言われたとしましょう。 当時私が持っていたのは、1万円程度のコンデジのみ、シャッタースピードも露出もあったものではありません。 そんな初歩的なことも知らずに、無謀にも当時の鉄ちゃんと並んで赤芝峡で撮った画像を送ったのですが、その結果は・・・そう、「へたくそ」の一言でした。(大笑) 私自身根っからのへそ曲がりなのは分かっていることと思いますが、この一言が火を付けたと言うか、「じゃ、ちゃんと撮ってやろうじゃないと」ってなった訳です。 あ、やはり少々長くなってしまいましたね。 でも、結構飽きっぽい性格の私が未だ続いているってことは、この趣味自体奥が深いこと、更には風景写真と違って、運も相当左右することが何となく面白いと言うか・・・やはりこれを総称して奥が深いって言うのでしょうね、(;´▽`A``
>私も〇〇は最重要事項です
○○、分かりますか。 だいぶ前に山寺で煩悩が消えたはずなのに、又戻ってしまったようですね。 
>無痛治療が増えてきています
無痛治療で看護婦さんが○○だったら、明日にでも行くかも知れません。 あ、又、山寺が呼んでいる~。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年7月26日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深緑の山口線 その11:

« 深緑の山口線 その10 | トップページ | 深緑の山口線 その12 »