« 初夏の山口線 その4 | トップページ | 初夏の山口線 その6 »

2013年6月13日 (木)

初夏の山口線 その5

地福付近で育ちつつある稲穂を絡めた流撮りに挑戦。(*^^)v 今回は少々気合を入れて流撮り一本に絞って見たのですが、気合を入れた割にはピントがちょっと甘いような・・・(笑) とりあえず私の能力限界の1/20で撮った見たのですが、稲の緑を絨毯風にするには、やはり1/5程度まで遅くする必要があるようです。 未だ々ですね。
↓画像は地福~鍋倉間の往路のSLやまぐち号です。Yamaguchisen_613
◆ 撮影日 2013年6月9日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東地福上→こちら

|

« 初夏の山口線 その4 | トップページ | 初夏の山口線 その6 »

コメント

今晩は~。

>多分200m前後~ 数字だけ見ると低いですが、あの景色はそれ以上を感じますね。そして分かり難くても場所が確認できれば次回は安心感がありますね。でも体力を奪われるのは致し方ないところですね~。

>若干山に登ることになりますが~ この場所を発見するまでに5~6回訪れた理由が分かりました。単に山道を走っていれば見つかるという場所ではないのですね。俯瞰撮影は奥が深いですね。

>混雑しているところや~ 同感です。一人だと心置きなく探して回れるので良いです。YouTubeで駅のホームで記念列車等を撮影する動画が多数ありますが、飛び交う罵声を聞くと嫌気がさします。鉄道ファンの一般的なイメージはここからきているのだろうな~っと・・・。

「初夏の山口線 その4」は若干霞んでいるものの景色の中にSLが溶け込んでいて自然な印象です。この場所に居たら音が聞こえただけでドキドキワクワク興奮しますね!そして>鳴滝~本門前~中座付近まで~ 一粒で何度美味しい場所なのでしょう!苦労して登った甲斐がありますね。

「初夏の山口線 その5」はTv1/20で、この流れ具合だとSLの速度はかなり遅いのですね。私はローカル線で1/20までは成功した事がありますが1/5は未知の領域です。SLの先頭から後尾までブレていないのが素晴らしいです。私はカメラを少し回転させてしまうのか、先頭は良くても後尾がブレたりと成功率は低いです。1/5はどのような光景になるのでしょう。もし撮影できましたら、見させて頂けたら幸いです。
それにしてもSLで流し撮りが出来る環境が羨ましいです!

投稿: HIDE | 2013年6月13日 (木) 21時52分

HIDEさん、今晩は~。
>単に山道を走っていれば見つかるという場所
そうなんですよ~。^^; 先ず1~2回は道路から見えると思い散々往復しても結果はNG。 次に考えたのが、道路から長門峡側に降りるところが無いか、これも1~2回ぐらい探したでしょうか。 そして「はっ」と気が付いたのが道路から山側でした。 気が付くのが遅すぎますよね。 見えるとしたらてっきり道路から谷側からだと思い込んでしまったのが、それまでの敗因だったようです。(笑) 先入観、思い込みはどうも人の眼を曇らせるのかも知れませんね。

>この場所に居たら音が聞こえただけで
HIDEさんの言われる通りです。(^^♪ 津和野の町を通過し、中座と言われる踏切あたりから、姿が見えなくなるのですが、近づいて来る音だけははっきり分かります。 今トンネルに入った、出た、間もなくあそこの林から現れる…この時の一連の高揚した気持ちは、同じ趣味を持つ人しか多分理解出来ないでしょうね。(笑)
この週末はちょっと用事があって動けそうもありません。 もし早く用事が済むようだったら、日曜日にでも又出掛けて見ようと思っているのですが、実は先週の帰りに車がパンク! 丁度高速を降りたところだったので、何とか難は逃れましたが、この春に取り替えたばかりのタイヤに大きな木ねじが刺さっていました。(@_@;) 運が良い言うか悪いと言うか・・・やはり高速でなかっただけでも運が良かったのでしょうね。

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年6月14日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その5:

« 初夏の山口線 その4 | トップページ | 初夏の山口線 その6 »