« 初夏の山口線 その15 | トップページ | 初夏の山口線 その17 »

2013年6月24日 (月)

初夏の山口線 その16

23日に最も撮影者が多かったのは多分長門峡の紫陽花周辺ではなかったかと思います。 一株の紫陽花に数人はちょっと大袈裟かも知れませんが、雰囲気的にはそんな感じでした。(^_^;) そう言う訳で、通過15~20分前の到着では当然撮影出来る場所もなく、仕方なく紫陽花の紫陽花の間に入ってカメラだけちょっこと出して撮らせて頂きました。 本当はもう少し高所(あと30センチぐらい?)から撮りたかったのですが、これ以上カメラ(頭)を出すと、後方に控えている大勢の撮影者の方からお叱りの声を受けそうだったので、まぁ、これが限界でしょう。(笑)
↓画像は長門峡~渡川間の往路のSLやまぐち号です。 この高さだとメインの紫陽花がタチアオイに存在感では完全に負けていますよね。(;´▽`A`` そうそう山口線内ではここも爆煙が期待出来るポイントの一つなのですが、何故かこの日は完全にスカ。 多分ここでこんなスカスカの煙を見たのは初めてかも知れません。(苦笑)
Yamaguchisen_624
◆ 撮影日 2013年6月23日
◆ 撮影地 長門峡の定番ポイントにつき省略

|

« 初夏の山口線 その15 | トップページ | 初夏の山口線 その17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その16:

« 初夏の山口線 その15 | トップページ | 初夏の山口線 その17 »