« 初夏の山口線 その20 | トップページ | 初夏の山口線 その22 »

2013年6月29日 (土)

初夏の山口線 その21

久し振りに田代の俯瞰ポイントに登って見ました。 昨年秋に登った時には気温が低かったせいか、下の病院跡地から30分程度で着いたと思ったのですが、やはり秋と夏とでは疲れ具合が全く違うようです。 結論を申しますと、途中休みながら登って(笑)、1時間とは言いませんが、40~50分ぐらいかかったかも知れません。 ただ、途中の雑草の伸び具合等を見ると、今の時期にここに登る方は余りいないようですね。(^_^;) 
↓画像は仁保~篠目間の往路のSLやまぐち号です。 最初はここから追い掛ける予定だったのですが、さすがにそれは無謀なことに今日やっと気がつきました。(笑)
Yamaguchisen_629
◆ 撮影日 2013年6月29日
◆ 撮影地 山口県山口市仁保上郷→こちら

|

« 初夏の山口線 その20 | トップページ | 初夏の山口線 その22 »

コメント

今晩は~。

>紫色の蓮華でしょうか? ハイ、そうです。そちらの方では咲いているのですね~。羨ましいです!時期としてもそのあたりで普通に撮影しても流し撮りでも綺麗なので残念です。

>修理する部品等も結構~ そうなのですか。SLの部品は鋳造なのかな。そうなら鋳型が残っていなくて部品は全て、仰る通り修理と言う事ですか。職人が造るものは機械にはできないと思うので継承していって欲しいですね。
あ、もしかして数年後は3Dプリンターで出来たりして・・・。
>分かっていてもなるべく~ 分かります。SLは未来永劫に続くものですよね!

今回の煙も力強さがありますね。丁度トンネルから出て来た所だと思いますが、お客さんはその都度、窓を閉めていると思うと大変ですね。特に夏場は。
地図の写真で見ると、撮影場所は深い森の中と思われるので、記載の通り大変そうですね。これから梅雨明けしたら俯瞰撮影は体力勝負ですね。(^-^; 
森の木々の色も上下で二分されていて面白いですね!

追伸 北陸本線の敦賀~新疋田の俯瞰撮影に行ってきましたが、熊注意との看板があり、新米鉄ちゃんさんにアドバイス頂きました熊鈴を持参しました。所々に檻があって(錆びているので今は使われていないかも)居るという実感がありました。周囲を警戒しながら進んで、幸い遭遇する事はありませんでした。やはり熊注意は緊張しますね~。(^-^;

投稿: HIDE | 2013年6月30日 (日) 00時58分

HIDEさん、今晩は~。
>そちらの方では咲いている
今考えると、やはり485系と絡めて撮っておくべきだったと少々後悔しています。^^; 場所的には杵築から宇佐あたりの線路沿いなのですが、結構大規模に咲いていましたので、HIDEさんの言われるように、流し撮りなんかも面白いかも知れませんね。 来年って言ったら鬼が笑うかも知れませんが、もし又行く機会(485系が走っていれば)があったら、今度は是非チャレンジして見たいと思っています。(*^^)v
>記載の通り大変そうです
今回は蒸し暑さにやられました。 多分前日に降った雨のせいだと思うのですが、気温は30度前後なのに「ムウ~」って来る暑さで、下着どころかシャツもズボンも汗でビッショリになってしまいました。 暑いのは予想していたのですがまさか湿度までは・・・でも、これからの撮影はこんなものかも知れませんね。(;´▽`A``
ちなみにHIDEさんはこの田代には行かれたことはあるのでしょうか? 山口線沿線では結構メジャーなポイントなのですが、さすがに今の時期(梅雨時期)は撮影者は少なめと言うか、このポイントには私一人。(笑) まぁ、この風景を独り占め出来たと思えば、きっと苦労した甲斐があったのでしょうね。←(強がりです)(笑)
>熊注意との看板
山口線沿線の山の中にも「この先○○○m付近に罠が仕掛けてありますので・・・」って看板が時々立っています。^^; 九州には熊は居なかったのですが、関門海峡を挟んで山口には居るってのもホント不思議な感じがしますよね。 とりあえず、念のため熊鈴はダブルで持参しています。(笑) 
熊の話題ついでに今年は何故か蛇と遭遇することが多いようです。 あまり遭遇したくない物の一つなのですが、例の雲井峰しかり、ちょっと山に入ると種類は分かりませんが、黒っぽい大きな蛇が目の前をチョロチョロと。(@_@;) まぁ、マムシではなさそうなので、今のところはそれ程気にはしていないのですが、やはり気持ちが良いものではありませんよね。 もし蛇よけのグッツ等があったら是非購入したいと思います。   

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年6月30日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その21:

« 初夏の山口線 その20 | トップページ | 初夏の山口線 その22 »