« 初夏の山口線 その8 | トップページ | 初夏の山口線 その10 »

2013年6月17日 (月)

初夏の山口線 その9

雲井峰のローソク岩から見える最後の風景が多分この風景だと思います。 聞くところによると鷲原トンネルから神田トンネルを抜け牧ヶ野トンネル付近まで撮影まで撮影出来るようですが、情けないことにトンネルの名前が分からないため、手前のトンネルが何トンネルかは分かりません。
↓画像は津和野~船平山間の復路のSLやまぐち号です。 先日ネットでトレッキング用の靴に付ける滑り止めを購入しました。 用意は万全に!って秋の紅葉時期には未だ早過ぎますよね。(^_^;) まぁ、多分他にも使い道があるでしょう。(笑)
Yamaguchisen_617
◆ 撮影日 2013年6月8日
◆ 撮影地 雲井峰の7~8合目付近だと思われますが正確な位置は説明出来ませんので省略させて頂きます。o(_ _)oペコッ

|

« 初夏の山口線 その8 | トップページ | 初夏の山口線 その10 »

コメント

今晩は~。

>今週はやっと梅雨らしい~ そうですね。明日からは雨予報です。こちらの方も本日は雲量が多めでしたが晴れていましたよ。

>高いと思いませんか。 確かにそうですね。そう言えば大昔に無意味に高いオイルをフツーの車に入れていました。(トラブルを起こされる前のカーショップにて)走りが良くなると勝手に思い込んでいました。今は先述の通りディーラーで安いオイルですが新米鉄ちゃんさんの仰る通り、飲み物が付いてきますもんね。お菓子とおしぼり付のトコもまります。(*^-^)

>集合住宅と言うか社宅~ あっ、そうか。社宅がありますね。勝手にアパートの印象を持っていました。でもイベント好きな地域は大変ですよね。好きな人だけでやってくれればイイのにと思います。私の実家もイベント好きな地域で、新米鉄ちゃんさんの知り合いの方と環境が似ているかも知れません。(。>0<。)

>リベンジを口実に~ そうですね。確かにまた行けるという喜びはありますが、私はその時に結果を出せないと自分に腹が立つ場合もありますし、原因が天気の場合は天気予報を恨んだりします。なんて度量が狭いのでしょう。(笑)

今回の作品は山深さがスゴ過ぎて、ここで何かトラブルがあったら生きて帰れないな~なんて事を想像してしまいました。
大俯瞰で緑も濃く深く原生林の中に居るようです。そして見事なくらい人工物が皆無ですね。
靴に着ける滑り止めは、ローソク岩のどなたかの記事中でアイゼンがどうのとか記してあったので、どこまで本格的な登山なのだろうと恐れ入りました。
次回の秋の撮影では無事を祈っています。まだ早いですね。(^-^;

投稿: HIDE | 2013年6月18日 (火) 01時10分

HIDEさん、今晩は~。
明日からはやっと本来の梅雨空に戻りそうです。 本音を言えば梅雨の時期はあまり好きではないのですが、農家の方にとっては今の時期の雨が大変重要なようですから、やはり我がままは言えませんよね。^^;
>山深さがスゴ過ぎて
山口線内では下りの仁保~篠目の山岳区間と並んで上りのハイライト区間ではないでしょうか。 津和野駅を出たやまぐち号ですが津和野盆地の斜面に沿いながら徐々に高度を上げて行きますが、鷲原と呼ばれるところから白井の里に掛けてが、最も山深いところを走ります。 俯瞰ポイントも当然この間に集中、このローソク岩もその一つです。 実は未だ行ったことが無い俯瞰ポイントも何箇所かあるのですが、何でも入山許可が必要とのことで、今、何とかこの入山許可を頂けないか画策中です。(^^ゞ
そうそう、シューズに付ける滑り止めが今日届きました。 この金属のスパイクを見ているうちに又登りたくなってくるのは何故なのでしょうね。(笑) 俯瞰症かな?(^_^;)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年6月18日 (火) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の山口線 その9:

« 初夏の山口線 その8 | トップページ | 初夏の山口線 その10 »