« 新緑の山口線 その5 | トップページ | 春の山陰本線 その1 »

2013年5月10日 (金)

新緑の山口線 その6

やまぐち号でなくて申し訳ありません。o(_ _)oペコッ 画像は津和野から一つ先の青野山駅付近の風景です。 出来ればここでやまぐち号を撮りたかった・・・と思ったのは私だけでしょうか。^^; 丁度ゴールデンウィークに合わせつつじ祭が開催されていましたが、つつじの咲き具合はと言うと・・・ざっと見た感じでは未だ6~7分咲きぐらいだったと思いますので、もしSLは無くてもつつじが見たいと言う方は居ましたら、今月中がお勧めかも知れません。
Yamaguchisen_510
◆ 撮影日 2013年5月6日
◆ 撮影地 島根県鹿足郡津和野町直地→こちら

|

« 新緑の山口線 その5 | トップページ | 春の山陰本線 その1 »

コメント

今晩は。

篠目駅の俯瞰撮影はお疲れ様でした!
>ゴールデンウイークの車の多さに~ 新米鉄ちゃんさんには冷静沈着なイメージがあるのですが、この時はイライラしていたりして・・・。(笑)10分前に麓着だと間一髪ですね。多分、心拍も乱れていたと思いますからシャッターブレには気を使われたのでは・・・。

「その5」の写真はカーブで良い場所だと思いますが、人気が無いのは確かに不思議ですね。アプローチもし易いとの事なので尚更です。
>人がいないと通過直前まで~ ローカル線の場合、誰かいらっしゃると通過時間まで会話できて良いのですが、基本的には新米鉄ちゃんさんと同感で、あちこちポイントを探し回れるのは一人ならではですね!

鯉のぼりの写真は、それだけで十分作品になっていて快晴と新緑が相まって爽快な1枚ですね。「やまぐち号」と一緒に撮影した場合はどのようになるのか見てみたい気がしますね~。
「春の日田彦山線 その2」のようになるのでしょうか。その作品はコメントしていらっしゃる方の通り、風に泳ぐ鯉のぼりと列車のバランスとタイミングが素晴らしいですね。

しかし、撮影地を見ると行動範囲の広さに驚かされます。

投稿: HIDE | 2013年5月10日 (金) 23時51分

HIDEさん、おはようございます。
今週末は先週の疲れを癒すために二日間ともごろ寝になりそうです。 そんなに体を酷使したつもりは無いのですが、撮影の時が元気なのは多分アドレナリンと言うか体内でモルヒネが分泌されているのかも知れませんね。^^;
>あちこちポイントを探し回れる
三脚を使わない一番の理由はこれかも…どうも性格が浮気性らしく、どこに行っても通過直前まで、周辺をウロウロ動き回る癖があって、良く言えば探究心が旺盛? 悪く言えば往生際が悪いって言ったところでしょうか。(笑) 兎に角、そんな感じで撮影していますので、周囲の方から見れば「変な人」ぽいかも知れません。 でも、4~5年間、このスタイルでず~っとやって来ましたので、多分治ることはないと思います。(;´▽`A``

>イライラしていたりして
良くご存知で。 イライラはしていませんでしたが、焦っていました。 ポイントまで後数十メートルってところの山中で、やまぐち号の汽笛が聞こえた時には、一瞬真っ青になったことは内緒です。(笑)

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年5月11日 (土) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の山口線 その6:

« 新緑の山口線 その5 | トップページ | 春の山陰本線 その1 »