« 春の山陰本線 その2 | トップページ | 新緑の山口線 その9 »

2013年5月14日 (火)

新緑の山口線 その8

徳佐の定番ポイントでの定番カットです。 少々面白みに欠けますが、山口線初日の撮影ポイントとしては、やはり外せないポイントの一つではないかと・・・^^; ただ、ゴールデンウィークならではのサービス爆煙を期待したのですが、残念ながら少々薄めの煙でした。
↓画像は徳佐~船平山間の往路のSLやまぐち号です。Yamaguchisen_514
◆ 撮影日 2013年5月5日
◆ 撮影地 いつもの徳佐のカーブ→省略

|

« 春の山陰本線 その2 | トップページ | 新緑の山口線 その9 »

コメント

今晩は~。

>超ローカル線だと~ そうですよね~。只見線を撮影した時も天気でかなり泣かされました。ローカル線の撮影は快晴でないと、常に雲行きばかり気になって落ち着きません。新米鉄ちゃんさんの何処かの記事で、「曇りだと光線具合を気にしなくて良いから~」と記されていたと思いますが(記述が間違っていましたらスイマセン)、それもそうだな~っと思いました。

>夏の日本海は~ いつか訪れたいですね~。ハードルは、かなり高いですが・・・。それと長期の撮影はいつも車中泊なので、夏季は睡眠が心配なところです。(^-^;

最後のオチは笑いました。( ´艸`)プププ

今回の写真は定番カットとの事ですが、安心感がありますね。茶褐色の客車が時代に即していてイイですね。そして架線柱がないのが最高ですね!地元で一番近くの「SL北びわこ号」はブルートレインのような青い客車なのでチョット残念です。

投稿: HIDE | 2013年5月14日 (火) 22時10分

HIDEさん、今晩は~。
>安心感
HIDEさんの言われるように定番ポイント=安心感なのかも知れませんね。 人が大勢集まるのには、やはりそれなりの理由があるようです。
>只見線を撮影した
只見線、本当に素晴らしいローカル線ですよね。 キングオブローカル線と言っても過言ではないような…(笑) 今は川口と只見間が災害により不通となっていますが、この区間の本数と言ったら、一日上下各三本のみ。 貴重な一本を失敗した時の落ち込みと言ったらそれはもう相当なものだったような気がします。(笑) 東日本に住んで居た時には只見線は私のホームグランドだったのですが、今も心のホームグランドかも知れません。(^_-)-☆

投稿: 新米鉄ちゃん | 2013年5月15日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の山口線 その8:

« 春の山陰本線 その2 | トップページ | 新緑の山口線 その9 »