« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

冬の伯備線 その14

方谷~井倉間にある俯瞰ポイントから撮った伯備線の普通列車です。 てっきり黄色の列車が来ると思っていたのですが、来たのは全く目立たないステンレス車。 自然の中と言うか、特に色の無い今の時期にあっては色の豊かな国鉄型車輌の方が存在感があるかも知れませんね。(*^^)v
Hakubisen_228
◆ 撮影日 2013年2月22日
◆ 撮影地 岡山県新見市法曽→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

冬の伯備線 その13

昼間に米子から下って来る(実際は上りです。^^;)3084列車を新郷~足立間で撮影し、その後ぼちぼち追っ掛けながら無理せず追いついたところで撮ろうと目論んでいたのですが、この考えが相当甘いことに気がついたのがこのポイントでした。 新見でも結構停車時間があるし、単線での待ち合わせ等々から余裕で間に合うと思っていたのですが、ナント、着いたのは通過する直前!∑(=゚ω゚=;) いやぁ~貨物のスピードも馬鹿に出来ないことを実感しました。(笑)
↓画像は方谷~備中川面間の上りの3084レです。
Hakubisen_227
◆ 撮影日 2013年2月23日
◆ 撮影地 岡山県高梁市川面町→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

冬の伯備線 その12

伯備線でも絶滅危惧種になりつつある「0」番台の72号機です。 この他には「その9」で撮った67号機と60号機があるようですが、今回の撮影では60号機に遭遇することはありませんでした。 運用に規則性でもあれば、狙って行くことも出来るのですが、未だ勉強不足でそこまでは全く把握していません。(笑) まぁ、無理せずぼちぼち行きましょうね。^^;
↓画像は豪渓駅付近の下りの8043列車です。
Hakubusen
◆ 撮影日 2013年2月23日
◆ 撮影地 岡山県総社市宍粟→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

冬の伯備線 その11

↓画像は美袋駅を出発する上りの8034列車です。 方向的には午後には逆光になるポイントですが、気軽にそれなりの絵が撮れるため、結構人気のあるポイントのようです。 実際この日も足立~新郷間の超定番ポイント並の混みようでした。(;´▽`A``
Hakubisen_225
◆ 撮影日 2013年2月23日
◆ 撮影地 岡山県総社市美袋→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

冬の伯備線 その10

↓画像は黒坂~根雨間の下りのやくもです。 伯備線では定番ポイントのようですが、確かに絵になる構図ですよね。 ここで下りの64を撮って見たいのですが、多分今の時期は無理でしょうね。^^; 撮れるとしたらやはり夏至近くでしょうか。
Hakubisen_224
◆ 撮影日 2013年2月23日
◆ 撮影地 鳥取県日野郡日野町本郷→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

冬の伯備線 その9

事前の下調べも完璧、今度こそはと思って力が入ったのが良くなかったのか、リベンジならぬ返り討ちに遭い、意気消沈して先程帰って来ました。 今回は二日間かけて米子まで足を延ばして見たのですが、完璧だと思った下調べがどうも拙かったようで・・・今、自分の才能の無さを嘆いています。(T_T)
↓画像は伯耆大山~東山公園間の米子行き3087レです。 この「0」番台が間もなく終焉を迎えるとのことで、このポイントでは平日にもかかわらず県外ナンバー(私もですが)の車が多かったようです。
Hakubisen_223
◆ 撮影日 2013年2月22日
◆ 撮影地 鳥取県米子市車尾南2丁目→こちら
(※撮影地については正確には山陰本線ですが、伯備線の延長と勝手に解釈してタイトルはそのまま伯備線とさせて頂きました。)o(_ _)oペコッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

冬の山陽新幹線 その17

新幹線の流し撮りに挑戦~!(◎´∀`)ノ それも時間が無いから一本勝負です。(笑)  結果はと言うと・・・多分10枚ぐらい連写してまぁまぁ見られるのは2~3枚程度、やはり時速300キロは只者ではありませんでした。(笑)
↓画像は吉井川を通過する上りののぞみです。 今回は時間が無かったため、この1本で次の場所に移動しましたが、もし新幹線の流し撮りの練習をするのであれば、この吉井川の河川敷は最適かも知れません。(*^^)v
Sanyoushinkansen_221
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県岡山市東区瀬戸町大内→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

冬の伯備線 その8

EF64を撮った定番ポイントでの特急やくもです。 さすが振り子式、このようなカーブが続く路線ではその威力は抜群のようです。(^^♪
↓画像は新郷~足立間の上りの「やくも」です。
Hakubisen_220
◆ 撮影日 2013年2月10日
◆ 撮影地 岡山県新見市神郷釜村→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

冬の伯備線 その7

今週末ぐらいに伯備線のリベンジを考えています。 一度経験したことで沿線の雰囲気や位置関係、それに大凡の通過時間が分りましたので、次回はもうちょっと効率的に撮影出来るかも知れません。 それに前回は新見から北は生山までしか足を延ばしていませんので、もし今週末に行くとすれば、生山から米子方面にも行って見たいと思っています。 ただ、何時ものことですが、計画通りには行かないんですよね。(笑) 天気しかり道路状況しかり、やはり撮影は運次第かも知れません。(;´▽`A``
↓画像は方谷~井倉間の下りの普通列車です。 ここも伯備線では定番ポイントのようですが、色がない今の季節は少々物足りないような気もしますが・・・まぁ、黄色の列車がアクセントになってるから良しとしましょうか。(*^^)v
Hakubisen_219
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県新見市法曽→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

冬の山陽新幹線 その16

JR西日本のCMで流されている映像は多分この辺ではないでしょうか。 ただ、角度的にはもう少し上の方から撮っているようですので、もしかすると線路際にあるドライブインの屋上からの映像かも知れません。 私も今回このドライブインの屋上へ上がって見ようと思ったのですが、危険防止のためかどうかは分りませんが、階段の入口にはチェーンが張ってあって、登ることは出来ませんでした。(@_@;) まぁ、ここのドライブインも鉄ちゃんのためにある訳ではありませんので、仕方がないのかも知れませんね。(笑)
↓画像は岡山~相生間の吉井川を渡る(多分)のぞみです。
Sanyoushinkansen_218
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県瀬戸内市長船町長船→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

冬の伯備線 その6

ライブカメラを見ると中国地方の山間部は雪景色になっているようです。 行けば良かったかなぁ~とか少々後悔中。(笑) こうやってぐずぐずしているうちに春になってしまうような気もしますが、こればかりは運の良し悪しで左右される訳で・・・^^;←(又言い訳)
↓画像は生山~上石見間の上りの「やくも」です。 後で気が付いたのですが、架線柱の間にも電線?があった見たいですね。 眼が悪いとこう言うことがたまにあります。(笑)
Hakubisen_217
◆ 撮影日 2013年2月10日
◆ 撮影地 鳥取県日野郡日南町下石見→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

冬の伯備線 その5

どこかで見たような風景だと思ったら、米坂線の羽前松岡~伊佐領間にある風景に似ていることを思い出しました。 バックの木々の具合を見ると、ここも秋が楽しみなポイントかも知れませんね。
↓画像は方谷~井倉間の特急「やくも」です。
Hakubisen_216
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県新見市法曽→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

冬の山陽新幹線 その15

山陽新幹線では定番ポイントの一つの高梁川橋梁を通過する上りのレイルスターです。 ただ、定番ポイントとは言いながら、ここを探し出すまでは結構苦労しました。^^; 大凡の位置は分っていたため、ショートカットしようと思って無謀にも農道の途中から竹薮の中に入ったものだから、予想外の藪漕ぎするはめに・・・。 棘だらけの植物の群生に行く手を阻まれるは、バカは山ほど服に付くはで散々な目に遭ってしまいました。(笑) 結局農道をそのまま上がっていれば、あっと言う間についたはずなのに、やはり急がば回れと言うことなのでしょうね。(;´▽`A``
Sanyoushinkansen_215
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県総社市清音黒田→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

冬の伯備線 その4

枯木も山の賑わいではありませんが、色の無い今の季節には黄色列車が結構良いアクセントになっているようです。^^; 黄色と言えばJR九州のキハ? 色的には九州のキハの方が若干鮮やかな感じもしますが、まぁ、似たり寄ったりかも知れません。 そう言えばこの日の早朝の上り列車が湘南色だったのですが、湘南色って未だ走っていたのですね。 いきなりだったので、撮る暇もなく画像はありませんが、走っている列車が殆ど国鉄型と言う路線も珍しいのではないでしょうか。(笑)
↓画像は方谷~備中川面間の上りの普通列車です。
Hakubisen_214
◆ 撮影日 2013年2月10日
◆ 撮影地 岡山県高梁市高倉町田井→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

冬の伯備線 その3

朝霧が掛かった備中川面付近の高梁川第三橋梁を通過する下りの「サンライズ出雲」です。 これを撮るために吹屋にある宿を6時頃に出発したのですが、車も道路もガチガチに凍ってるし、実際相当スリルのあるドライブでした。(笑) 今の時期、雪や凍結した道路に慣れていない方は、出来れば早朝の運転は避けたほうが良いかも知れませんね。(;´▽`A`` 
Hakubisen_213
◆ 撮影日 2013年2月10日
◆ 撮影地 岡山県高梁市高倉町田井→こちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

冬の伯備線 その2

今回初めて伯備線を訪れて見たのですが、架線柱が少々余計なことを除けば、大歩危小歩危並とは言いませんが、結構面白い路線かも知れません。 特に方谷~井倉付近や、足立~鳥取県との県境付近までの渓谷は秋が来るのが楽しみな風景が広がっていました。(笑)
↓画像は新郷~足立間の岡山行きの貨物列車です。 今は色の無いバックの風景も多分秋には赤や黄色に染まるのでしょうね。(*^^)v
Hakubisen_212
◆ 撮影日 2013年2月10日
◆ 撮影地 岡山県新見市神郷釜村→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

冬の伯備線 その1

↓方谷~備中川面間の上りの特急やくもです。 この列車も結構年代物と言うか確か30~40年ぐらいは使っているのではないでしょうか。^^; JR西日本は「もったいない」精神が定着しているようです。(笑)
Hakubisen_211
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県高梁市川面町→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

冬の山陽新幹線 その14

予定通り一泊二日で山陽新幹線、伯備線を中心に周って来ました。(^^ゞ でも、何時ものことですが、初めての路線はホント苦労しますね。 一応ネット等でポイントを調べて準備だけは良かったのですが、実際周れたのは準備したポイントの半分も無かったような・・・^^; まぁ、大凡の雰囲気や様子は分りましたので、もし次に行く機会があれば、今回よりは周れそうな気がします。(笑)
↓画像は岡山~相生間の吉井川です。 山陽新幹線では定番中の定番のようですが、確かに周囲には色々と魅力的なポイントがありそうです。(*^^)v
Sanyoushinkansen_210
◆ 撮影日 2013年2月9日
◆ 撮影地 岡山県瀬戸内市長船町長船→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

冬の山陽新幹線 その13

明日は山陽新幹線の東の方へ行って見ようと思っています。 CMでも有名な吉井川、高梁川等を中心に帰りに伯備線へ寄って来る計画なのですが、果たして計画通り行くかどうか。^^; 理想は山陽側は晴れ、伯備線は雪景色・・・なぁ~んて又取らぬ狸さんが戯けたことを妄想しているようです。(笑)
↓画像は新岩国~徳山間の勝間トンネルを通過するレイルスターです。 やはりここは16両編成が絵になるような・・・気がします。
Sanyoushinkansen_28
◆ 撮影日 2013年1月20日
◆ 撮影地 山口県周南市呼坂→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

瀬野~八本松越え

東広島付近の山陽新幹線を撮影に行くついでに瀬野~八本松間のEF67を撮って見ました。(*^^)v 近々に置き換えられるような噂があるEF67ですが、この色だけは少々何とかして欲しいような・・・確か直流機関車は「青」が基本でしたよね。^^;
Sanyouhonsen_27
◆ 撮影日 2013年2月3日
◆ 撮影地 広島県東広島市志和町七条椛坂→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

冬の木次線 その7

雪は結局降りませんでしたね。 こんなことを言っちゃ悪いですが、前回の失敗(先月の成人の日の大雪を予想出来なかった。)を教訓に今回このような大袈裟な予報を出した感じもしますが、よく言えば「とにかく安全第一?」、裏を返せば「まぁ、大袈裟に出しておけば当たらなくても余り抗議はないだろう」って感じなのかも知れませんね。(;´▽`A`` ちなみに私は気象庁の天気予報はいつも話し半分程度にしか信じていません。(笑)
↓画像は三井野原~油木間の備後落合行きです。
Kisukisen_26
◆ 撮影日 2013年1月26日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

冬の山陽新幹線 その12

西日本から東日本にかけて、今晩から太平洋側でも雪の予報が出されているようです。 と言うことは雪の中の新幹線が撮れるかも・・・(*^^)v 明日はずる休みしようかなぁ~とか思ったのですが、不運なことに明日午後から会議が入っていました。 これは神様からの啓示なのか、それとも単に運が悪いのか・・・やはり神様に聞いて見ましょうか。(笑)
↓画像は「その11」と同ポイントで撮った500系新幹線です。 今回はこれが本命だったのですが、どうも光線の具合が今一つだったようで(半逆光)、車体が白っぽく光ってしまい、少々締まりの無い500系になってしまいました。(T_T)
Sanyoushinkansen_25
◆ 撮影日 2013年2月3日
◆ 撮影地 広島県東広島市西条町馬木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

冬の木次線 その6

新幹線を撮りだしたら段々欲が出てきたようで、山陽新幹線の定番ポイント中の定番の高梁川や吉井川にも行って見たくなりました。 プランはこうです。 先ず岡山付近の新幹線の定番ポイントを押さえ、その後伯備線、芸備線、木次線と周ってくるプランなのですが、いかに言っても一日では無理ですので、どうしても二日間に渡りそうです。 さて、次の連休に実行するかどうか・・・やはり週末の天気次第かも知れませんね。(^_^;)
↓画像は出雲坂根の三段スイッチバックを下って来る木次行きです。 スイッチバックを見下ろすこの付近の俯瞰ポイントも、冬場は除雪されていないようですから、もし行くとすれば20~30分の登坂は覚悟しなければならないようです。 それと小さ目のカンジキも必須かも。(笑)
Kisukisen_24
◆ 撮影日 2013年1月26日
◆ 撮影地 島根県仁多郡奥出雲町八川→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

冬の山陽新幹線 その11

天気の良さに釣られてついつい出掛けてしまいました。(;´▽`A`` 撮る対象が無くなると、新幹線でも結構面白いと思えるから不思議です。 それにしても最近購入した4段脚立、新幹線の撮影では大活躍です。(笑)
↓画像は広島~東広島間の上りの?です。 700系ですので多分ひかりだと思うのですが、列車名まではチェックしていませんので確かなところは分りません。
Sanyoushinkansen_23
◆ 撮影日 2013年2月3日
◆ 撮影地 広島県東広島市西条町馬木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

冬の木次線 その5

新幹線から木次線、本当に一貫性のない流れになってしまいましたが、まぁ、春が来るまでの辛抱、辛抱。(;´▽`A``
↓画像は備後落合~油木間の木次行きです。 「その4」のポイントから1km程度北側へ移動しただけで、雪の量がだいぶ違っているのが分るでしょうか。 雪も水物と言うか、やはり実際行って見ないと分らないものですね。 今回の木次線で改めて思い知らされました。(笑)
Kisukisen_22
◆ 撮影日 2013年1月26日
◆ 撮影地 広島県庄原市西城町油木→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

冬の山陽新幹線 その10

徳山駅を通過する上りののぞみです。 右端にもちょっとだけ新幹線らしいものが見えると思うのですが、後数秒上りの通過時間が早かったら(下りが遅かったら)もしかするとのぞみ同士のすれ違いシーンが撮れたかも知れません。(*^^)v とは言っても、お互い時速200~300キロで通過する新幹線のすれ違いシーンをタイミング良く撮ろうとすること自体、少々身の程知らずかも・・・です。(笑)
Sanyoushinkansen_21
◆ 撮影日 2013年1月20日
◆ 撮影地 徳山駅→省略

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »