« 冬の山口線 その10 「SLやまぐち稲荷号」 | トップページ | 冬の山口線 そん12 「SLやまぐち稲成号」 »

2013年1月 6日 (日)

冬の山口線 その11 「SLやまぐち稲成号」

二年も経って、今頃気付くのは罰当たりかも知れませんが、津和野太鼓谷の神社は通常使われる「稲荷」ではなく「稲成」なんですね。 ホント、知らなかったなぁ~。(@_@;)
と、言うことはタイトルも「稲荷号」ではなく「稲成号」が正解だと思いますので、とりあえず今日からは「稲成号」で統一します。 
↓画像は徳佐~船平山間の往路の稲成号です。 もし「雪景色のベストは?」と聞かれたら、そうだなぁ~、通過直前まで雪がどっぷり降っていて、通過時にはピタッと止み、周囲は木々や山々も含め真っ白。 これはあくまでも理想ですが、現実はそうは甘くはありません。(笑) この日は地福あたりの雪の状況から望遠での撮影は無理と判断し、出来るだけ接近戦を狙って見たのですが、その接近戦でもこんな感じに。 結構降ってる割には雪のどっぷり感も無いし・・・やはり現実は厳しいです。(;´▽`A``Yamaguchisen_16
◆ 撮影日 2013年1月3日
◆ 撮影地 山口県山口市阿東徳佐中→こちら

|

« 冬の山口線 その10 「SLやまぐち稲荷号」 | トップページ | 冬の山口線 そん12 「SLやまぐち稲成号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の山口線 その11 「SLやまぐち稲成号」:

« 冬の山口線 その10 「SLやまぐち稲荷号」 | トップページ | 冬の山口線 そん12 「SLやまぐち稲成号」 »